ニュース
» 2017年06月22日 18時30分 公開

「キャトルミューティレーション」は一般人が知らない単語? 編集者の発言を発端にネットで激論勃発

知ってるわよそのくらい!!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「キャトルミューティレイションは一般人が知らない単語なので変えてください」。そう編集者に諭され、口論の末に文章表現を変えさせられたという作家の大間九郎さんのツイートが激論を呼んでいます。


 キャトルミューティレーションについてTwitter上では、「一般教養として誰でも知っているはずである」という大間さんの主張に賛同する人が多数。キャトルミューティレーションについて解説ツイートをする人が続出しています。そうそう、牛とかがUFOにさらわれるあの……って違う、それは「アブダクション」のことですよ!

「キャトルミューティレーション」は一般人が知らない単語? 編集者の発言を発端にネットで激論勃発 UFOにさらわれるやつは「アブダクション」です!

 キャトルミューティレーションとは動物の死体が内臓や血液を失った状態で見つかる怪現象のこと。UFOの仕業だとして1960年代アメリカを中心に話題になった現象ですが、後に「単に野生動物に襲われただけ」「血液が抜かれたように見えるのは血が地面に染み込んだ結果」などとされ、現在では信憑性の低い都市伝説として知られています(知られていますよね?)。

 一方アブダクションは宇宙人がUFOで人間や動物を連れ去る行為のこと。アブダクションの後に、UFO内で動物がキャトルミューティレーション状態にされる可能性はありますが、キャトルミューティレーションとアブダクションはあくまで別物です。混ぜたらダメ、ゼッタイ。


 Twitterでは発端となったツイートをよそに、言葉の意味を正しく理解できているかどうかの議論が大拡散。きちんと意味を理解している人も多数いるものの、中にはやはりアブダクションと混同してしまっている人や、そもそもどちらの言葉も知らないという人まで反応はさまざま。そしていつの間にか「キャトルミューティレーション」がTwitterトレンド入りし、「なぜキャトルミューティレーションがトレンドに?」と、疑問符を浮かべる人が続出する事態にまで発展しました。

「キャトルミューティレーション」は一般人が知らない単語? 編集者の発言を発端にネットで激論勃発 Yahoo!リアルタイム検索でも6月22日のお昼過ぎに言及数が急増していることが分かる

 なんにせよ、キャトルミューティレーションという言葉が広く拡散され、結果的に認知度が上がったのは喜ばしいことなのかも。今後は認識の違いによる悲しいすれ違いが少しでも減ると良いですね。


関連キーワード

動物 | | 都市伝説


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる