レビュー
» 2017年07月25日 12時00分 公開

酒に溺れる父とDV彼氏の板挟み アルコール依存漫画『酔うと化け物になる父がつらい』の恐怖は加速する

ページをめくるのもつらい。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 「哀しくてツラい」「ざりざりと心をやすりで削られていく」「毎回怖さが増す」――。

 4月18日にWebコミックサイト「チャンピオンクロス」で連載開始した漫画『酔うと化け物になる父がつらい』が、読者の心をえぐり続けている。

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子

 同作は、作者の菊池真理子さんとアルコール依存症の父との生活を描いたエッセイ漫画。(2年前、当時連載していた作品の)取材のためアルコール外来を訪れた菊池さんが、「父は、アルコールによって壊れていたのかも」と気付いたことから始まった連載で(関連記事)、7月25日に第8話が公開された。

 普段は無口で小心者なのに、ひとたび酒が入ると人が変わったようになる父。母はといえば、新興宗教を心のよりどころに耐え忍ぶ生活を送るも、菊池さんが中学2年生になるころに自ら命を絶つという悲しい最期を迎えてしまい――と、ここまでが第1話の内容だ。ヘビーすぎる。

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 菊池さんが子どものころからこの調子

 妻を亡くした父は心を入れ替えて酒を断ち――となればよかったが、1カ月もたたずに泥酔生活を再開。別人のようになって帰って来る父に、最初こそ「もう飲まないでね」と(表面上は)優しい言葉をかけていた菊池さんだが、年月を経るごとにその対応も変化していく。高校時代は友達が面白がってくれることを理由に笑い話に昇華させる術を身に付け、卒業後は「介抱する身にもなってよ」「それでも親なの?」と責めるようになる。そしてついには、見つけた母の日記から自分が父にとって望まれない命であったことを知ってしまう。

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 知ってしまった過去

 娘からの必死の呼びかけにも耳を貸さず、酒に溺れ、化け物でありつづける父。監禁されているわけでもなく、やろうと思えば家を飛び出し、1人暮らしもできたかもしれない。それでも、暴言に暴言で返し、時には手をあげることさえあっても、体を気遣ってしまう菊池さん。血のつながりの残酷さを否が応でも感じさせる描写の連続。そして登場する、マザコン&束縛&DVという3つの地雷を抱えた同い年の彼氏、太一。

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 紹介で出会った彼氏

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 酒には強いが、元の性格からして攻撃的な男だった

 途中からは父の言動がまだマシに感じるほど、この太一という地雷男との強烈なエピソードが続く。

 論文を書くから(院生で頭は良いらしい)付き合えと夜中の3時に電話してくるのは常で、寝る際には寝息が聞こえるまで通話状態にしておかないと何度でもかけ直してくるという束縛っぷり。傘をさそうとすれば、どこで買ったものなのかを知りたがり、答えられないと「男に買ってもらったんだろ」と激高&殴打。かと思えば、「愛してるよ〜」と受話器越しに甘えてきたりする。父とはまた別の化け物に振り回される菊池さん。思わず、お願いだから目を覚ましてくれと液晶を前に固く拳を握ってしまう。

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 傘をどこで買ったのか答えられないだけで

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 ところ構わず殴る

 簡単にこれまでのストーリーをなぞってきたが、最新話では長年好きなように酒を飲み続けてきた父をついに病魔が襲う。げっそりとした父だが、存在を無視するように生活していた菊池さんは父が痩せたことにも、最近咳が止まらないということにも気付いていなかった。弱った化け物を前に、これから親子の関係はどう変化していくのだろうか。

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 明るく振舞ってくれる妹の存在が唯一の救い

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 無視したくてもできない。血のつながりという呪縛

酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 そして……



 9月15日には、単行本第1巻が発売される。価格は900円(税別)。


酔うと化け物になる父がつらい 菊池真理子 第1巻の表紙

(C)菊池真理子(チャンピオンクロス)

関連キーワード

漫画 | 彼氏 | | 依存症 | 家族


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」