コラム
» 2017年09月27日 11時00分 公開

「サボテンにタオルを置くと規則違反」「食べかけの梨を動かすのはNG」 不思議なゴルフのルールが2019年に変わる理由(1/2 ページ)

なんでこんなルール作ったんです? そして、変えることになったんです?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 「マリオゴルフ」「みんなのGOLF」など、ゲームの世界でも人気を集めているゴルフ。本物のゴルフ場には行ったことがないものの、自宅のディスプレイで遊んだことがあるという方も多いのでは?

 ゲームではほとんど直面する機会がありませんが、実はゴルフはとても不思議なルールを持つスポーツ。「トゲが足に刺さらないように、サボテンにタオルを置いてスイングしたらルール違反」「グリーン上などにあるアリ塚は、プレイヤーが移動させてもよい」といった内容が明文化されているのです。

 しかし、2019年にルールの大幅改定が行われることになっており、ゴルフの競技環境は大きく変わろうとしているようです。いったい、どうしてなんです?


2019年に変わるゴルフの不思議なルール

ゴルフの不思議なルール

 そもそもゴルフには、どんなルールが設けられているでしょうか。日本ゴルフ協会のWebサイトから、いくつか抜粋してみましょう。

トゲが足に刺さらないように、サボテンにタオルを置いてスイング → 反則

 球がサボテンの近くに止まってしまい、サボテンに密着しないとゴルフクラブが振れない。でも、そうすると痛そうだ。うーん、どうしよう――ちょっと想像しにくいシチュエーションですが、こんなトラブルが起こったとき、サボテンにタオルを巻いてトゲ対策を講じるのはルール違反。全ホールの合計打数で勝敗を決める「ストロークプレー」の場合、2打分のペナルティーが課せられます。

 というのも、ゴルフでは「プレーに影響を及ぼす意図を持って物理的条件を変えてはならない」と定められており、正当な理由がなければ、周囲の環境をコントロールすることは許されません。なお、とんちのような話になってしまうのですが、サボテンではなく、サボテンに当たる足にタオルを巻いた場合は罰を受けません。


2019年に変わるゴルフの不思議なルール あまりゴルフ場っぽさが感じられない状況

他のプレイヤーがバンカーに食べかけの梨をポイ捨て → 触るのも動かすのも反則

 ゴルフには石や木の枝、動物の糞、虫といった動かしやすい自然物を指す「ルースインペディメント(Loose Impediments/固定されていない障害物)」という概念があります。これらは球を打つのに邪魔になることがあり、基本的にはプレイヤーの判断で移動させることが可能です。

 しかし、ハザード(バンカー、池などの障害物)がからんでしまうと、話は別。「ルースインペディメントと球の両方が同じハザード内にあるか、またはそのハザードに触れている場合」は、ルースインペディメントに触ったり動かしたりすることができません。他のプレイヤーが食べている途中でポイ捨てしたものだとしても、食べかけの梨は固定されていない自然物であり、ルースインペディメントに該当。うかつに扱うと、2打分のペナルティーを受けてしまいます(ストロークプレー)。

 ちなみに、ルースインペディメントかどうかの判断は、移動させる労力の多寡で決まるわけではありません。石の場合は土に固く食い込んでいなければ、大きさにかかわらず該当。あまり簡単には動かせなさそうな気がしますが、アリ塚(地上にできたアリの巣)もルースインペディメントとして扱われます

ガラガラヘビが近くにいるから、球を移動 → 罰なし

 ゴルフは、ゴルフクラブで球を打ってホールに入れる競技。球を手で持って移動させる行為は、原則的に禁止されています。しかし、球の近くに運悪く猛毒を持つガラガラヘビがいた場合は、罰を受けずに球を動かして、プレイを続行させることができます。

 なお、これは「コースでよく見かけるような状態とは全く異なる」危険な状況であることから生じる例外的な対応。球がサボテンなどの茂みに入ってしまった場合は、ペナルティーが発生すると記載されています。日本では、ガラガラヘビもサボテンの茂みもそうそう見ない気がしますが、この理由は後述します。


2019年に変わるゴルフの不思議なルール 日本では生息していないとされるガラガラヘビ

一般人が入れる特殊なゴルフ場で、子どもがバンカーで砂遊び → ローカルルールで対策するのはNG

 ゴルフ場の中にはプレイヤーだけでなく、一般人がホールに入れてしまうところも。そのため、子どもがバンカーに砂のお城を作ってしまうケースが存在するそうです。ちょっとほほえましい話ではありますが、これがプレイの妨げになってしまったときは、どうすればいいのでしょうか。

 このトラブルについては、ローカルルールで対応してはならないと明記されており、ゴルフ場側で特殊な対応をとるのは禁止。しかし、競技を管理する委員会が「異常なグラウンド状態」に陥っていると宣言することで、通常のルールの範囲内で対応できるとのこと。プレイヤーは、罰を受けずに球を拾い上げて移動させ、プレイを続行できます。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」