ニュース
» 2018年02月03日 11時00分 公開

アニメの吹き替えは増えてる? ドイツの声優事情を探ってきた(1/2 ページ)

ドイツのアニメファンイベントで現地の声優さんを取材してきました。

[Kataho,ねとらぼ]

 ドイツのアニメファンイベントでは近年、ドイツ語吹き替え版を担当するドイツ人の声優がゲストとして呼ばれることが増えているようです。毎年秋に開催されるドイツの大型アニメファンイベントConnichi(コンニチ:参考記事)でドイツの声優事情について調べてきました。

ドイツ 声優 コンニチのトークイベントでファンからの質問に答える声優の2人。左が若手声優のパトリツィア・シュトラスブルガーさん、中央がベテラン声優のウッラ・ヴァーゲナーさん

ドイツの声優とは?

 ドイツの声優ってどんな人なんだろう? まずはトークイベントに勉強しに行ってみました。登場したのは若手声優のパトリツィア・シュトラスブルガーさん(以下パトリツィアさん)とテラン声優のウッラ・ヴァーゲナーさん(以下ウッラさん)、2人ともアニメのドイツ語版で声を当てています。

ドイツ 声優 ドイツのベテラン声優ウッラさん(左)と若手声優のパトリツィアさん

 パトリツィアさんは「セーラームーン・クリスタル」でちびうさを担当する他、「ワンピース」「終わりのセラフ」「ガールズ&パンツァー」に出演しました。声優になるきっかけは、17歳でラジオ番組に出演したこと。その後、ゲームの声優をしていたときにアニメ声優のオファーを受けました。ドラマCDや舞台役者としてのキャリアも5年あります。

 ウッラさんは、初代「セーラームーン」でプルートを担当したベテラン声優。「セーラームーン・クリスタル」では悪役の1人、コーアンを担当しました。プロの舞台役者になるための職業訓練を受けたのち、スタジオに所属して活動。現在はフリーで仕事をしています。

直撃インタビュー

ドイツ 声優

 まず、日本のアニメを字幕で見ることもあるという2人に、日本の声優についての印象を聞いてみました。

 パトリツィアさんは「日本の声優の演技はとても印象的だわ。特に叫ぶときは、本当に叫ぶ」ととても感心していました。一方のウッラさんは、「とても柔らかい声だと思う。ドイツとは求められている演技が違うのではないかしら」と演出の違いを指摘しました。2人とも同業者として日本の声優をとても尊敬しているそうです。

 続いて、ドイツの声優事情について聞いてみました。ドイツ語へのアニメの吹き替えは増えているのでしょうか?

 ウッラさんによると、増えている印象はあり、配信サービスの普及によるタイトル数の増加だけでなく、技術の進歩のおかげで吹き替え版が作りやすい状況になっているのではとその理由を推測。パトリツィアさんも「ファンが増えているから作品が増えるんじゃないかしら」と同様に増えていると感じています。

 ドイツの声優業界の規模について聞いたところ、ウッラさんによると「ミュンヘンだと声優は180人程度いるわ。ベルリンはどうかしらね。男性の声が不足してるわよ」とのこと。実は、ドイツの映像産業はケルンやハンブルクも盛んですが、声優の仕事に関してはミュンヘンとベルリンに集約されているそうです。

 業界の将来についても聞いてみたところ、「今はブームじゃないかしら、今後はどうなるかは分からないわ」と冷静に分析するウッラさん。パトリツィアさんも「このまま拡大していくといいわね」と意外と淡泊な答えでした。

ドイツ 声優 「セーラームーン・クリスタル」で共演したウッラさんとパトリツィアさん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」