ハウツー
» 2017年09月10日 14時00分 公開

猫にアロマオイルが危険なのはなぜ? 動物病院に聞いてみた

進化の過程に原因が……?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ハーブ、かんきつ類をはじめとした植物の香りで、心や体を癒やしてくれるアロマオイル。湯船にたらして浴室内に香りを広げたり、マッサージに使ったりとさまざまな使い方ができるのもうれしいポイントです。

 しかし、このアロマオイル、実は猫にとって非常に危険で、最悪の場合、死亡事故につながる可能性もあるそうです。この件について、動物病院に話を伺ってみました。


猫にとってアロマオイルは危険って本当?

 そもそもアロマオイルとは、植物から採れるエッセンシャルオイル(精油)をアルコールなどで希釈したもの。香りを楽しむために利用されることが多く、リラックス、ストレス解消などに効果があると言われています。さて、普段使う際にはほとんど考えない点ですが、アロマオイルには揮発性があり、空気中に拡散すると、鼻の粘膜から体内へ入ります。これによって香りが感じとれるのですが、体内に入った成分はどうなるのでしょうか。

 フォレスタ動物病院(東京都)に伺ったところ、精油に由来する成分に関しては、肝臓の「グルクロン酸転移酵素」によって代謝され、体外に排出されるとのこと。しかし、人間や犬と異なり、猫の場合はこの酵素が十分に生成されないため、中毒が発生する可能性が。つまり、危険性があるのはアロマオイルというより、そこに含まれている植物由来のエッセンシャルオイルというわけです。

 症状は他の薬物などで発症する中毒に類似しており、食欲低下やだるさ、吐き気など。必ずしもすぐに症状が現れるわけではなく、数年間かけて体内に蓄積し、肝不全が起こってしまうこともあるそうです。実際、同医院でもアロマオイル被害による来院事例は少なからず発生しているといいます。

 このような体の仕組みの違いが存在する理由は「人間、犬が雑食であるのに対し、猫は肉食。植物の成分を代謝する肝機能の必要性が低いため」と説明されることも。進化の過程に原因があるのではないかと推測されているようです。

 エッセンシャルオイルは、製造に使われる植物によって種類が分けられており、ラベンダー、ローズマリー、レモン、ジンジャー……とその数は膨大。しかし、それぞれの危険性の違いについてはよく分かっておらず、「とりあえずすべて避けるのが無難」だそうです。

 しかし、アロマオイルは柔軟剤をはじめとした、身近な製品に利用されていたり、蚊取り線香、虫よけスプレーなどで同じトラブルが起こったりすることもあるため、注意が必要。すぐに症状が出なくても、体内に蓄積していってしまうおそれがあるので、室内を換気するなどして対策するようにしましょう。


猫にとってアロマオイルは危険って本当?

マッハ・キショ松

関連キーワード

| 動物 | 使い方 | ペット


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/16/news127.jpg がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」
  3. /nl/articles/2208/15/news132.jpg 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  4. /nl/articles/2208/15/news042.jpg 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  5. /nl/articles/2208/10/news178.jpg 「この世で一番憎んでる」 画面左上に“謎の入力フォーム”が現れる現象に「ホンマにいらん」「何のためにあるのか分からない」の声
  6. /nl/articles/2208/15/news159.jpg ゲオのPS5抽選販売、「購入時にPS4売却」が条件で物議 「なぜPS4を手放さないといけないの?」ゲオに意図を聞いた
  7. /nl/articles/2208/15/news091.jpg 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  8. /nl/articles/2002/02/news008.jpg 「ガムは75円。ガムはクッキーより40円安いそうです。チョコは何円?」 小2向けドリルの難問が誰にも解けない
  9. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  10. /nl/articles/2208/15/news037.jpg 全力イヤイヤ中の黒柴犬、突然背後を気にしだし…… “何か見えてる”様子に背筋がゾッとする

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい