ニュース
» 2017年10月24日 16時58分 公開

NECが「飲める文庫」を開発ってどういうこと!? AIが名作文学の読後感を分析しコーヒーの味わいで表現

「悲しい結末」は「苦み」、「充実感」は「飲みごたえ」にと、文学の読後感を味の要素に置き換えてコーヒー豆をブレンド。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NECがコーヒー豆専門店のやなか珈琲と共同で、ブレンドコーヒー「飲める文庫」を開発しました。AIを活用して名作文学の読後感を分析し、コーヒーの味わいとして表現したとのこと。口当たりが滑らかで苦味の豊かな『人間失格』コーヒーなど、6種類を各950円(税込)で、10月27日から11月30日まで期間限定販売します。


ビーン 文豪の6作品をコーヒー豆で表現

ドリップバック 11月8日〜30日には、6種類を飲み比べできるドリップバックセットも販売(税込2340円)

文庫文庫 ドリップバックは、開くと中からコーヒーが。本当に文庫感覚

 開発に際しては、NECのデータサイエンティストが文学作品に関する1万件以上のレビューを集計。例えばレビューに「悲しい結末だった」とあれば「苦味」に、「読むのに時間がかかったが十分楽しめた」とあれば「飲みごたえ」にと、読後感をコーヒーの味覚指標へ変換して、学習データを作成します。


システム 開発の流れ

味覚指標 読後感を5種類に大別し味覚指標へ変換

 データはディープラーニング技術を搭載したソフト「NEC Advanced Analytics - RAPID機械学習」に投入し、分析モデルを作成して各文学作品のレビューを分析。こうして作った味覚指標を表すレーダーチャートをもとに、やなか珈琲が豆をブレンドしています。

 モチーフは島崎藤村作『若菜集』、太宰治作『人間失格』、夏目漱石作『三四郎』『こころ』『吾輩は猫である』、森鴎外作『舞姫』の6作品。淡い恋を描いた『三四郎』は甘く、愛憎を描いた『こころ』は苦く、原作のイメージがうかがえます。


若菜集 藤村の詩を爽やかな酸味とクリアな味わいで表現した『若菜集』

人間失格 『人間失格』で淡々と語られる人間の弱さを、滑らかな口当たりと豊かな苦味で表現

こころ 苦々しい人間のエゴを濃厚に表現した『こころ』

三四郎 『三四郎』の恋物語を、甘酸っぱいフレーバーで

吾輩は猫である 『吾輩は猫である』における風刺的でユーモラスな語りをほろ苦さと甘味、キレのある後味で再現

舞姫 『舞姫』のロマンスをソフトな甘味で

 取り扱い店舗は、やなか珈琲店の秋葉原CHABARA店、アトレ亀戸店、コレド室町店、ルミネ北千住店、ルミネ立川店、エキュート赤羽店、アリオ西新井店、トレインチ自由が丘店、中野マルイ店。公式の通販サイトでも販売されます。


(沓澤真二)


関連キーワード

コーヒー | 文学 | NEC(日本電気)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  2. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  3. /nl/articles/2201/14/news013.jpg 風呂場にうっかり入ってしまった猫兄弟 「二度と入らぬ」と誓う表情に「また入るでしょうw」の声
  4. /nl/articles/2201/13/news164.jpg 藤本美貴、夫・庄司智春のランドローバーを勝手に受け取る暴挙 器が試されるドッキリ企画に「普通の夫婦だったら喧嘩」の声
  5. /nl/articles/2201/14/news162.jpg ダルビッシュ聖子、3年ぶりの家族旅行でディズニーランド初訪問 わずか数時間後の夫婦ショットで「私も主人もヘトヘト」
  6. /nl/articles/2201/15/news048.jpg 高木ブー、高校時代の“スリム姿”に驚きの声 70年前の貴重ショットに「好青年でステキ」「デートしてほしい」
  7. /nl/articles/2201/15/news040.jpg 「めちゃくちゃ欲しい」「言い値で買わせて」 記号を合わせて解錠する“顔文字南京錠”爆誕にネット沸く
  8. /nl/articles/2201/13/news105.jpg 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  9. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  10. /nl/articles/2201/15/news045.jpg 元なでしこ永里優季、シカゴ在住の男性とゴールイン報告 “婚約指輪&プロポーズ”写真が幸せいっぱい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」