ニュース
» 2018年02月03日 12時00分 公開

あの「進研ゼミマンガ」はどうやって作られているのか? 「女子向けは精神年齢高めに」「語り継がれる伝説の名作がある」など秘密を聞いた(3/4 ページ)

[辰井裕紀,ねとらぼ]

――女子だとテニス部が王道ですか?

 テニスと吹奏楽が多いです。実際にやっている人数もそのあたりがトップですので。


進研ゼミのマンガ 卓球部員が主役の珍しい例

――部活では、最後に成功して「やったー!」という展開になりますよね。手芸部などの成功したところが、浮かばないんですが……。

 そこは考えるんですよ。将棋部だったら「王手!」とか。天体観測部だったら、めちゃくちゃキレイな星座がこうパーッと広がる感じとか。手芸部だったら、すごくすてきなぬいぐるみが出来上がるとか……地味かもしれませんが(笑)。


進研ゼミのマンガ 文化部、しかも「将棋部」が活躍するレアシーン。必殺の「王手飛車」がさく裂!

進研ゼミのマンガ こちらも珍しい「演劇部」が登場する作品−−

何年も語り継がれる名作も

――その年頃のこどもの文化を理解するためにしていることは?

 最新の流行などを調べて研究しています。女子なら小学校高学年〜中学生ぐらいの子でもブログを書いていたりするので、それを読んだり、実際に会ったりして「最近はやりのアニメや、マンガは?」と聞いています。

――マンガはぜんぶ新作なんですか?

 時代背景なども変わるので「まったく同じもの」はないですが、良い作品は伝説のマンガとして、毎年必ず参考にしています。良いものは常に人の心を打つので。


「これ、ゼミで見た問題だ!」

――ネット上では「これ、ゼミで見た問題だ」って、ネタフレーズのような形で人気があって、昔見たものが出てくると「進研ゼミメソッド」みたいに言われたりもしますが、そういったセリフは実際多いですか?

 そうですね。たとえ似たように見える決めゼリフであっても、社員も毎回いろいろと表現や見せ方を工夫しています。


進研ゼミのマンガ 「これ、進研ゼミでやった問題だ!」

――最初に「0点」などではなく、「60〜70点」ぐらいの微妙に悔しい点数を取るのはなぜ?

 まずリアリティの追求ですね。あと、低すぎる点数を取ったら、「オレより下には下がいるから、大丈夫だ」と子どもが思ってしまい、マンガの目的である「やる気を上げる」効果がなくなってしまうので。それに成績が良い子どもの場合は「80点」でも悔しいので。いつも100点を取っていた子どもだと。


進研ゼミのマンガ 「リアルに悔しい点数」でリアリティを持たせる

――小学生ぐらいだと、わりと100点が普通だったりとかしますからね。

 そうですね、100点がベースなので、85点でも悔しくなると。


社員の「実体験」と「理想の青春」がマンガに反映

 ゼミのマンガには、大人が読んだときに、良い意味で青臭いとか、ちょっと青春チックなところがありますよね。実は作品には、担当者の実体験に基づいたものがあるんです。例えば……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」