ニュース
» 2018年01月31日 16時40分 公開

NetflixがProduction I.G、ボンズと包括的業務提携 アニメを共同制作、世界配信へ

どんな作品が生まれるか楽しみですね。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 動画配信サービス大手のNetflixは1月31日、アニメ製作会社Production I.G、ボンズとアニメ作品の包括的業務提携を結ぶと発表しました。

 具体的な作品名については未発表ですが、この提携によりI.GとボンズはそれぞれNetflixと共同でアニメ制作に取り組んでいくことに。また、I.Gの包括的業務提携の中にはI.Gのグループ会社であるWIT STUDIOも含まれるとのこと。

 両社はいずれも3月配信予定のNetflixオリジナル作品「B: The Beginning」(I.G)、「A.I.C.O. Incarnation」(ボンズ)を発表していました。

NetflixがProduction I.G、ボンズと包括的業務提携 アニメを共同制作、世界配信へNetflixがProduction I.G、ボンズと包括的業務提携 アニメを共同制作、世界配信へ 「B: The Beginning」((C)Kazuto Nakazawa / Production I.G)と「A.I.C.O. Incarnation」((C)BONES/Project A.I.C.O.)のキービジュアル
3月2日配信開始
3月9日配信開始

 Netflixは提携の利点について、Netflix側にとってはアニメラインアップの強化、制作会社側にとってはこれまで以上に多くの海外のアニメファンに作品を届けられる点を強調。Netflixの利用者、アニメの制作に従事するクリエーター、アニメプロダクションにとって「win-win-winの関係」がNetflix上で完結するとしています。

 Netflixはもともとオリジナルコンテンツへの投資に積極的であることで知られており、2018年度に費やされる予算は70〜80億ドル(約7900億円〜9000億円)を予定。オリジナルアニメシリーズ30作品、オリジナル映画80作品(いずれも国内外含めた作品数)が2018年度リリースに向けて準備中であることが明かされていました(関連記事)。


Production I.G 代表取締役社長 石川光久さんのコメント

日本発の高品質なコンテンツをNetflixを視聴する世界中の人々に届け、楽しんで頂くことができるのは、アニメに関わる制作者にとって非常に喜ばしいことです。言語問わず楽しんでいただけるようなコンテンツの制作に努めます。

ボンズ 代表取締役社長 南雅彦さんのコメント

世界中の視聴者に対して作品を発信できる今回の提携は、弊社のクリエーターにとって大きな意味があることだと感じています。今後Netflixと一緒に、国籍や年齢を問わず多くの人に感動を与え、末永く見続けてもらえる良い作品を制作していきたいと思います。

Netflix バイスプレジデント ロバート・ロイさんのコメント

日本のアニメは独自のビジュアルインパクトやストーリーの深さが世界中のアニメファンから定評があります。このたびI.G様およびbones様と提携させて頂くことで、アニメ作品のプロデュースから配信にまで携わらせて頂くことを大変嬉しく思います。Netflixが日本のアニメ文化の発展、また国や言語を超えるグローバルな配信に貢献できれば幸いです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」