ニュース
» 2017年10月14日 19時00分 公開

あの「緊急事態宣言」から1年、コミックビームは生き残れたのか 編集長が語る、電子増刊『コミックビーム100』の狙い(2/4 ページ)

[池谷勇人, 大里ミチル,ねとらぼ]

“雑誌感”を出せる最小のロットが100ページ

―― ちょうど話題が出たところで、『コミックビーム100』についてお聞きします。これはどういういきさつで創刊することになったんですか。

岩井:これについては僕から説明します。すごく率直に言うと、若い世代のライフスタイルから、漫画雑誌を読むというのが消えはじめている。もう消えた、と言ってもいい。

―― 前回奥村さんと話した時も、電車内の光景がすごく変わったというのはおっしゃっていました。

岩井:僕らが学生だったころは、電車に乗ったらみんな漫画雑誌を読んでたんですよ。今はそんな人全然いないですからね。

奥村:いないなぁ。

岩井:そうした中で、それでも新しい漫画を世に問うていくとしたら、やはり電子で雑誌を立ち上げるしかないだろうと。


コミックビーム100 インタビュー

―― 今の流れではそうなりますよね。

岩井:で、どういう形でやったらいいか、社内で電子書籍を扱っている部署にリサーチをしたんです。それで1つ分かったのが、「電子だと広がらない」と。

―― 広がらない?

岩井:ブランディングができない。例えばある人気漫画が公開されて、Twitterで告知する。そうすると、リンクからその漫画には飛んでくれるんだけど、読み終わったらそこで九分九厘戻っちゃう。

―― ああ……それはニュースサイトも同じです。個別の記事は読んでもらえても、なかなか他の記事には飛んでもらえない。これはネットというか、ブラウザの特性なのかもしれません。

岩井:これは奥村の口癖ですけど、自分が目指していたのは『あしたのジョー』が載っていたころのマガジンなんだと。そのころのマガジンって、『あしたのジョー』や『巨人の星』も載っていれば、『天才バカボン』や谷岡ヤスジなんかも載っていて。それから巻頭カラーで大伴昌司(※)の特集があって、ヘタしたら表紙は横尾忠則(※)がデザインしていたり。なんでも雑多に入っているのが雑誌なんだから、そういう“雑多感”を大事にしていきたい、というのがコミックビームの考え方なんです。

※大伴昌司:SF研究科・編集者。60〜70年代にかけ、少年マガジンの“図解グラビア”企画を担当し一世を風靡した
※横尾忠則:グラフィックデザイナー・美術家。大伴昌司に抜てきされ、一時期少年マガジンの表紙デザインを手掛けた


―― ビームは確かになんでもありですね。

岩井:ただそうなると、電子ではやはり、われわれが考えるような“漫画雑誌的な展開”というのは難しいということになる。じゃあ今、雑誌的なものをデジタルのフィールドで定着させるにはどうしたらいいのか? それで出たのが、100ページくらいの雑誌だったらどうだろう、というものだったんです。

―― 100ページなら雑多感を出しつつ、1回で読み切ってくれるだろう、と。

岩井:例えば30ページ前後の漫画を3本載せて、間に4ページと8ページのショートを挟む。で、5本並べると100ページになるようにする。多分“雑誌感”を出せる最小のロットが100ページなんじゃないかと。

―― もう1つのポイントである「100円」についてはどのように決めたんですか?

岩井:これが正解かどうかは社内でもものすごく意見が割れました。やはりデジタルでは0円と1円の間にものすごい壁があって、そこを越えさせるのは本当に厳しいですよ、という意見ももちろんあって。

―― そこはあえて有料にこだわったわけですよね。

岩井:よく「1巻無料」ってあるじゃないですか。あれ、うちでもやってみたことがあったんですが、1巻が○万ダウンロードとか行って「すごいじゃん!」って思ったら、2巻は○冊しか売れなくて。

―― えええ! 桁2つくらい間違ってませんか、それ。

岩井:それくらい0円と1円の間には隔たりがあるんですよ。鈴木みそさん(※)も、「絶対0円はやめた方がいい。10円でも50円でも、とにかく1回お金を払った人間でないと、その先でお金は払ってくれない」って言ってらっしゃって。

※鈴木みそ:漫画家。個人の漫画家としていち早くKindleでのセルフパブリッシングに挑戦し、今や電子書籍の第一人者

―― 鈴木みそさんが言うと説得力ありますね。

岩井:だから、どっちかしか選べないんだとしたら、やはりお金をいただく方向で行こうと。読者にお金を払っていただいて、それで生きていくというのが、これまでわれわれが歩んできた道だったので。


コミックビーム100 インタビュー


何か創刊する時になって、人手や企画が足りなかったりするとみんな本気さんを頼るんですよ

―― 今回、編集長をフリー編集者の本気鈴さんが担当されています。ビーム内からではなく、外部から編集長を呼んだのにはどういう狙いがあったんでしょう。

岩井:まず1つは、ウチのスタッフが作ると結局同じモノになるんじゃないかなと。

―― シンプルですね(笑)。

岩井:それならいっそ、1人の人間に任せちゃうのはどうだろうって。それでパッと浮かんだのが本気鈴さん。本気さんなら昔からビームを読んでくれていて、ビームのスピリットも分かってる。そしてなおかつ、今ビームに載っているラインアップとは違うものをやってくれるんじゃないかと。

―― 本気さんはどんなふうに誘われたんですか?

