コラム
» 2017年09月22日 07時00分 公開

甲子園で導入される「タイブレーク制」とは? メリットとデメリットを解説する

甲子園はどう変わる?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 このほど、日本高野連によって2018年春のセンバツ高校野球から、延長戦に「タイブレーク制」が導入されることが発表されました。

 何も急に決定されたのではなく、これまでタイブレークの導入自体は議論され続けており、いよいよ決定に至った、という次第です。とはいえこのタイブレーク制、高校野球ファンでも見たことのある人は少ないはず。

 この制度によりどのように高校野球が変わるのか、どんなメリットやデメリットがあるのか、まとめてみました。

そもそもタイブレーク制とは

 野球におけるタイブレーク制は、延長戦などでの試合促進のため、回の初めからランナーをおいて始めるというルール。当然、得点は入りやすくなり、試合が動くことから時間短縮が期待されます。

 日本のプロ野球にタイブレークは存在しませんが、国際試合であるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では延長11回から無死1、2塁で始めるというタイブレークルールが設けられていました。

 今年2017年のWBCでは、延長にもつれ込んだ日本対オランダ戦が、タイブレークでの中田翔選手の決勝打で決着となりました。野球のタイブレーク制が日本での知名度を上げた象徴的な試合でしょう。

 高野連は、延長13回からこのタイブレーク制を採用するとしています。WBCの例からも分かる通り、タイブレークを始めるタイミングは各大会のルールによって異なります。

 実は、甲子園以外の高校野球では、タイブレークはよく導入されているルールです。もう1つの高校野球の殿堂である明治神宮野球大会や、国体での高校野球においては延長10回からタイブレークとされており、1死走者満塁からのスタートとなっています。

 このような背景もあり、高野連はセンバツと夏の甲子園へのタイブレーク導入を近年検討し続けていました。そして、今年のセンバツで15回引き分け再試合が2試合連続で発生したため本格的な調査に入り、ついに導入という運びになったのです。

 塁に置くランナーや決勝戦での採用の有無、地方大会への規定などはまだこれから詰められていく段階ですが、ひとまずタイブレーク制の採用は決定事項となっています。

甲子園でのメリット

 タイブレーク導入のメリットとしてまず挙げられるのが、選手の疲労や故障を減らすことです。今回の導入においても主な理由として挙げられていました。

 特にピッチャーの肩は消耗品とされており、甲子園での連投は以前から問題視されていました。タイブレーク制はこの負担を軽減することが期待されています。

 投手の肩への負担については「投球数制限をつければよい」という議論も存在します。しかし投球数制限については、良い投手を複数そろえやすい強豪校が過度に有利になってしまうという見方が強く、導入は難しい状況です。

もちろんデメリットも指摘されている

 当然ながら、デメリットも指摘されています。

 そもそも、投手自らが背負ったわけではないランナーで試合が決着してしまうことが十分に起こりうるため、野球としての面白さや球児たちの積み上げてきたものを損なう、という見方もあります。

納得の行かない敗退を味わうチームがでるかも

 また、毎年話題になる甲子園での各種記録が使いづらくなることも考えられます。タイブレークでの打点の扱いや投手の失点記録の扱いはまだ不透明なまま。記録を楽しむスポーツでもある野球においては、無視できない問題です。

 ドラマの場所としての甲子園の魅力が薄れてしまう、という見方も少なくありません。2006年夏・早稲田実業vs駒大苫小牧のような、再試合に至るような熱い競り合いが少なくなってしまうこともまた確かです。

 春夏の甲子園は、日本の文化ともいえる特殊な場。理論的な説明だけでは片付かない部分も多そうです。

まとめ

 ここまで、タイブレーク制の性質を見てきました。良い点もあり、甲子園ならではの反対意見もありました。

 高野連としては、11月までに細部を詰めていくが、基本的にはタイブレーク制を導入することは確定としています。今後の動向に注目です。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」