ハウツー
» 2017年10月04日 09時00分 公開

さつまいもをおいしく保存するコツは「冷蔵庫に入れないこと」? 低温過ぎるとかえって傷む原因に

さつまいもの正しい保存方法は、知らない人が意外に多いとか。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 秋といえば、さつまいもがおいしい季節。農業関連事業を手掛ける企業・国華園が、甘さを引き出すためのポイントなどをTwitter上で紹介しています。


さつまいもの正しい保存方法、甘くする方法 画像提供:国華園(@KOKKAEN_PR

 実は、採れたてのさつまいもはあまり甘くなく、収穫から約1カ月間保存しておくのがおいしく食べるためのコツ。あら、待つだけでいいなんて簡単ですね。しかし、保存に適している気温が12〜15度と比較的高いため、冷蔵庫に入れてはいけないのだといいます。

 その理由を国華園に伺ったところ、さつまいもはメキシコなどの温かい地域を原産とする植物で、寒さに弱いためとのこと。冷蔵庫は数日程度ならともかく、さつまいもの長期間の保存には向いておらず、「温度設定にもよるが、ほとんどの場合は野菜室でも低温すぎるだろう」としていました。

 しかし、こういったことを知らずに、庫内で腐らせてしまうケースが後を絶たないのだとか。どの品種でも収穫から1カ月程度たてば、さつまいもの中のでんぷんが糖に変わり甘くなってくれるのですが、残念ながら、間違った保存の仕方をしてしまう人が多いというわけですね。

 ちなみに、保存時には湿度を80〜90%と高く保つことも大事。これは、10日に1回ほど軽く霧吹きをかけたり、新聞紙、穴開きのポリ袋でカバーしたりすることで対策可能です。ただし、さつまいもは水に弱いため、洗う際には注意が必要。切り分けて使用する場合はカットしてから水洗いするのが良いとのこと。残った分は、切り口をラップ、新聞紙で包んだうえで常温保存すると約1週間持つそうです。


さつまいもの正しい保存方法、甘くする方法

マッハ・キショ松

関連キーワード

冷蔵庫 | コツ | メキシコ | 野菜


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた