コラム
» 2017年10月08日 12時00分 公開

野球だけ「監督がユニフォームを着ている」のはなぜか?

スーツじゃダメなの?

[QuizKnock,ねとらぼ]

 いきなりですが、なぜ野球の監督はユニフォームを着ているのでしょうか。

 野球というスポーツだけを見ていたら自然に思えますが、サッカーやバスケの監督を思い浮かべてもらえればその違いは明らかです。ほかのスポーツでも、ジャージは着ていてもユニフォームを着ているものはほとんど思い当たりません(野球とよく似たソフトボールくらい?)。

 では、なぜ野球の監督だけがユニフォームを着ているのでしょうか。何か決まり事でもあるのでしょうか。

野球の特殊性

 結論から書くと、野球のルールブック『公認野球規則』には、監督のユニフォームについての規定はありません。つまり、本来はどんな格好でもいいんですね。実際に、メジャーリーグではコニー・マックという、スーツ姿で50年以上指揮をとった監督も存在します。

 では、なぜ今ほとんど全ての監督がユニフォームを着ているのでしょうか。

 1つには、監督自らがグラウンドに入る、ということが挙げられます。選手交代のタイミングや、投手を鼓舞しに行くタイミングで、監督はプレイが行われる領域に入っていきます。

 このことは、ほかのスポーツを考えるとかなり特殊です。サッカーではテクニカルエリアより先に出ることはできません。ラグビーではそもそも監督は選手とコミュニケーションが取れないゾーンにいなければなりません。オリンピックで行われる個人競技でも、監督がプレイ領域に入り込む競技はとても少ないのです。

 加えて、以前の野球では「選手兼任監督」(プレイングマネージャー)が多かったということも理由とされています。古くは、阪神の藤村富美男氏による「代打、ワシ」からの逆転満塁サヨナラホームランが、近年ではヤクルトの古田敦也氏による「代打、オレ」が有名ですね。

 このような例では、監督でありながら選手でもある以上、ユニフォームを着る必要があるのは当たり前というわけです。

まとめ

 ということで、こうした野球の特殊性が、「監督がユニフォームを着る」という慣習へとつながっていたのです。

 そもそも、ほかのスポーツでは「監督は、選手と区別のつく服装をすること」とされているものも多いようです。同じ服を着てチームの一体感を強調する野球とは、正反対の決まり事といえるでしょう。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」