インタビュー
» 2017年11月04日 11時00分 公開

ついやってしまう「プチプチつぶし」、始まったのは1970年代? 老舗メーカーに聞いた気泡緩衝材“プチプチ”の歴史(1/2 ページ)

10年前、夢中になった「∞プチプチ」誕生の秘密も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 お菓子の缶や配送物などに入っていて、気泡を指でつぶすと「プチッ」と気持ちいい音が鳴るアレ。正しい名称をご存じですか?


画像 これ、なんて呼んでます?

 一般名称は「気泡緩衝材」。俗称だと思いながら「プチプチ」と呼んでいる人も多いかもしれませんが、これは川上産業というメーカーの登録商標です。

 実は、プチプチには少し不思議な歴史が。原形となった製品は、プールカバーや壁紙などに使われたといわれています。緩衝材として世間に広まったら、今度はちょっとした遊び道具として親しまれるようになり、2000年代にはついに本物のおもちゃになってしまいました。

 今回は「4トントラックの衝撃にも耐える」「機能別に十数種類ある」「チリの鉱山落盤事故で活躍した」など、さまざまな逸話を持つプチプチについて、取材してみました。


画像 川上産業Webサイト

プチプチの耐荷重は、4トントラックが載っても問題ないレベル

 プチプチが力を発揮するのは、運搬中で衝撃が発生しやすい箱の中など。他の製品を保護する“裏方”的な側面があり、意外と知らない点も多いはず。そこで業界の最初期を知り、国内50%以上のシェアを持つ大手メーカー・川上産業に「プチプチとは何ぞや」と基本的なところから伺ってみました。

―― そもそもプチプチの特徴って何ですか?

 大きな特徴は、やはり空気の力を有効活用しているところですね。指で簡単に気泡がつぶせてしまうので、イメージが湧きにくいかもしれませんが、広い面積で受ける荷重には非常に強いんです。

 以前、「弊社のプチプチに鉄板を載せて、その上をトラックに通過させる」という実験を行ったところ、4トントラックにも耐えるという結果が出ました。

―― あんなに軽くてペラペラなのに、めちゃめちゃ強いですね。

 ええ。空気を使っているので軽くて持ち運びやすいという点も、プチプチなどの「くうきシート」の強みです。

 それから、シート上に小さな気泡がたくさん並んだ形状をしていますよね。これには、それぞれの気泡を独立させることで、耐久性を高める意味合いがあります。一部が破損して空気が漏れてしまっても、全体としての緩衝能力を維持することができるんです。

―― 軽量、高耐荷重、高耐久の三拍子というわけですか。プチプチがよく使われている理由が、分かったような気がします。


画像 川上産業の商品紹介によれば、さらに高加工性、防水性、耐薬品性……とさまざまな効果が(Webサイト)。あと、暇つぶしにも使えると明記

―― 川上産業さんのカタログを拝見したんですが、プチプチっていろいろな種類があったんですね。見た目が似ているので、てっきり1種類しか無いものかと……。

 そうですね、耐衝撃プラスアルファの機能を持つプチプチも製造しています。例えば、PCパーツなどの包装にピンク色のプチプチが使われることがあると思います。これは静電気対策をした「静防プチ」というタイプですね。保温・保冷効果がある「アルミプチ」も身近なところで使われている製品の1つで、保冷バッグなどに利用されています。

 反対に、目にする機会が少なそうなところだと、ビニールハウスに内張りする「エコポカプチ」、断熱性の機能を有した「建材アルミプチ」というものもあります。


画像画像 左:静防プチ、右:アルミプチ


画像画像 左:エコポカプチ、右:建材アルミプチ

―― 全部合わせると、何種類あるんですか?

 えーと、難しい質問ですね。先ほどのように機能付加したものは約15種なのですが、それぞれに気泡部分の大きさ、耐久性などが異なるバージョンがあります。「種類×気泡の大きさ×耐久性」の組み合わせでいくと、何千種類になるのかなあ、という感じです。

 もっというと、お客さまの要望に応じて新しいプチプチを開発したり、保護する製品に合わせてカットしたりすることも。そこまで加味すると……一体何種類になるんでしょうね。

―― 今回のところは「プチプチの種類は、数えきれないくらい多い」ということにしておきますか。


画像 カタログを見ると、通常のプチプチだけでも16種掲載。よく見てるはずなのに、気付かなかった……

日本人が「プチプチつぶし」を始めたのは1970年代……?

―― 川上産業は1968年創業とのことですが、そのころから「プチプチ」という商品名だったんですか?

 「プチプチ」にしたのは、1994年。広く使われるようになってから、数十年たったころです。最先端の製品だった創業時は、「エア・バッグ」という商品名を使っていました。

 そもそもプチプチの原形ができたのは、1960年代のアメリカ。初めは落ち葉をよけるプールカバー、壁紙などに使われており、その後、コンピュータの包装などに利用されるようになったといわれています。

 当社を創業した故・川上聰は1963年に、海外の技術情報の中でその存在を知り、将来性を予見して独自に機械の開発を始めました。その後、1967年に、川上産業独自の製造法により「くうきシート」を完成させ、「エア・バッグ」という商品名で発売しました。

 まだ製品の存在が世の中に知られておらず、展示会に出展しても「何ですかこれ?」と聞かれるような状況でした。

―― そこから商品名を変えたきっかけは?

 2代目社長・川上肇がユニークな感性の人物でして、「プチプチ」と名付けました。それで、1994年に商標登録して、商品名に使うことになりました。

動画が取得できませんでした
プチプチと名付けた川上肇さんは1分37秒ごろから。ちなみに、趣味はデスメタルだそうです

―― 当時の社内の反応はどうでした?

 営業会議などで抵抗があったそうです。

―― え、どうしてですか? かわいくて、いい名前じゃないですか。

 弊社はB to B(企業間取引)がメインなので、「カッチリした感じで仕事相手に接したい」「かわいい名前を口にするのは恥ずかしい」という思いがあったようです。また、時代的な事情もあったのでは。90年代は、男性がかわいいものに接することへの抵抗感が、今よりも強かったようですよね。

 しかし、いざ「プチプチ」に切り替えてみたら、みなさんすぐに慣れ、意外とすんなり受け入れられたそうです。

―― 90年代には使われるようになっていた「プチプチ」という俗称。たぶん、気泡をつぶしたときに「プチッ」と鳴ることに由来する呼び方ですよね。プチプチつぶしは、いつから楽しまれるようになったのでしょうか?

 50歳代の人から「小さいころに、プチプチつぶしをしていた」という話が出ることがあって、そこから「70年代には子どもの遊びとして広まっていた」という仮説が出せると思います。

 弊社が誕生したのは60年代後半。最初のうちはお菓子の缶などに「エア・バッグ」を使ってもらっていて、子どもの目につきやすい場所にありました。そこから「お菓子の缶に入ってたやつ、名前は分からないけど“プチプチ”すると楽しいぞ」と、自然発生的に「プチプチ」と呼ばれるようになったのでは。

―― なるほど。プチプチつぶしには、ついやりたくなってしまうような楽しさがありますが、昔の子どもたちも同じだったのかなあ……。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい