ニュース
» 2017年06月18日 14時51分 公開

現実社会ちほーはツライのだ…… 「けもフレ」アライさんがアルバイトする漫画が切なくて胸にくる

明日からがんばろう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アニメ「けものフレンズ」に登場するキャラクター、アライさんがアルバイトをする漫画が話題になっています。現実社会ちほーはツライことでいっぱいなのだ……。



 同作中では“フレンズ”と呼ばれる動物が女の子に擬人化したキャラクターが登場しますが、アライさんはアライグマのフレンズで、語尾に「なのだ」が付くのが特徴です。そんなアライさんが現実のコンビニでアルバイトを始めた結果、「ありがとうございましたなのだ」という接客時の言葉遣いを店長から注意されてしまう日々に。


けものフレンズ アライさん アルバイト 漫画 ツライさん みんなの気持ちがフェネック(ラストのコマ)にシンクロする……

 そんな環境のためか、もともとのドヤ顔が似合う“つり目”から、切ないほどの“たれ目”になってしまうアライさん。「ご、ごめんなさいなのだ…」と謝るも「それがいらないの! 何でできないかな!?」と厳しく指導され、再び「ごめんなさいなのだーーー!!」と涙ながらに謝る姿に、こちらもいたたまれない気持ちになります……。

 その後何度か怒られたであろうアライさんの元に、交代のため出勤してきたヘラジカのフレンズが登場。「アライグマだって一生懸命やってるんだ」と強そうな睨みを利かせつつ店長の攻撃を抑えてくれます。これにはアライさんも「ありがとうなのだ」とホッとした様子を見せますが、次のヘラジカの言葉「今月で辞めるし」に絶望の顔を浮かべるアライさんなのでした……。なにこれ、つらすぎるよ!


けものフレンズ アライさん アルバイト 漫画 ツライさん ヘラジカさんかっこいい……!

けものフレンズ アライさん アルバイト 漫画 ツライさん (辞めてしまうのか……)

 そして次のシーンでは、間もなくバイトをクビになったアライさんが独り草原で体育座りする様子が。次のバイト先を探さないとと焦るも「でもまた次も同じ失敗を繰り返しそうで怖いのだ…」と、落ちていく気持ちに押しつぶされ、下唇をかむもこらえきずあふれる涙。

 これに「困難は群れで分け合え」「でしょアライさん」という台詞で現れたのは、アニメの主人公のかばんちゃん。「そんな顔アライさんに似合わないですよ」と笑顔で話しかけるかばんちゃんは、小さい会社を立ち上げたとしてアライさんを誘いに来たのでした。


けものフレンズ アライさん アルバイト 漫画 ツライさん アライさんがアニメで言った台詞「困難は群れで分け合え」で登場するかばんちゃん!

 「でも…でもアライさんは何もできないのだ…!」と自分を卑下するアライさんに、そんなことないと「アライさんにしか出来ない仕事なんです」と頼むかばんちゃん。この言葉を受けたアライさんは、あふれそうになる涙をこらえては拭いて元のつり目になり、「よーし!! アライさんにおまかせなのだ〜〜〜〜!!」と息巻くのでした。よかった……アライさんが元気になってほんとうによかった……!


けものフレンズ アライさん アルバイト 漫画 ツライさん かばんちゃん、まじ救世主……!

けものフレンズ アライさん アルバイト 漫画 ツライさん よかった……ありがとう……

 投稿したのは同人サークル「パンズバンち」で活動中のパン(@panzuban)さん。「けものフレンズ」のアニメ放送時から同作の4コマ漫画を描いており、5月末からは以前よりネット上で“ツライさん”と呼ばれていた今回のたれ目版アライさんの漫画「ツライさんシリーズ」を投稿していました。

 Twitterではこの一連のアライさん漫画に「感動したのだ……」「泣いた」といった声が多く寄せられ、「少し前向きになれた」「勇気付けられました」といった声も。けものフレンズを知らない人からも反響の声が上がる人気となっています。




画像提供:@panzubanさん

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声