インタビュー
» 2018年02月10日 12時00分 公開

錯覚を起こす人間の脳は「バカじゃない」 “意地悪な立体”を作り続ける錯視研究者・杉原教授が語る「目に見える物の不確かさ」(3/4 ページ)

[杉本吏,ねとらぼ]

 1つは、「直角に見えるけれど直角ではない角度」を使って作った立体ですね。脳って直角が大好きなんですよ。

 ある方向から見たときに、直角が組み合わさってできたように見える立体。でもそう見える角度というのは無限にあるので、実際には直角じゃないものを作ると、脳は簡単にだまされます。

――それはなぜなんでしょう? 例えば自然界には水平に地面があって垂直に木が生えているから……とか?

 なぜかは、実はよく分かっていません。心理学の先生に言わせると、現代社会は工業製品に囲まれていて直角が多いから、そういうところで暮らしているとそうなってしまうのかもしれない、とか。でも「かもしれない」に過ぎません。

 同じように、氷は水平に張るとか、物は垂直に落下するとか、自然界にも直角は存在しているから、もっと原始的な生活をしていても錯覚は起こるんだ、という人もいるし。

――理屈は分からないけれど、人間の脳が持つ特徴なんですね。

 あとは、やはり「対称性の高いもの」を認識しようとしますね。線対称だったり、回転対称だったり、鏡面対象だったり。僕の「透身立体」という作品の1つで、鏡に映すと一部が消えるというものがあるんですが。


鏡に映すと一部が消えてしまう「透身立体」

――えっ……なんですかこれ……?

 これ、正六角柱を横向きに立てた形に見えますけど、鏡に映すとこんな風になって、上半分が消えちゃう。……ように見えるんですけど、これを正六角柱だと思うこと自体が、対称性の好きな脳がそれを選んでしまう、ということで。

 これ実際にはどうなっているかというと、下半分は正六角形の下半分とそのまま同じ構造をしていて、でも上半分は平らな絵なんですよ。

――……? そう言われてもすぐには……?

 ではこの、立体を360度回転させた動画を見てみてください。

――あーっ! 分かりました! 上の部分が立体ではなく、単なる絵になっていると!

 そうなんです。で、その絵の部分はですね、反対側から見下ろすと、下と同じ形に見えちゃうんですよ。だから、上だった部分が下に見えて、本当の下の部分はその裏に隠れる。

 二次元の絵なのに立体に見えてしまうというのは、「直角が大好き」とか「対称性が大好き」とか、脳がそっちを優先するからですね。


手前の立体を時計回りに回転させていくと……

180度回転させたところで、「下に隠れていた部分」が出てきて「上」になる

さらにもう180度回転させると……

「上だった部分」が「下」に隠れて、消えてしまう


――これはもう……手品ですね。ちなみに、こういう錯視に「慣れ」というものはあるんですか?

 難しいんじゃないかなと。

――つまり、慣れられない?

 慣れるというのは、錯視が起こらないというか、脳がもともとの見え方を修正してしまうということですが、そんなことになったら普通に物を見たときに困るんじゃないかと。

――……確かに。こんなに意地悪な立体というのは、世の中にそんなにないですものね(笑)。

 そうですね。「錯視に引っかからなくなる」というのは、先ほど言われた、可能性の少ないものを早めにそぎ落として、“枝刈り”をするという機能が「なくなる」ということですから。

――むしろ「慣れてはいけない」ということですね。

 たとえ訓練しても錯覚は起き続けます。でも、「これはもしかして錯視なんじゃないか?」という、ある種の“錯視感”というようなものは、後から身に着けることができるかもしれません。

 というのも、奥行きに関する手掛かりっていろんなものがあるんですよ。特に照明が当たってるときの“陰影”なんかはウソをつきませんから。

 だからそういう部分が矛盾していると、敏感な人は気付きますね。石膏(せっこう)デッサンなんかをたくさんやっている美術系の学生さんだと、ある種のものを見せたときに「ここが変」とか気付きやすいと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」