ニュース
» 2017年12月04日 18時30分 公開

京王線の新型車両「5000系」の期待が盛り上がり ふかふかシートでWi-Fi無料「座って帰れる座席指定列車」2018年春導入 (2/2)

[岩城俊介,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

京王線新型車両「5000系」フォトギャラリー

photo 京王線5000系
photo 先頭車両は、傾斜化したスマートな車体に
photo スカートは、京王レッドで塗られ、丸みを帯びた立体的な形状
photo 外板は、スレンレス板をレーザー溶接でつないだ「sustina」(総合車両製作所で製造される軽量化構造ステンレスの商標)構体で、つぎはぎのない滑らかな車体を実現
photo 行き先表時器はフルカラーLED
photo
photo 同社初の「車上蓄電池システム」を搭載。ブレーキ時の回生エネルギーを蓄電池に貯め、発車時の電力や停電時の自走に使います
photo 前照灯もLED化されました
photo 通常運行時はロングシート型
photo 座席指定車では2列ずつシートが回転し……
photo クロスシート型に変化する
photo 3人掛け席は横向きで固定ですが、座席幅が既存車両の450ミリから505ミリに広げてあり、ヘッドレストとひじ掛けも備わります
photo 座席デザインは「高尾山」をイメージしたブラウンと、「繊維の街・八王子」の絹糸をモチーフにしたデザインを採用
photo
photo 袖仕切り板と妻引戸に大型ガラスを採用し、開放感を演出
photo ドア上と天井部に「車両ビジョン」が1両当たり28面備わる
photo 全車両に「nanoe」搭載空気清浄機が設置されます
photo アナウンスやメロディを聞き取り安くする「高音質+ステレオの放送装置」を搭載
photo 全車両に車いす/ベビーカースペースを設置。腰当ても備わります
photo 「春から座ってカエル。」とPR
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.