ニュース
» 2017年10月14日 19時00分 公開

あの「緊急事態宣言」から1年、コミックビームは生き残れたのか 編集長が語る、電子増刊『コミックビーム100』の狙い(1/4 ページ)

怒涛(どとう)の1年でコミックビームはどう変わったのか、奥村勝彦編集総長、岩井好典編集長、そして新たに創刊される『コミックビーム100』の本気鈴編集長に話を聞きました。

[池谷勇人, 大里ミチル,ねとらぼ]

 史上最大の崖っぷちに追い込まれております――。異例の「緊急事態宣言」から1年、漫画雑誌『月刊コミックビーム』が新たに、100ページ100円のデジタル増刊『コミックビーム100』を創刊しました(関連記事)。


コミックビーム100 インタビュー コミックビーム100」(毎月第1金曜日配信予定)

 ねとらぼ編集部では1年前にも、コミックビーム編集総長の奥村勝彦氏に、ビームや漫画雑誌の厳しい現状についてインタビューし、大きな反響を呼びました(関連記事)。あれから1年、漫画雑誌をとりまく環境はどのように変化したのか。そしてビームは生き残ることができたのか。ビーム編集長の岩井好典氏、『コミックビーム100』編集長の本気鈴氏も交え、この1年間の振り返りと、これからのビームや漫画雑誌の展望について再び聞きました。


コミックビーム100 インタビュー
奥村勝彦。創刊時からビームに関わり、1996年から2013年まで約18年間にわたり編集長を務めた。現在の肩書はコミックビーム“編集総長”

コミックビーム100 インタビュー
岩井好典。秋田書店を経て1997年エンターブレイン入社(現KADOKAWA)。奥村氏とともに現在に至るまでコミックビームを支えた編集者の1人。2013年より月刊コミックビーム編集長を務める

コミックビーム100 インタビュー
本気鈴。特定の編集部に所属しない“フリー漫画編集者”の先駆けとして、漫画業界を長らく支えてきた。編集担当作品に『快傑蒸気探偵団』『キン肉マンII世』『鉄のラインバレル』『海街diary』など


紙から電子への塗り替わりはものすごいスピードで進んでる

―― あのコミックビームがとうとうデジタル増刊を始めると聞いて、今日はインタビューしにきました。前回の「緊急事態宣言」(関連記事)からほぼ1年ぶりですね。

奥村:あー、もう1年かぁ。そんなにたってたっけ。

―― 1年前は「紙は厳しい」という話をされていましたが、あれから状況って変わりましたか。

岩井:いやー、もう、はっきり言って、どこもデジタルですよね。

奥村:ものすごい勢いでそっちに行ってるね。なんか毎回そんなこと言ってるような気がするな。


コミックビーム100 インタビュー

岩井:この間、ある出版社が正社員を募集してて。見たらもう完全に、デジタル系とライツ系以外いらないんだなって。

―― デジタル系とライツ系ですか。

岩井:デジタルというのは要するに電子書籍の制作、編集、それから営業ですね。ライツというのはグッズを作ったり映像化したり、あと海外に配信したりとか。そういうものがライツ系。われわれも今日ちょうど『コミックビーム100』の校了日なんですけど、紙の校了とはやっぱり全部違うんですよ。だから出版社側も、ある程度デジタルに慣れた人材を求めてる。

奥村:俺らなんて電子がどうだの言ってるけどさ、やっぱり親和性ないわけよ。老眼だし。そりゃスマホ握って生まれてきたやつらの方が親和性高いに決まってるわけでね。

岩井:拡大して読めばいいじゃないですか、老眼でも。

奥村:めんどくさい! イライラする。だからまあ、やっぱり紙で読んじゃうわけよ。こういうヤツを矯正してデジタルを教え込むよりは、新米からたたき込んだ方がいいだろってことなんじゃねえかな、多分。


コミックビーム100 インタビュー

岩井:僕が見たところは経験者募集でした。

奥村:あー、経験者かあ、そんなにいっぱいいねぇけどなぁ。

―― そうなると「紙の編集」というのは今どうなっているんでしょうか。

奥村:足りているというかちょっと余りつつあるわな。デジタルにコンバートさせたいけれどもできねえような輩がいっぱいいるんで。

岩井:奥村さんのことじゃないですか。

奥村:そりゃ自覚してるよ。

―― KADOKAWA社内でもやっぱり、電子書籍のポジションって大きくなってきていますか。

奥村:トータルの数字はあんまり変わらないんだけど、電子の比率はどんどん上がってるね。特に異世界系とか、あのへんの部署なんか、デジタルと親和性が高いのか、すげえ伸びてるの。まあ、ジャンルによって違うんだろうけれど、紙から電子への塗り替わりはものすごいスピードで進んでる。

―― とはいえまだ紙の方が多いですよね。電子が紙を追い越すタイミングって、いつぐらいになると見てますか。

奥村:どやろ……?

岩井:10年20年はかからないでしょう。今はまさに移行期、変革期という感じです。

奥村:確かに、10年はかかんねえな、今の感じだと。

岩井:その試みの1つがまさに『コミックビーム100』なんですよ。


コミックビーム100 インタビュー 参考に見せてもらった、ビームコミックス3作品における紙と電子書籍の売上比率(タイトル名は内緒)。基本的にはまだまだ紙の方が優勢だが、少ないもので8〜24%、多いものだと42〜65%とかなり差があり、作品によっては既に電子書籍の方が優勢なものも出てきている(最新刊の比率が低めなのは締め日が紙よりも遅いため。作品Aは1巻電子版を安くしているため、他の作品よりも1巻の割合が高くなっている)


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  2. /nl/articles/2203/30/news142.jpg 花田虎上、5人の娘が集合した“親子6ショット” 「やっと揃った」「楽しい時間でした」
  3. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  4. /nl/articles/1905/20/news081.jpg アルピニスト・野口健の15歳娘が広告デビュー 山は「落ち着かせることができる場所」
  5. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  6. /nl/articles/2205/20/news009.jpg ワンコたちが大好きな泥の水たまりを発見! 止める声も無視してはしゃぐ姿に「とっても楽しそう」の声【米】
  7. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  8. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  9. /nl/articles/2205/19/news014.jpg おばあちゃんが新聞読むのを邪魔する柴犬、話しかけると…… 努力はするけど全然動かない姿に笑ってしまう
  10. /nl/articles/2205/17/news153.jpg 「いい旦那さん過ぎる」「こういうノリ大事」 アイスを食べたいとぼやく妻に夫が持ちかけたユニークな提案がステキ

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声