連載
» 2017年08月08日 11時00分 公開

アニメ化された『ナナマルサンバツ』は『ヒカルの碁』とどこが違うのか? 業界初の「競技クイズアニメ」に見る、“普及までの距離感”(3/3 ページ)

[伊沢拓司,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

テレビクイズの役割は?

 もう1つ、クイズにはアドバンテージがあるといえるかもしれない。それは、ゴールデンタイムでのクイズ番組である。特に昨今では「Qさま!!」や「ネプリーグ」「東大王」などの番組に競技クイズを経たクイズ王が出演することも増えてきた。他の文化系競技に比べて、クイズというものはより汎用性が高く、それ故ゴールデンタイムに常に存在し続けている。この点もかなり特殊といえよう。芸能人がみんなで集まって囲碁やったり、そこに囲碁の名人が混ざったりはしないのである。

 ただ、これがクイズという競技そのものに与える効果は、少なくとも『ナナマルサンバツ』より低いのではないかと僕は見ている。他の文化系競技は、バラエティの枠ではなくニュースの枠でその競技自体が取り上げられる。囲碁や将棋はもちろん、年始に行われる競技かるた「名人位・クイーン位決定戦」も一般の報道番組で取り上げられることが多い。クイズではまずありえないことだ。

 しかも、われわれクイズ王がゴールデンのバラエティで行うクイズは、競技クイズに近いものであっても、それそのものではない。ルールが可変的であるがゆえに、競技クイズそのもののルールを扱わずともクイズ王たちのキャラクターを演出可能であり、競技クイズの競技的な要素はテレビ的でないために省かれがちなのである。

 もちろん、クイズ王たちの実力やキャラクターを売りに、人物への興味から競技クイズへと誘導することはできるだろう。テレビでの活躍を夢見てクイズの世界に飛び込んだ人間も実際のところ少なくない。

 ただ、テレビの中でのクイズは「魔術」なのだ。クイズ王は、努力の過程が明かされない知識の集合体として、いわば手品師のように扱われる。間接的に競技クイズに入ってくる人がいたとしても、競技クイズという文化そのものの普及にはならない。人数が増えることで文化自体の普及を図るというのは非常に長い道のりだ。囲碁とはこういうもの、将棋とはこういうもの、という「なんとなくの構図」が明らかであることこそが、文化自体が認知されるために必要なように感じる。その点では、クイズ王の出演するゴールデンのクイズ番組より、クイズの世界全体を描く『ナナマルサンバツ』のほうが正しい伝え方のできる媒体なのである。

「超短期的ナナマルサンバツ難民」をどうすべきか、正直教えて欲しい

 さてさて、ここまで見てきたように、競技クイズはその構造上、アニメ媒体で人を引きつけるパワーに秀でているが、そこから現実の競技までの距離感が遠い、という問題を抱えている。では、どのように解決していくのが良いのだろうか。

 ……分かったら、苦労しないのである。なんせ構造上の問題なんだもの。すれちがい対戦のように競技クイズを進めていくことはできない。

 デッカい期待の中にはいるのだ。ここ10年で早押しボタンのレンタルや問題のネット通販、初心者向けイベント急増など、状況は急速に良くなってきた。人口も増え、新興の高校クイズ研も増え続けている。このまま伸び続ければ何か突破口が開けそうな予感はある。でも、何も具体的ではない。

 『ナナマルサンバツ』が掘り出した、競技クイズがメディア化されることによって、視聴者も巻き込める一体型エンターテインメントとなるという要素はかなり強いとも思う(ここホント大事)。しかし、そこからどう広げていくかというところに大きな問題を抱えている

 これらの問題は、一朝一夕に解決できるものではない。ある程度人海戦術的な要素が必要になってくるし、お金もたくさん必要だ。競技クイズへのアクセシビリティを瞬時に上げるというのは、現状では無理だろう。少なくとも僕はお手上げである。

 本来ならば、僕のような人間こそ「今、クイズが熱い!」などとのたまって大声で競技クイズを喧伝(けんでん)すべきなのだ、とも思う。初心者の壁を打ち破り入ってくる人も多くいるだろうから、多少の成果はあるはずだ。それが功を奏し、人数ばかり増えてクイズ文化そのものがある程度変遷してしまっても、現状のメンバーが納得するならそれはそれでいいかなとも思っている。

 とはいえ、まずは問題点の洗い出しを行い、現状を見つめることも大事だ。少なくともクイズ的な視座のみから全てを解決しようとするのではなく、現状を外部に訴え、外からのいいアイデアを参考にすることこそが今必要なことなのだと、僕は思う。僕にはクリティカルな解決策を思い付きませんでした〜、ともいえる。

 現状の良い面を訴えるならば、少なくとも初心者向けのクイズイベントは増えていて、ネットで検索すればいろいろと引っ掛かるわけだし、ネットクイズの活動もいくつかあるので、現状クイズを始めたい人はそのあたりが良い入り口なのではないかと思う。これだけは書いとかなきゃ。

 『ナナマルサンバツ』のアニメ化は非常にポジティブなでき事であり、かつクイズの持つエンタテイメントとしての可能性を大いに示してくれた。しかしそれは同時に、現状の競技クイズというものの限界性をも浮き彫りにしたのだ。まだ、発展途上だ。未来がある。

 多くのクイズプレイヤーが、クイズは将棋や囲碁、かるたと並び立つ競技ではない、と考えるだろう。競技としての性質が大きく異なるからだ。しかし、それらから学ぶべき面もまた多々ある。この連載も含めて競技クイズについて広く知ってもらい、他の競技に詳しい人から広く知恵を集めることもまたわれわれのすべきことだ。10年後、「全ては『ナナマルサンバツ』から始まった」なんてコラムを、書けたらいいなぁ。

制作協力

QuizKnock


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」