ニュース
» 2017年11月10日 13時16分 公開

シャープが開発した蓄冷材料が「便利すぎる」とコメント殺到 好きな温度で解けてくれる「不思議な氷」

解ける温度を-24〜28℃まで調整して、対象物を適温にキープ。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 シャープが開発した、解ける温度を-24〜28℃まで自由に変えられる「不思議な氷」。同社公式Twitterアカウントが「すごいんだけど、何に使うかがネック」とツイートしています。いったいどうして悩んでいるんです?


シャープの「不思議な氷」こと「蓄冷材料」

 「不思議な氷」と呼ばれているのは、シャープの社内ベンチャー「TEKION LAB」が手掛ける「蓄冷材料」。ベースの原料に水を使用しており、解ける際に周囲の熱を吸収するという点は、普通の氷と同様です。しかし、材料の配合を変えることで、解ける温度を-24〜28℃まで調整することができます。

 この特性により、同製品は単にものを冷やすのではなく、特定の温度を維持するために利用することが可能。2014年には、停電が多い地域のあるインドネシア向け冷蔵庫に実用化されました。電気の供給が止まり庫内の温度が上昇すると、10℃で融解して電力が回復するまで温度をキープしてくれる仕組みです。


シャープの「不思議な氷」こと「蓄冷材料」

 シャープ公式Twitterアカウントは先日、この「不思議な氷」について「すごいんだけど、何に使うかがネック」とツイートしました。すると、用途を提案するリプライが殺到。熱中症予防やスマホのクーリング、水槽の温度管理、さらにはバイオ実験、医薬品の保存など、さまざまな方面で役立ちそうだという声が現れました。広く実用化されたら、めっちゃ便利そうじゃないですかこれ!

 こんなに使えそうなのに、どうしてシャープは用途に困っているかのような投稿をしたのでしょうか。同社に話を伺ったところ、「不思議な氷」のメリットは、これまで冷やすか、温めるかしかできなかった状況に、「適温にする」という選択肢が作れる点。2017年3月には、同製品を保冷バックに利用した「-2℃で味わえる日本酒」がクラウドファンディングに登場し、目標金額の約18倍もの出資を獲得しています(関連記事)。

 現在は、飲食業界を中心に問い合わせが多数寄せられており、「不思議な氷」には「潜在ニーズと可能性がたくさんあると思います」とのこと。せっかく開発したのに用途が思いつかないのではなく、実用化の道が多すぎるといううれしい悩みを抱えていたようです。


シャープの「不思議な氷」こと「蓄冷材料」 「不思議な氷」で氷点下をキープしながら飲む「冬単衣」。目標金額の1869%もの出資が集まりました(Webサイトより)


シャープの「不思議な氷」こと「蓄冷材料」 執筆時点でクラウドファンディングが行われている「茶饗-SAKYO-」。こちらはお茶を氷点下にキープ(Webサイトより)

 今後は、さまざまな業界での市場拡大を目指し、より身近な製品にしていきたいとのこと。実験室から晩酌まで、幅広く活躍しそうな「蓄冷材料」。今はまだ「不思議な氷」という呼び名ですが、そのうち、あちらこちらで使われ、われわれの生活に浸透した「よくある氷」になるかもしれません。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン