ニュース
» 2018年01月24日 10時00分 公開

現在の自動車安全装置は完全自動運転じゃない 国民生活センターが注意喚起

所有者の2割弱が理解していない。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 最近の自動車には、衝突しそうなら勝手に止まる、車線からはみでないように勝手にハンドル操作してくれる、車間距離を勝手に調整してくれるなどの、新しい安全機能がついているイメージはないでしょうか。国民生活センターは、先進安全自動車のこのような機能を過信していると、事故につながる危険性があると注意を呼びかけています。

報道発表資料イメージ 先進安全自動車に関する報道発表資料(国民生活センターより)

所有者の2割が「想定外の出来事」を経験

 国民生活センターが行ったアンケート調査によれば、先進安全自動車を所有している人の24.5%が想定外の出来事を経験していました。

 特に多かったのは「急に加速した」「急に減速した」など速度制御系のトラブルでした。

経験の有無を示すグラフ 想定外の出来事を経験したことがあるか

内容をあらわすグラフ 想定外の出来事の内容

 また、アンケート回答者2000人のうち122人が想定外の出来事により「他社や構造物等に接触」「車体が傷ついた」など、損害を経験していました。

損害についてのグラフ 想定外の出来事による損害について

衝突被害軽減ブレーキとは

 安全機能の1つである衝突被害軽減ブレーキは、自動車周囲の障害物(先行車や歩行者等)を検知し、衝突のおそれがあれば警告音や警告灯でドライバーに注意を促し、それでもブレーキ操作がなく、システムが衝突は避けられないと判断すれば自動的にブレーキが作動する装置のことです。

実験時の写真 国民生活センターによる実験 障害物の手前で停止している

 そもそも、この機能の目的は「衝突事故を防ぐ」のではなく、「衝突したときの被害を軽減する」ための装置。あらゆる状況での事故を防ぐ装置ではありません。人や自転車の急な飛び出しでは作動しないなど、機能には限界があります。

注意表示の例 衝突被害軽減ブレーキの注意表示例

メーカーは啓発しているが、所有者の2割弱は理解していない

 国内自動車メーカーへのアンケートでは8社全てが、衝突被害軽減ブレーキへの注意事項として

  • 天候によっては作動しないことがある
  • 路面、道路状況によっては作動しないことがある
  • 速度によっては作動しないことがある
  • あらゆる状況での衝突を回避するものではない
  • ドライバーの操作状態によっては作動しないことがある
  • 障害物の形状、材質によっては作動しないことがある
  • 機能には限界があり、過信せず安全運転を行う必要がある

 を挙げました。このような注意事項は、販売カタログ・取扱説明書・広告に記載するなど周知のための努力はしているそうです。

 しかし一方で、所有者アンケートによれば、所有者のうち2割弱が「現在実用化されている先進安全装置は、完全な自動運転ではなく、ドライバーは機能を過信せずに安全運転をする必要があることを理解しているか?」という設問に「理解していない」と回答しています。

理解度を示すグラフ 「聞いたことはあるが理解していない」「理解していない」合計で17%

 機能の呼び方が、各社バラバラなため分かりにくいことも国民生活センターは指摘しています。

会社名 衝突被害軽減ブレーキの各社の名称
スズキ 衝突被害軽減システム
SUBARU プリクラッシュブレーキ(前進時)/後退時自動ブレーキシステム
ダイハツ工業 スマ−トアシストI、II、III
トヨタ自動車 Toyota Safety Sense P(プリクラッシュセーフティシステム)
日産自動車 インテリジェントエマージェンシーブレーキ
本田技研工業 CMBS(衝突被害軽減ブレーキ)、CTBA(低速域衝突被害軽減ブレーキ)
マツダ アドバンストSCBS(アドバンストスマートシティブレーキサポート)
三菱自動車工業 衝突被害軽減ブレーキシステム

 全国の消費生活センターにも「衝突被害軽減ブレーキ付き新車を購入したが、追突事故を起こした。機能が作動しないことがあると知らなかった(30代 男性)」という相談が寄せられています。

 国民生活センターは「衝突被害軽減ブレーキはあらゆる状況での衝突を防ぐ装置ではありません。先進安全自動車を運転する際は、機能を過信せず、安全運転を心掛けましょう」と呼びかけています。

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」