コラム
» 2017年09月06日 10時00分 公開

大相撲の座布団投げ、昔はもっと「危ないもの」を投げていた!

「痛っ! ものをっ、ものを投げないでください!」

[QuizKnock,ねとらぼ]

 稀勢の里ブームや遠藤、宇良、千代丸など若手力士人気により、新なファンを獲得し続けている大相撲。古くは江戸時代から続く競技であるとともに、古代より神事的役割も担ってきた、まさに日本文化の中核をなすスポーツです。

 一方で、その儀式的な側面ゆえに不思議な慣習も多いもの。

 土俵の中には栗が埋まっていたり、土俵を囲む俵が実は円形の配置じゃなかったり、実は鍋物に限らず力士の食事全てを「ちゃんこ」と呼んだり……まさに、雑学の宝庫です。

 このような文化の多くが中継等ではスルーされているため、私達にとっては何げなくすぎ去ってしまうものも少なくありません。

 でも、相撲の慣例といわれて、みなさんの頭にパッと思い浮かぶような、目立つ文化もあります。その1つが、いわゆる「座布団の舞」

 横綱が敗れた際など熱戦の後に、観客が座布団を土俵に向けて投げ入れる行為です。中継を見た人はもちろん、ニュースなどでもよく目にしているでしょう。

 ……あれ、なぜ投げているんでしょうか?

 お祝いムードとはいえ、投げることそのものに大きな意味があるようには思えません。片付けも大変だし、先日は「観戦に来ていた浅田真央さんに当たった」なんて物騒なニュースもあり、正直危ない気がします。

 しかし、そのルーツをたどると、実はもっと危なそうな慣習がもとになっていることが分かりました。なんと、もともとは自分の装身具、つまり羽織りや帽子、キセルなどを投げていたのです!

キセル。これが飛んできたら痛いし熱い

なぜ身の回りのものを投げていたのか

 着ているものを投げるのはもったいないし、キセルなんて刺さっちゃいそう。しかしこれらのもの、実はあとでしっかり返ってくるので一安心。

 もともと、このようなものを投げる文化は投げ纏頭(はな)と呼ばれていました。

 この慣習自体は、17世紀半ばから芝居小屋などで行われるようになり、相撲には18世紀頭ごろに根付いたものです。これは、ひとことでいえば「おひねり」。見物人がひいきの力士が勝ったときに、誰が投げ入れたかを特定しやすいように自分の持ち物を投げ入れていました。

 後からこれを力士の控室に取りに行き、返してもらう引き換えとして現金でご褒美をあげるのです。現在で言う懸賞金に当たるものですね。(ちなみにこのようなひいきの人、いわゆるタニマチは土俵のそばに座っていることが多く、キセルが飛んできても人には刺さらないようです。よかった……)

何も投げなくても

 直接渡せばいいじゃん? いやいや、もはやこれは「粋」の世界のお話。現ナマをポイ、では美しくないのです。

 この投げ纏頭自体は明治42年に相撲が競技として洗練されたことで禁止されましたが、ものを投げる観客を完全になくすことはできませんでした。時がたち、懸賞金制度も現在のような形になっていく中で投げ纏頭文化は廃れていき、次第に座布団投げへと変化していきました。お金を渡せない以上、私物を投げる意味はなくなってきたからですね。

 こうして、現在まで続く座布団投げ文化が生まれました。

 実は明治42年以降、ものを投げることそのものが禁止されているため座布団投げも本当はNG行為です! 念のため、注意。

 ということで、相撲の座布団投げにも、由緒正しきルーツがありました。江戸時代の日本人の粋から生まれた文化だったんですね。

参考文献

大相撲の歴史に見る秘話とその検証 触れ太鼓・土俵の屋根・南部相撲など  根間弘海


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」