コラム
» 2017年12月14日 11時00分 公開

【マンガで雑学】お好み焼きは、千利休の茶菓子から生まれた

なぜ茶の湯から、お好み焼きに?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

お好み焼きは、千利休の茶菓子から生まれた



解説

 お好み焼きのルーツといわれているのは、歴史の教科書でもおなじみの茶人、千利休。もちろん、客の前でジュージュー焼いて、茶室内には抹茶とこげたソースのおいしそうな香りが充満していた……というわけではありません。利休が茶会で振る舞っていたのは、水で溶いた小麦粉を薄く焼いた生地に、みそなどを塗った「麩(ふ)の焼き」という茶菓子。ここから時代をへて具材や作り方が変わったものが、お好み焼きだとされています。

 お菓子から主食へと食べ方が変化した大きなきっかけは、戦後の食糧不足。当時の駄菓子屋には、小麦粉の生地にソースをかけて食べる「一銭洋食」というメニューがありましたが、空腹を満たすために、その生地にかさ増し用のキャベツを混ぜたものが作られるようになりました。また、ボリュームアップのために中華麺を入れる地域も存在。ここから「一銭“洋食”から発展した“広島”独自の食べ物で、中には“中華”麺」という、よく考えると不思議なメニュー「広島風お好み焼き」が成立したとか。

参考


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声