謎多き集団「ヴァイキング」に女性戦士の存在が確認される

女性ヴァイキング戦士の伝承は事実をもとにしていたのかも?

» 2017年09月17日 13時54分 公開
[たけしな竜美ねとらぼ]

 ヴァイキングといえば、9世紀から11世紀にかけてヨーロッパの人々を脅かし続けた海賊集団、として知られているところでしょう。戦場で活躍する戦士、特に海賊ともなれば男所帯を想像しがちですが、ストックホルム大学などが、スウェーデン南東部で1880年に発見された上級ヴァイキング戦士の遺骨をあらためて調査したところ、埋葬された人物が女性であったことが新たに判明し、大きな話題となっています。

ヴァイキング 発見直後のお墓の内部を描いたスケッチと、埋葬直後の想像図

 このお墓は10世紀半ばにヴァイキング村に作られたもので、中からは遺骨とともに剣、斧、弓矢、盾、2匹の馬の骨、ゲームと駒のセットなどが発見されています。

 これら副葬品の数々はヴァイキングの戦士の墓に共通するもので、特にゲームの駒は「優れた戦術家と認められた、リーダー的存在の優秀な戦士の墓にしか入れられない」という点から、ヴァイキング上級戦士の墓であることは発見直後から判明していました。

ヴァイキング 調査が行われたお墓

 そのため、この墓は「裕福なヴァイキング上級戦士の理想的な墓」として知られており、長年に渡って調査と研究が続けられていました。そして今回、発見当時には難しかったDNA鑑定があらためて行われたことで「埋葬された人物が、実は女性であった」という新たな事実が判明したのです。

 もともとヴァイキングの登場する伝承では、「ヴァイキングの戦士は男性だけではなかった」ということが示唆されています。例えば10世紀アイルランドの文献には「女戦士インゲン・ルーア(赤い娘)が、ヴァイキングの船団をアイルランドへと導いた」という伝説が記されてるのです。

 また13世紀アイスランドの英雄物語『ヴォルスンガ・サガ』に収録されている、数々のヴァイキングの物語には「男性戦士と共に戦う、盾を持った乙女」がたびたび登場しています。

 すなわち、今回における「ヴァイキングの上級指揮官であった女性戦士の発見」によって、これら物語が神話的脚色ではなく、事実をもとに書かれたもの、という可能性が出てくるのです。

ヴァイキングとは

ヴァイキング 一般的なヴァイキングの姿。左側の、金属の防具を身に着けているのが上位ヴァイキング(Wikimedia Commonsより)

 ヴァイキングとは、8世紀〜11世紀の西ヨーロッパを中心に活動していた武装集団を指す言葉です。現在では昨今の創作作品から「角の付いたヘルメットを被り、斧を振るって戦う凶悪かつ野蛮で粗暴な海賊団」というイメージが非常に強いのですが、実際には「必要とあらば戦闘および侵略・略奪も辞さないが、基本的には船での交易と商業を生業とする、商人であり農民であり漁民」です。

 彼らは数多くの国との交易を行っていたためか、非常に卓越した知識と技術を持っていました。ヴァイキングの地理学や航海術などの知識、製鉄などの工業技術は、活躍時期となる8〜10世紀のヨーロッパ諸国を凌駕(りょうが)するものでした。

ヴァイキング ヴァイキングの辿った航海図。彼らは卓越した航海技術によって、遥か西の北アメリカ大陸にまで到達している(Wikimedia Commonsより)

 またヴァイキングは冒険者・開拓者でもあり、その卓越した技術の数々によって、北は北極海、南は地中海、東はカスピ海、西は遥か海の向こうにある北アメリカ大陸のニューファンドランド島にまで到達し、一部を植民地としています。

 ただしヴァイキングに「文字で記録を残す」という習慣はなく、かつ活動時期が8〜11世紀と非常に短かかった上、さらに遅くとも15世紀までに「ヴァイキング」と呼ばれたすべての人々が地域に溶け込み、消えてしまっているのです。

 さらに悪いことに、11世紀にはヴァイキングの文化がキリスト教に取り込まれてしまったため、「ヴァイキング自身によって書かれた資料や、キリスト教の影響を受けていないヴァイキングの文化や歴史について書かれた資料」はほとんど残されていません。

 そのためヴァイキングの文化や歴史には今でも謎が多く、現在でも研究が続けられているのです。


たけしな竜美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/20/news090.jpg 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  2. /nl/articles/2406/17/news109.jpg 0歳赤ちゃん、寝ていたはずがベビーモニターに異常発生!→ママが駆け付けるとまさかの…… 爆笑の光景に「かわいすぎるっっ」「朝から癒やしをありがとう」
  3. /nl/articles/2406/19/news008.jpg 「別人かよ」「泣けた」 “オタク”と言われ続けた男性が…… “激変イメチェン”に「こんなに変われるなんて」と称賛の声
  4. /nl/articles/2406/17/news110.jpg 野菜売り場にて、子どもが「ママみて!おこってゆ!」→視線の先を見ると…… 思わず「ホントだ!」と声が出る“衝撃の光景”が話題
  5. /nl/articles/2406/19/news207.jpg 「生成AI」使用巡り著名歌手がアニメイベント出演辞退「クリエイティブに対する姿勢の相違」 主催者「自覚が足りなかった」と謝罪
  6. /nl/articles/2312/25/news180.jpg 摂食障害公表の遠野なぎこ、エイヒレ1皿食べきれず「お店の方ごめんなさい」 苦しみつづり“体重また減ってた”SNS投稿も
  7. /nl/articles/2406/19/news016.jpg 30万円で買ったゴミ屋敷を“35万円”で激安DIYリフォーム! 1人でやりきった劇的な仕上がりに「本当に尊敬」「こんなにも綺麗に!」
  8. /nl/articles/2406/20/news016.jpg 山にカメラを仕掛けてみたら、驚きの光景が…… 水たまりで涼をとる意外な生き物の姿に「リラックスしすぎw」「可愛すぎんか」
  9. /nl/articles/2406/20/news050.jpg 水中でバラを放置→200日後の“衝撃の変化”に仰天 「本当に予想外」「魔法のような変身」【海外】
  10. /nl/articles/2406/19/news026.jpg 「暑がり全人類に配り歩きたい」 “身に付けるクーラー”が約2200万表示で反響 「止まらない汗とさよならできた」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」