“物理キーでフリック入力”できる スマホ世代のための「物理フリックキーボード」キット発売

フリック入力の方が得意な人歓喜!

» 2017年11月26日 16時34分 公開
[宮原れいねとらぼ]

 スマホで多くの人が使っているフリック入力を物理的なキーで可能にする「物理フリックキーボード」を個人が製作し、オンラインショップ「スイッチサイエンス」で電子工作キットが発売されています。これは一度触ってみたい……!



 製作したのはTwitterユーザーのじゅにゃ(@junya28nya)さん。スマホでよく誤入力をするため物理的なボタンが欲しいと思い作ったという「物理フリックキーボード」は、いつも画面内で使ってるのと近い感じの手の平サイズ。デモ動画では、1つ1つが物理キーとなった「あ」〜「わ」のボタンを実際に左右上下にフリック(または押下)して文章を入力するのが確認できます。もちろん周囲には見慣れた位置にバックスペースキーやスペースキーも。

 物理キーボードならではのカチカチという音が気持ちよく、キーがそれぞれほどよく離れているため誤入力することも減りそうです。このしっかり打っている感じとフリックの操作感がたまらない。


物理フリックキーボード キット 販売 製作 物理キーをフリックして入力!(画像提供:@junya28nyaさん)

 ツイートによると「スイッチ1つ1つをフリック」ではなく「基板ごとまとめてフリック」して小型化してるのがこのキーボードの特徴ということで、よく見ると1回のフリック入力で上部の基板全体が動いているのが分かります。発想が面白い!


物理フリックキーボード キット 販売 製作 カチカチと文字を打ち込んでるアナログ感がとても良い(画像提供:@junya28nyaさん)

 じゅにゃさんはこのアイデア自体は以前から考えていたものの当時は実現する技術がなく、実際に製作する前にGoogleが昨年のエイプリルフールネタとして開発した「Google 日本語入力物理フリックバージョン」(関連記事)で先を越されてしまったそうです。そのためボツも考えたそうですが、「需要は高そうなのに一向に誰も製品化しないので自分がやってしまおう」と製作するに至ったとのこと。

 ちなみに、Googleのネタ発表があった際にふてくされながらもいろいろ調べてみると、同様のアイデアを考えている人がいるのが分かったそうで、「結局、普通の人が思いつくたいていのアイデアはそれなりに思いついている人はたくさんいて、技術力を持って具現化したもん勝ちなのかなと思っています」とじゅにゃさん。先に出されたことは悔しかったものの、エイプリルフールネタをリスペクトしつつ、今は「Googleの人と同じ思考回路なんだなとポジティブに考えています笑」と話してくれました。


物理フリックキーボード キット 販売 製作 顔文字も左下のボタンから入力しています(画像提供:@junya28nyaさん)

 製作期間は、試作品の完成までが約半年。そして量産のための試行錯誤でさらに半年ほどかかったそうで、試作品を作るまでにはプログラミング以外の「マイコンや3Dプリンタ、レーザーカッターの使い方、基板の設計等、ゼロから覚えながら作りました」と、開発の道のりは長かったようです。

 発売日の11月24日に初回分として14個納品したそうですが、やはり需要は高かったようです。はんだづけが必要な組み立て式という一般的にはちょっとハードルが高いアイテムであるものの、発売から約2日間で既に残り6個まで売れる人気となっています。価格は8980円 。細かい仕様や組立方法については販売ページで確認できます。

 なお改良したい点について聞くと、「プログラムに使っているライブラリの都合上、半角/全角の切り替えができないので、そこの改良をしてアルファベット入力と、かな入力とを切り替えて使用できるようにしたい」とのこと。また個人ではなかなか大変な部分ですが「見栄えの良い筐体を開発したい」としています。



 Twitterでは「フリックキーボード世代には使いやすい」といった声が上がり、「すごい」「欲しい」と話題に。パソコンでもフリック入力をしたいという需要が想像以上にあることを感じたというじゅにゃさんは「完全な製品化に向けて動いてみたいなと妄想している」としていて、将来的には「家電量販店のキーボード売り場の一角に物理フリックが置いてあったらいいなと……笑」思いを語ってくれました。






Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/12/news077.jpg フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  2. /nl/articles/2406/12/news126.jpg 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  3. /nl/articles/2406/12/news029.jpg 「1匹いたら100匹いる」「発生しなかったら奇跡」 ビオトープに侵入し崩壊させる“ヤバイ奴”の駆除方法に反響
  4. /nl/articles/2406/12/news013.jpg 「めちゃくちゃ怖い」 3LDKの一軒家→外に出ると…… まさかの危険すぎる設備に「どうやって運ぶの?」
  5. /nl/articles/2406/11/news026.jpg 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  6. /nl/articles/2406/12/news024.jpg パパが1歳娘を寝かしつけ開始、途中で様子を見てみると…… 驚きの展開への娘の反応に「可愛すぎて語彙力無くなる」「仲良し親子」
  7. /nl/articles/2406/12/news023.jpg 新婦入場をスマホで撮影する父、一番いいシーンでまさかの……? 大爆笑の展開に「歯磨き中に吹いてしまったw」「結末わかってたけど笑ったw」
  8. /nl/articles/2406/11/news023.jpg 食べた後のパイナップルのヘタを植える→3年後…… 驚きの姿に「凄すぎます」「家庭菜園レベチ」と138万表示
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/12/news116.jpg ヒロミ、“6000万円超の超高級外車”に乗る→即ロックオンされてしまう “営業トーク”の嵐には「ポラリス10台分か」「乗る男になったらすげぇな」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」