ニュース
» 2017年10月10日 21時23分 公開

終わったスマホゲーのヒロインを呼び出し戦うゲーム「終幕彼女」の光と闇 なぜファンは“シナリオがアイコネの人”でざわついたのか?モバクソ畑でつかまえて

これには聞くも涙、語るも涙の物語が……。

[怪しい隣人,ねとらぼ]

 アクセルゲームエンターテインメントが発表した、スマホ用新作タイトル終幕彼女(エンドロール)が一部ゲームクラスタの間で話題になっています。「サービスが終了したスマホゲームのヒロインたちを呼び出して戦う」という設定もユニークですが、さらにメインシナリオライターを、ライトノベル作家の石原宙氏が務めると発表され、「アイコネ(アイドルコネクト)の人じゃん!」とますます注目を集める形に。な、なんだってーーー!!





 ――と、大げさに驚いてはみましたが、なぜシナリオライターが“アイコネの人”だと注目されるのか、このへんの背景事情は多分、普通以上にスマホゲームに精通している人でないと分からないかもしれません。

 ということで例によって、モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人であり、短命に終わったゲームのサービス期間リストを趣味で作っているという、「怪しい隣人」@BlackHandMaiden)さんに解説してもらいました。



ライター:怪しい隣人

モバクソ畑でつかまえて

出来の良くないソーシャルゲームを勝手に「モバクソゲー」と名付けて収集、記録、紹介しています。モバクソ死亡リストは500件を超えました。年々ソーシャルゲームが複雑になり、ダメさを判定するのに時間がかかるのが最近の悩みです。本業はインフラエンジニア。そのためソーシャルゲームの臨時メンテは祭り半分胃痛半分な気分です。




「相次ぐスマホゲームのサービス終了」から始まるストーリー

 ここ数日、1日1回はソーシャルゲームやアプリのサービス終了を聞いているような気がする怪しい隣人です(※編注:原稿をもらったのは10月6日)。

 ニュースサイトやTwitterなどで告知を見るだけでそんな数なのですが、中にはそういうサイトに触れられもせず終了するゲームもあるのでしょう。われわれは死んでいくゲームのうち、一体どれだけの死をみとることができるのでしょうか。一体どれだけの死をみとればよいのでしょうか。

 そんなことを考えたゲーム開発者がいたのかもしれません。

 2017年10月5日に公式サイトが公開されたゲーム「終幕彼女(エンドロール)」は、なんと「終了したゲームアプリのヒロインを現世に呼び出し、ともに戦う」というゲーム。あらすじの始まりが「相次ぐスマホゲームのサービス終了」なんてゲーム、はじめて見た気がします。


終幕彼女(エンドロール) あらすじ(公式サイトより)

 主人公は「アイドルリフレイン」という(架空の)ゲームのプレイヤー。サービス終了の瞬間に「――消え行く彼女たちを救いたくはないか?」と居う声を聞くところから話が始まるのですが、どう考えても悪魔の囁きにしか聞こえません。個人的にはその声は耳を貸してはいけないような気がします。

 しかもゲームのサービス終了は競争の激化やゲームのクオリティーが原因ではなく、「虚霊(オーネ)」という怪物が、ゲームが存在するための力「霊在子(ザイン)」を食い尽くしてきたからだ、というのです。モルダーあなた疲れてるのよと思わずつぶやいてしまいました。


終幕彼女(エンドロール) 「アイドルリフレイン」は5カ月で終了した“アイドル育成リズムゲーム”という設定(公式サイトより)

 そんな知ってはいけない世界の真実を知ってしまった主人公。過去、他にもいろいろなゲームの終了に立ち会ってきたらしく、そのせいかこのゲームにも、さまざまな終了したゲームが登場します。

 この中で先頭に記載されており、あらすじにも記載されている「アイドルリフレイン」ですが、実はこのゲームの開発事情や経緯があるゲームにそっくりなのです。そのゲームはアイドルコネクト-AsteriskLive-といいます。


