「ミュージシャンは食えない」ってホント? 元プロサックス奏者にあれこれ聞いてみた(前編)(1/3 ページ)

憧れだけじゃメシは食えない。

» 2017年08月15日 11時00分 公開
[中山順司ねとらぼ]

 皆さんはミュージシャンに憧れたことがありますか?

 楽器が弾けなくても、楽譜が読めなくても、「きらびやかなステージでスポットライトを浴びたらさぞかし気持ちよいだろうな〜」と誰しも一度は空想したことがあるはず。

 とはいえ、ほんの一握りの人しかプロの世界で生きられないというのも、なんとなくの世間の認識としてあるものです。ただ、実際どれくらい厳しいのか、部外者にはさっぱり分からない。

 そこで、サックスプレイヤーとしてプロの世界に身を置き、その後ビジネスマンに転身したGさんに、プロのミュージシャンは食えないってホントかどうか、耳の穴をかっぽじって聞いてきました。

Gさんのプロフィール

活動期間は大学在学時代(4年)+卒業後(3年)の合計7年間。

ジャンルはジャズを中心に、いわゆるスタジオ系の仕事(ポップス等のレコーディングなど)や、その他サポートメンバーとしての活動に加え、民族音楽系の仕事なども数多く経験。「基本的には、ジャンルは選ばず(というか、少しでも仕事がほしかったので“選べず”)、あれこれやってました」(本人談)とのこと。


ミュージシャンは供給過多

G: ぶっちゃけ、食えない世界ですよ。相当に厳しいですよ。

――それが一般認識ですよね。音楽を嗜んだことのない自分でも、なんとなく想像できます。

G: ジャンルに関係なく、音楽で食うのは難しいですが、そもそも昨今は供給過多なんです。

――それは、プレイヤーが多いってことですか?

G: 胸に手を当てて考えてみてください。いわゆる4マス媒体に載るクラス……東京ドームとか武道館とか横浜アリーナとかって箱……ではないライブって最後に行ったのはいつですか? 例えば、渋谷とか下北とか最後に行ったこと、覚えてます?

――まったく記憶にない……。

G: でしょう? プレイヤーはいっぱいいるんですが、聴きに行く機会ってそんなにないですよね。

――小ぢんまりしたライブハウスで演奏しているプロ、あるいはセミプロの活動って、どうやって成立しているんでしょうね。

G: 友達とか知り合いとか、チケットを買ってくれる周囲の人でビジネスが成立しているんです。

――でも、食えているってレベルではないでしょう?

G: もちろん。でも、プロではあります。ミュージシャンって名乗れば、誰でもプロにはなれますからね。資格も不要だし、名刺を作れば誰でもプロです(笑)。あとは、事務所に所属するって方法もありますね。

――供給過多ってことですけど、ミュージシャンの数って昔と比べて増えているんですか?

G: 参加人口でいえば、増えていると思います。楽器や機材の値段は下がっているし、ITも進歩していて、環境は整っています。それに、音の問題がクリアされているのがデカい。

――音の問題? それは、楽器の性能がアップしたって意味ですか?

G: いや、騒音問題のほう。音をたてずに練習できる環境とか消音できる機器が発達して、どこでも練習できるようになったんです。

――集合住宅だと楽器演奏はちょっと厳しいですよね。ご近所迷惑になってしまう。

G: 以前は防音完備のスタジオを利用するとか、人気のない河原で吹くとかしなければならず……って制約があったのが、解消されてますね。僕が学生だった90年台前半にはサイレントブラスってのが登場したんですけど、1000分の1くらいまで音を下げて、アンプでつないでイヤフォンで聴く方法がありました。でもまあ、気苦労は多かったですね。

――タタミ半畳くらいの電話ボックス的な防音ルームって、買えない値段じゃないですもんね。テクノロジーのおかげでプレイヤーは増えているし、上達もしやすい。

競争は激しいが、極めてフェアな世界でもある

G: コラボできる環境も整っていて、昔は音源を作るためには物理的にメンバーが集まるしかなかった。

――スタジオにそろって、せーので演奏する感じ?

G: ええ、あるいは全員の音をミックスして作ることもできないわけじゃない。でも、なんらかの形で集まるのが必須でした。

――はいはい。

G: 今はメンバーの音をネットで送りあって、作れます。ロケーションがバラバラでも大丈夫。なんなら国境だって越えますからね。

――参入障壁は恐ろしく下がっていると。

G: テクノロジーが下げまくりました。よって競争は熾烈(しれつ)。ピラミッドの裾野が広がっているかんじでしょうかね。でも、ある意味では機会は公平に与えられる世界でもあります。

――学生でも未成年でも、熱意さえあれば作って発信できますもんね。

G: あと、優れた才能、ユニークな逸材が見つけられやすくもなりました。PPAPなんてまさにその良い例でしょう。

――アメリカンドリームですよね。日本人だけど(笑)。

G: YouTube発で有名になることもあるし、タレント発掘系の番組や企画もある。夢は追いかけやすくなってます。

――厳しいけどフェアな世界……か。勝っても負けても、納得感が高いのかな。

G: 今でも考えるときありますもん。「しまったなー、もうちょっと続けていれば、壁が壊れる瞬間に立ち会えたかもなー。そこまで続けていたら、音楽人生が変わっていたかなー」って。僕は1993年から2000年くらいまで活動していたんですが、当時はまだYouTubeもなかったし、壁が壊れたのはもうちょっと後でした。

――悔やんでます?

G: それはない。やりきったって感覚がありますから。それに、また再開できますしね。

――それは、会社員を続けながら趣味として演者に戻るって意味で?

G: いえ、プロとして。音楽に年齢は関係ないですから。社員を続けながらプロに挑戦する可能性もあります。家族もいるので、さすがに今すぐ仕事を辞めて再チャレンジするかといわれたらそれは厳しいですけど……。でも、もしも独り身になったらやるかも? あるいは定年を迎えたら、次のキャリアとしてミュージシャンで食うのも悪くないかなと。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  3. /nl/articles/2405/20/news009.jpg ドクダミを除草剤を使わず防ぐ方法3選 生態と対策がよく分かる解説に「待ってましたよ!」 「これは嬉しい!」と大反響
  4. /nl/articles/2405/20/news035.jpg 夫が男子トイレで発見した“幸運の虫”を妻に見せると…… 感動を呼ぶその正体に「蝶より綺麗」「素敵な旦那さんだ」
  5. /nl/articles/2405/17/news147.jpg 丸刈り男性が“1年間”髪を伸ばし続けたら…… 55週間の“大変身”の記録に「これはすごい!」「クールだね」
  6. /nl/articles/2401/18/news015.jpg 巨大深海魚のぶっとい毒針に刺され5時間後、体がとんでもないことに…… 衝撃の経過報告に「死なないで」
  7. /nl/articles/2405/19/news034.jpg 父が答えた「人生最後の日に食べたい物」に衝撃走る 思わず涙こぼれる回答に「泣かせないでください」「心に沁みた」
  8. /nl/articles/2405/20/news034.jpg 生後6カ月の赤ちゃん、ママと目が合ってニコッ!からの…… 無敵のかわいさに「撃ち抜かれた……」「癒しをありがとう」
  9. /nl/articles/2405/20/news068.jpg カスハラなど客の迷惑行為で「もう限界」 老舗銭湯が閉店を決意した理由に「一番心折れるパターン」「見ていてつらい」
  10. /nl/articles/2403/13/news017.jpg 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評