ニュース
» 2017年07月26日 09時00分 公開

珍魚ムツゴロウに怪魚ワラスボをギョーザで味わう 佐賀県と蔓餃苑のコラボイベント「珍魚苑」オープン!

予約は公式HPにて本日より開始、抽選100名。

[エンジン,ねとらぼ]

 佐賀県は、会員制餃子レストラン「蔓魚苑(まんぎょえん)」とのコラボレーション企画として、珍魚ムツゴロウやワラスボを使った餃子レシピを提供する「珍魚苑」の実施を発表しました。公式サイトにて抽選100人限定で予約を開始しています。


珍魚苑 佐賀県と人気餃子レストランが強力タッグ

 地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環である同イベントは、「有明海ならではの貴重な珍魚をもっと身近に感じ、おいしく楽しんでいただくこと」が目的です。有明海は佐賀県南部に広がる九州最大の湾で、その中にある日本で最も大きい干潟には、ムツゴロウ、ワラスボ、そして「わけのしんのす(若い人の尻の穴)」と呼ばれるイソギンチャクなど、多くの生き物がいます。


珍魚苑 有明海に広がる日本最大の干潟


珍魚苑 有明海を代表する珍魚ムツゴロウ。淡泊な白身がおいしい


珍魚苑 おぞましい顔つきのワラスボ。主に刺身やみそ汁になる


珍魚苑 「わけのしんのす」ことイソギンチャク。コリッとした独特の食感

 地元でもなかなか味わえないそれら「幻の食材」を、日本で最も予約が取りにくいといわれる蔓餃苑の協力で、おいしい餃子としてアピール。同店を運営している”餃子の王様”ことパラダイス山元さんが腕を振るい、珍魚のおいしさを堪能できる“絶品珍魚餃子“が完成したとのことです。

 同イベントの実施にあたり、山口祥義佐賀県知事は「ムツゴロウ、ワラスボなどの有明海の珍魚を見たことがありますか? 見たこともないユニークな姿をしていますが、とてもかわいい動きをするのです! そしてこれらは、地元で昔から愛されている、佐賀県が誇るおいしい特産品です。幻の名店『蔓餃苑』と有明海の珍魚が織りなす、他では決して味わうことのない幻のグルメをどうぞご堪能ください」とメッセージを贈っています。


珍魚苑 山口祥義佐賀県知事

珍魚苑 蔓餃苑オーナーシェフのパラダイス山元さん

 珍魚苑は8月9日から9月22日の期間で不定期オープン予定です。


エンジン


関連キーワード

飲食店 | グルメ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」