終幕彼女(エンドロール) アイドルコネクト」タイトル画面


「アイドルコネクト」と「アイドルリフレイン」

 このゲーム、サービス自体は2016年8月16日から2016年11月30日までの約100日間、3カ月ちょっとというごく短い期間で終了してしまいました。その間にかなり大規模な障害を起こし、ネットでも話題になっています(関連記事)。ですがその後も別サイトでストーリーが更新されたり、CDが発売されてリリースイベントが行われたり、ノベルアプリになったりと、ゲームとしては終了してもコンテンツとしては継続しているのがすごいところです。


終幕彼女(エンドロール) 最終的に、運営会社がゲーム事業そのものから撤退する事態となった「アイドルコネクト」(関連記事


 そんな「アイドルコネクト」でキャラクターの個別ストーリーを書いていたのが石原宙さんという方。なんとこの方が「終幕彼女」のメインシナリオを担当されるということで、Twitter上ではファンの方が大いに盛り上がっています。この「似て非なる終わってしまったゲーム」を題材に、どのようなシナリオを書かれるのか、私自身もとても気になるところです。

 ちなみに個人的に一番「似て非なる」と思っているところは「アイドルリフレイン」の運営期間です。設定では2020年3月〜2020年7月と、約5カ月ほどの運営期間となっています。先にも書きましたが、アイドルコネクトの運営期間は約3カ月。何なんでしょう、この2カ月の延長は。身長167センチの男性が女性に身長を聞かれて「170センチぐらい」と答えてしまうような、ささやかで悲しい見栄を感じてしまうのは私だけでしょうか。


終幕彼女(エンドロール) アイドルもの早死ゲーリスト(怪しい隣人さん提供)
※一部データが誤っていたため画像を修正いたしました(10月12日)


「アイドルリフレイン」以外のゲームにも元ネタあり?

 そんなどこかで聞いたようなアイドルゲーム以外にも、主人公の周りをさまざまな死亡ゲームとそのヒロインたちが彩ってくれます。


終幕彼女(エンドロール) 登場するゲームの1つ「スマッシュ・ラッシュ・ハイスクール」(公式サイトより)

終幕彼女(エンドロール) 王道ファンタジーRPGという設定の「ミラージュ・オンライン」(公式サイトより)

 「操作性がイマイチで人気が出なかった格ゲ―」「寿命だけは妙に長く同じ声優が複数キャラの声を担当するファンタジーRPG」「女体化した戦国武将だけでなく世界の英雄や現在の人間まで出し始めたRPG」「ハードなストーリーが売りだったがその続編が発表される前に終了してしまったFPS」――とよりどりみどり。アイドルリフレインの例もあり、これらも「これが元ネタでは?」という話題が盛り上がっています。例えば、格ゲーの元ネタはちょうど3年ほど運営されていた「ガンガン!!バトルRUSH!」というゲームではないか、など。



 私も約500件は死亡ゲームが掲載されているモバクソ死亡リストとにらめっこしていたのですが、なかなかこれだというゲームは見つからず。修行が足りないな、と反省した次第です。長期間運営していたゲームや、戦国モノで既に終了しているものはリストから見つかるのですが、なかなかぴったり来るものがありません。運営期間だけで判断できないよう、いくつかの終了したゲームの特徴を組み合わせているのかな、とも思います。


終幕彼女(エンドロール) 戦国ゲーム系早死ゲーリスト(怪しい隣人さん提供)

終幕彼女(エンドロール) 5年以上運営されているゲーム(怪しい隣人さん提供)

 これらのゲームの元ネタを調べるところから、みなさんも終わっていくソーシャルゲームの記録を集めることに目覚めてくれるとうれしいと思う筆者でした。1人で集めているとどうしても限界があり、取りこぼしがポロポロ出てしまいますので……。


怪しい隣人


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」