インタビュー
» 2018年02月10日 12時00分 公開

錯覚を起こす人間の脳は「バカじゃない」 “意地悪な立体”を作り続ける錯視研究者・杉原教授が語る「目に見える物の不確かさ」(2/4 ページ)

[杉本吏,ねとらぼ]

「面白いけれど、何の役に立つ?」


――では不可能立体、人間の脳にとって意地悪な立体を、杉原先生はどのように作っているのでしょうか?

 僕の「絵から立体を認識する」という手法の基本にあるのは、「絵が1つ与えられたら、その絵と同じように見える元の立体は何か」というのを方程式を立てて解くということなんですね。

 先ほども言いましたが、絵には奥行きがないから、方程式は解があるとすれば無限個あります。その無限個の解の中には、人間が見て素直に思い浮かべるものもあれば、それ以外のものもある。そういうものを取りだしてきて実際に作ると、不可能に思える動きが錯覚で作れる、というわけです。

――完全に数学的な作り方をされているのですね。先生には『スウガクって、なんの役に立ちますか?』という著書もありますが、同じように「錯視の研究って面白いけど何の役に立つの?」と聞かれたときにはどう答えられていますか?

 まず、錯視というのは実際とは目の前が違うように見えてしまうことですから、事故などの原因になるんですね。だからない方がいい。錯視の仕組みを調べた上で、錯視ができるだけ起こらないように生活環境を整えれば、安全につながる。

 生活の中でも錯覚、錯視というのはけっこう起こるんですよ。例えば車を運転しているときに、「自分が走っている道が上りか、下りか」を逆に感じるということはけっこうあります。本当は上りなのに下りに見えてしまうと、アクセルを踏むタイミングが遅れますから、スピードが落ちますよね。それが原因で自然渋滞が発生することも分かっています。

 ゴールデンウィークのような混んでいるときに高速道路で起こる自然渋滞は、いつも同じ場所で起こるんですよ。錯覚の仕組みが分かれば、そういう道路環境をどんな風に整備すれば錯覚が減らせるかというのも分かるはずで、渋滞緩和につながります。

――なるほど。ちなみにその、上りと下りを勘違いしてしまうというのは、どういう状況で起こり得るのですか?

 まず1つは、周りに水平方向を知る手掛かりがないということですね。水面とか、都会だと大きなビルの窓の並びなどは、水平方向を知る手掛かりになります。一方、トンネルの中や森の中では、水平方向を知る手掛かりがない場合があります。

 そしてもう1つは、「ゆるい上り坂の向こうに急な上り坂」とか、その逆でもいいんですけれど、要は同じ上りだけど傾斜の違うものが2種類つながっていると、脳は「両方とも上り」だとは思いにくいらしくて、一方を明らかな上り、他方は逆に下りだろう、と思ってしまうようです。

――いわゆる“渋滞の名所”などは、そういう条件を満たしている場合が多いということですね。

 はい。錯覚というのは、単なる勘違いではなくて、どうしようもなく起こってしまう、脳が持っている基本的な性質ですから、理性で回避できないんですよ。そうすると、ここは渋滞がよく起こるから、といって文字で看板を出して、「上り坂注意」とか「減速注意」とか書いても効果は薄い。

 ドライバーにその意味が届くまでに時間がかかってしまって、それ以前に傾斜が逆向きに感じられるという部分に足が反応してしまう。だから、感覚に訴える、うまい環境整備をしないことには役に立たない。

――そういえば、道路に模様をつけてスピードを落とさせるとか、そういう工夫をしている場所もありますよね。

 ありますね。でも、スピードを落とさせるあれは、個人的には危険だと思っています。

――えっ、そうなのですか?

 基本は「なるべく錯覚が起こらない」、真実が伝わるような環境作りをすべきなんですけれど、道路のマーキングはその反対で、ドライバーをだますほうなんですよ。

――あっ……!

 安い予算で交通安全がはかれると言って導入されることもあるんですけれど、1回目は効果があるかもしれないけれど、一度慣れてしまえば効果は落ちます。例えば道路に突起を描いて、それが絵だったと知ったあとで、本当の突起の前に来たときに「あれはきっと絵だろう」と思って突っ込んでしまったら危ないですよね。ですから、「だまして安全」は確保できないでしょうと、僕は思っています。


脳は「○○と××」が大好き


――他にも、人間の脳がだまされやすい形や状況というのはありますか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」