コラム
» 2017年11月20日 17時43分 公開

2017年のインフル予防接種は「例年より痛い」「ここ数年で最悪の出来栄え」とボジョレー風評価が話題に 厚労省らに本当なのか聞いた

「ワクチンの種類が違う→痛みが強い」と考えられているようですが……。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 今年もやってきた、インフルエンザ予防接種の季節。ネット上では「今年の注射は例年よりも痛い」という情報が広まっています。気が重くなる話ではありますが、これは本当なのでしょうか。厚労省などに取材してみました。


画像

 先日、「(今年のインフルエンザワクチンは)今までで一番痛い」「2017年物はここ数年で最悪の出来栄え」とするツイートが現れ、ネット上で話題に。「ここ数年で一番出来が良い」「2009年と同等の出来」などのフレーズで知られる「ボジョレ・ヌーボー」のコピペになぞらえて、注射の痛みを表現したものと思われます。

 この投稿に「今回の痛さは半端ない」「たしかに注入が激痛でしたね」と共感の声が続出。原因として挙げられているのはワクチンの成分の違いで、痛みが出やすいものが使用されているのではないか、と考えられているようです。Twitter上では「例年よりも痛いのか……」などと怖がってしまう人も。


画像 Togetterにもまとめ記事が登場

 しかし、インフルエンザワクチンの種類によって、注射の痛さが変わることはあるのでしょうか。厚労省の予防接種室、大手製薬会社、日本ワクチン産業協会に話を伺ったところ、いずれも「聞いたことがない」と回答。まったく耳にしたことがないうわさに、驚いているようでした。

 そもそも注射の痛さは体調や精神状態、打つ人の技量といったさまざまな要因で変化するもの。例えば、子どもに注射を打つ際、医師が雑談をするのには、緊張をほぐして痛みを感じにくくする効果があるといいます。また、痛みの感じ方自体も人によって異なり、「今年は痛い」と個人差、状況の違いを無視した説明は難しいようです。

 ちなみに、日本ワクチン産業協会によると「使用する注射針が変わったという情報はない」とのこと。だから、今年の痛さは例年通りのはず……と断言できるわけではありませんが、インフルエンザ予防接種を受ける方は、病気でもっと大変な思いをしないために必要なこと、と割り切った方が良さそうです。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」