コラム
» 2017年09月26日 11時00分 公開

制作と製作、回答と解答、超えると越える 意味の違いと正しい使い分けは?

知ってなきゃ変換もできない。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 今や漢字が書けなくても、PCやスマホで変換すれば困らない時代。もう漢字の勉強なんて必要ない!

 ……本当に?

 こんな便利な現代でも問題となるのが、変換間違い。ただのケアレスミスならともかく、どの漢字が正しいのか分からなければ、正しい変換はできません。

 本記事では、どちらを使えば良いか迷ってしまう言葉の使い分けについてまとめます。

「制作」と「製作」

 「制作」は、映画やテレビ番組など芸術作品を作ることを意味する言葉。一方で「製作」は主に、家具などの実用的なものを、道具や機械などを使って作ることを意味します。

 しかし厄介なのが、「製作」は芸術作品を作ることも意味し得るということ。例えば、映画は制作することもあれば、製作することもあるのです。

 ではどう使い分けるのか。

 これはややこしく、実際には混用されているケースも多いのですが、作品そのものをつくることは「制作」、宣伝や出資などお金に関わることは「製作」ということになっています(「製作委員会」と言いますね)。「映画をセイサクする」の場合は、どちらの意味かによって使い分けるのが正解です。

「解答」と「回答」

 どちらも「答える」という意味の言葉。何に答えるのか、を区別しましょう。

 「解答」は、問題に答えること。例えば「テストの解答用紙」のように使います。「解いて答える」と覚えれば良いでしょう。

 一方で「回答」は質問に答えること。カイトウ用紙はカイトウ用紙でも、「アンケートの回答用紙」のように使います。この「回」には回帰・回収と同じように「戻す」「返す」という意味があります。

「超える」と「越える」

 しばしば日本語のプロでも悩むのが「超える」と「越える」の使い分け。これはイメージで覚えましょう。

 「超える」は「超(ちょう)」の持つニュアンスと同じで、上にいくイメージ。「世界記録を超える」などと使います。

 では「越える」はというと、分かりやすいのが「越境」という熟語。境界線を水平にまたぐイメージです。例えば「柵を越える」などと使います。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」