本気:ある日岩井さんから「ちょっとお話が……」って言われて、来てみたら「雑誌をやってみませんか」「全部任せますから」って言うんですよ。「えっ?」って。


コミックビーム100 インタビュー

―― それは……けっこうビックリしませんでしたか。

本気:ビックリしましたよ。「やらせていただきます」とは言ったけど、なくなるんじゃないかって思っていました(笑)。

―― 岩井さんや奥村さんと知り合ったのはどういう経緯だったんですか。

本気:もともと由木デザインっていう編集プロダクションにいたんですが、そこから月刊少年ジャンプに出向で行ったのが漫画作りとしては最初です。そこで仕事をしているうちに麻宮騎亜さんと知り合って、『快傑蒸気探偵団』という漫画をはじめて。それが1994年くらいです。

―― 『快傑蒸気探偵団』! 懐かしいです。アニメにもなりましたね。


コミックビーム100 インタビュー 麻宮騎亜『快傑蒸気探偵団』(集英社マンガネットより)

本気:それから『快傑蒸気探偵団』がウルトラジャンプに移って、ちょうどいいから自分も一度、月刊ジャンプを離れて、ウルトラジャンプの方でも担当をさせてもらおうかなって。その時にフリーになって、それからあっちこっちから「うちでもやってもらえないか」って依頼がちょくちょく来るようになったんですよ。

―― 最初は集英社系のお仕事が多かったんですね。

本気:それから週刊プレイボーイで『キン肉マンII世』を担当したり、別冊少女コミックの方も見てくれってことで吉田秋生さんの『YASHAー夜叉ー』を担当したり(※)、週刊少年ジャンプの椛島(良介)さん(※)がMANGAオールマンを立ち上げた時にも手伝ったり……。

※吉田秋生さんとのタッグはその後も続き、2013年には『海街diary』でマンガ大賞を受賞
※椛島良介:『ジョジョの奇妙な冒険』の初代担当として有名。他にも『魁!男塾』などを手掛け、80年代ジャンプを支えた名編集者の1人として知られる

―― ジャンルがものすごく広いですね。

本気:そうなんですよ。そのころは8本くらい連載担当を抱えていました。

岩井:聞いてるだけで気が狂いそうになりますね。

―― このころはまだ岩井さんや奥村さんとは会っていない?

本気:もうちょい先です。宝島社のスピードコミックっていう雑誌でも仕事をしていたことがあったんですが、その後スピードコミックの休刊が決まって、そこで連載していた『風奔る』っていう漫画の続きをやらせてほしい――ってヤングチャンピオンの沢(考史)さん(※)が連絡してきたんですよ。

※沢考史:週刊少年チャンピオン9代目編集長。代表作に『ドカベン』『グラップラー刃牙』など

―― 秋田書店につながりましたね(※)。

※奥村さん、岩井さんはもともと秋田書店出身

本気:と言っても『風奔る』は僕が担当していたわけではなくて、実際に仕事でお付き合いするようになったのは、沢さんがチャンピオンREDを立ち上げるときに「手伝ってほしい」って呼んでくれたのが最初です。そのときに立ち上げたのが、麻宮騎亜さんの『JUNK -RECORD OF THE LAST HERO-』と、清水栄一さん・下口智裕さんの『鉄のラインバレル』。で、聞いたら沢さんと岩井さんが同期だと。

―― おお、やっと出てきた!

本気:で、僕は昔から奥村さんのファンだったので、「奥村さんに会わせてくださいよ」ってずっと言ってたんです。それでようやくお会いすることができて……。

岩井:一晩ずっとバカ話してたよね。

本気:完全に浮かれてましたね(笑)。漫画編集者大好きなんですよ。それからビームのお仕事もいただくようになって、という感じです。

奥村:縁だよなぁ。

―― 奥村さんファンというのは、どういうきっかけでなるものなんですかね(笑)。

本気:いやもう、桜玉吉さんの漫画が大好きで。強烈なキャラクターじゃないですか。漫画の企画のためにバンジージャンプしたり。


コミックビーム100 インタビュー 防衛漫玉日記1巻「無限へのパスポート」の回。なぜか突然バンジージャンプの誘惑にかられた桜玉吉が、O村やヒロポンを巻き込み「麻雀で負けた者が跳ぶ」と言い出す

奥村:あらぁマジだからなあ。

本気:あと生徒と偽って漫画学校に潜入したり。あれはやられたって思いました。


コミックビーム100 インタビュー 防衛漫玉日記2巻「使命の十字架」の回。桜玉吉、O村、ヒロポンの3人が素性を隠し、代々木アニメーション学院コミック科に入学するという企画

―― あれは最高の企画でした。

奥村:あれもマジです。

岩井:今回の『コミックビーム100』もそうですけど、オールマンとかREDとか、何か創刊する時になって、人手や企画が足りなかったりするとみんな本気さんを頼るんですよ。そうやってこの四半世紀、実はマンガ業界のすっごい広いところで下支えをしてくれている人なんです。

本気:なんか業界ゴロみたいな怪しいやつですね(笑)。

岩井:でも一方で、マンガ大賞を取った吉田秋生さんの『海街diary』とかも起こされたりしていて。吉田さんは表に出ない人なので、本気さんが代わりに受け取ったんですよね。


コミックビーム100 インタビュー 吉田秋生「海街diary 1 蝉時雨のやむ頃」(Amazon.co.jpよりより)

本気:あのときは自分の担当作品が大賞取ったのもうれしかったけど、奥村さんと同じ壇上に立てたぞ! っていうのがうれしかった。

岩井:奥村さんも『テルマエ・ロマエ』が大賞取ったときに、ヤマザキマリさんの代わりに受け取ったんですよね。

本気:そういうところに感激しちゃうんですよ。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」