ニュース
» 2017年08月07日 17時00分 公開

「美を讃えた麺の上で、静謐のおあげに出逢う」 日清がどん兵衛の“マンションポエム”っぽい広告を駅などに展開

夜景のなかで美しく輝くくっそでかいどん兵衛。

[コンタケ,ねとらぼ]

 日清食品が、カップうどん「どん兵衛」の新しい広告を発表しました。しかし、公式サイトを開いてみると、そこにはなぜかどん兵衛ではなくマンションの広告が。おかしい、ここは日清食品の公式サイトのはずでは……ってよく見たらこれはマンションの広告じゃない! “マンションポエム風”な「どん兵衛」の広告だ!


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 マンションの広告……じゃない!


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 仔エビのワルツとは


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 “鰹聖域”


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 関西(HEAVEN)


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 どん兵衛光過ぎ


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 劇的らしい

 “マンションポエム”とは、電車内や駅に掲載されている高級マンションの広告に書かれたキャッチコピーのこと。夜景のなかでやたら光り輝くマンションや夕日に照らされ異様にドラマティックな色に染まるマンションの横にデカデカと書かれたエモい文章が一部の人たちの心に響きすぎた結果、ネット上で表現方法としての地位を確立しました。

 今回のどん兵衛の広告は、そんな“マンションポエム”広告をどん兵衛で再現するという表現の限界の向こう側を感じさせる内容となっています。カップヌードルの広告(関連記事)といいU.F.Oの広告(関連記事)といい、ここ最近の日清食品の広報はハイになる薬でもキメているとしか思えません。

 現在公開されている広告は、全部で6枚。夜景のなかでやたら輝くどん兵衛(東京タワーよりでかい)の横に「美を讃えた麺の上で、静謐のおあげに出逢う」と書かれていたり、夕日に照らされ異様にドラマティックな色に染まるどん兵衛(レインボーブリッジよりでかい)の横に「そこは、鰹聖域(かつおサンクチュアリ)」と書かれていたりと大変エモい感じになっています。

 価格のところには「180円」と堂々と書かれており、広告全体からただようセレブ感に相反する庶民的数字がよく分からない安心感を生み出しています。ボーッと眺めていると本当にマンションの広告に見えるため、値段を見た瞬間に「え?」となること請け合い。

 また、「それはおあげではなく、そしておあげでもある」といったエモい表現1つ1つに、「※1つの文章のなかで『おあげ』と2回いうことで、低音と高温の2度揚げで作られている『おあげ』であることを表現しています」など注釈が付いており、「自分で説明すんな」感が高めです。理解させることを諦めないで。

 日清食品公式からは「『どん兵衛の美味しさを、表現豊かにお伝えしたい。』私たちが⾄った結論は、ポエムでした」という理論も何もかもかなぐり捨てたコメントが出ており、なぜその結論に至ったのか事細かに聞かせていただきたくなります。吟遊詩人かよ。

 これらの広告は、交通広告や折込チラシ、ポケットティッシュ広告といったいかにもマンション広告が出ていそうなところに掲出されています。今後はしばらく、よくあるマンション広告かと思ったらどん兵衛だった、というパターンが発生しそうです。


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 TAXI ADに


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 ポケットティッシュ広告に


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 交通広告に


どん兵衛 日清食品 マンションポエム 広告 折り込みチラシに

関連キーワード

広告 | マンション | 日清食品 | チラシ | 交通広告


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響