ニュース
» 2018年02月12日 11時31分 公開

過激な「女の子を昇天させる」表現を問題視? 「ぎゃる☆がん2」ドイツにてレーティング審査拒否、発売不可に

ちょっとエッチな眼(ガン)シューティングゲーム。

[Taijiro Yamanaka,AUTOMATON]
AUTOMATON


ギャルがん

 インティ・クリエイツは2月8日、プレイステーション 4/ニンテンドースイッチ向けに来月発売予定の「ぎゃる☆がん2」について、ドイツにてレーティング審査拒否となったことを明らかにした。これにより、本作をドイツ国内で販売したり宣伝することが不可能になったとしている。「ぎゃる☆がん」シリーズは、超絶モテ男になってしまった主人公が、次々に言い寄ってくる女の子たちを眼力(フェロモンショット)で昇天させるという、ちょっとエッチな眼(ガン)シューティングゲームである。

 日本においてCERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)がレーティング審査をおこなっているのと同様に、ドイツでは公的機関USK(Unterhaltungssoftware Selbstkontrolle)が事前に審査をおこなったうえで、そのゲームの年齢区分を決定・付与している。今回の審査拒否というのはまったくの門前払いというわけではなく、ゲームの内容を見たうえで規定の年齢区分内に収まる表現ではない、あるいは禁止表現が含まれていると判断されたということだ。

 ドイツにはBPjM(Bundesprufstelle fur jugendgefahrdende Medien)と呼ばれる上位組織があり、青少年に対して有害なコンテンツを法に基づいてドイツ国内で発売禁止にする権限を持っているが、「ぎゃる☆がん2」は現時点ではここにはリストアップされていないため、店頭に並べず宣伝も一切しないとすれば販売できる可能性は存在する。ただし、コンソールゲームの販売においては基本的にレーティングの取得がソニーなどのプラットフォームホルダーから義務付けられているため、審査拒否はメーカーにとっては事実上の発売禁止措置である。

 「ぎゃる☆がん2」の海外販売元を務めるPQubeは、今回の件について海外メディアRice Digitalにコメントを寄せている。その中でPQubeは、「エンターテインメントやアートコンテンツに対して反感を覚えたり、異を唱えることについてはまったく構いません。しかし、そうした個人の意見や偏見によって、市場に流通させる権利を奪ってしまうことについては強く反対します」と、今回の決定について失望感を示している。「個人の意見や偏見」というのは、つまり正式に審査を経る前の段階で却下されたということで、その判断を下した担当者のことを指しているのだろう。

 具体的に「ぎゃる☆がん2」のどういった要素が原因で審査拒否になったのかが気になるところだが、USKからもPQubeからも現時点では明らかにされておらずはっきりしない。ただ、実は前作にあたる「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」は、ドイツでもレーティング審査をへたうえで発売されている。日本ではシリーズ全作がCEROにて17歳以上対象の「D」に区分され(「ぎゃる☆がん2」の年齢区分はまだ決定していない)、「セクシャル」のコンテンツアイコンが付与されるなど、直接的ではないものの一定の過激な性的表現が含まれていると判断されているが、「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」がシリーズの中で特別マイルドというわけではないことはまず抑えておきたい。同作には、ニュージーランドではレーティング審査の結果、年齢区分が与えられず発売できなかったという事例もある。

 では「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」から「ぎゃる☆がん2」へはどういった点が“進化”したのかだが、新作では基本的なゲームシステムはそのままに、学園の女の子たちに取りついた悪魔を退治するという設定に変更。その悪魔を吸い込むための新ガジェット「デビルスイーパー」を使うことで女の子のスカートがめくれたり、さらに悪魔だけでなく女の子の服まで“意図せず”吸い込んでしまうことが可能だ。下着姿になった女の子は、恥ずかしさのあまり“昇天”してしまうという。その他新キャラクターや、悪魔の襲撃から女の子たちを守る「防衛ミッション」や、マップ内に隠されたアイテムを探し出す「探索ミッション」なども追加されている。


ギャルがん デビルスイーパーの「ハイパー吸い込みモード」によって「脱衣昇天」してしまった女の子たち

 一見すると、新要素のデビルスイーパー関連がUSKにて問題視されたように思えるが、前作が上から2番目に高い「16歳以上対象」を取得していたことを考えると、一足飛びに発売できないレベルにまで過激さがアップしたとまでは断言できない。ましてや、PQubeが主張する「個人の意見や偏見」が審査拒否という判断につながったことが事実であれば、審査基準について議論することさえも難しい。とはいえ、過去にUSKが審査拒否とした「VALKYRIE DRIVE -BHIKKHUNI-」や「クリミナルガールズ2」での事例を見ると、「18歳未満の少女が不自然かつ卑猥なポーズで描写されるコンテンツ」が理由であると明らかにされており、「ぎゃる☆がん2」でも同様の理由が挙げられていたとすれば、審査拒否もやむなしかもしれないという印象ではある(関連記事)。

 「ぎゃる☆がん2」は前作と比べて表現の過激さが増しているという判断は他国でも下されている。オーストラリアでは両作共にレーティング審査結果にて「18歳以上対象」に指定されているが、その評価内容(消費者が考慮すべき表現各項目のインパクト度合い)を見ると、もっとも高いと評価された性的表現(ヌード表現とは別項目)や、暴力表現の評価は変わらないものの、テーマ性については一段階上がっている。また、前作では挙げられていなかった言葉の表現については、新たにインパクト(過激)があると評されている。近年はやや緩和傾向にあるが、ドイツと同じくゲームの性的表現や暴力・残虐表現について比較的厳しいとされるオーストラリアにて、表現の過激度がアップしながらも審査を無事通過している事実は今回のUSKの判断を際立てており、本件について議論している海外フォーラムでも話題の1とつとなっている。


ギャルがん オーストラリアでの「ぎゃる☆がん2」と「ぎゃる☆がん だぶるぴーす」のレーティング審査結果

 コンソールゲームにおけるこうしたレーティングにまつわる問題は度々起こっており、日本も例外ではないのはご存じの通りだろう。それぞれの国・地域にはそれぞれの歴史や特有の事情があり、各レーティング機関の成り立ちもまた異なるため、審査基準が統一されている訳ではない。下された審査結果に対してはパブリッシャーは異議を申し立てることもできるが、最終的には従うほかないのが実情だ。今回の件については、インティ・クリエイツはゲーム内容の修正などをおこなって再審査に臨むというようなことはしないようで、ドイツに暮らす「ぎゃる☆がん」ファンは隣国などから輸入して本作を楽しむことになるだろう。「ぎゃる☆がん2」は、国内では3月15日に発売予定となっている。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた
  9. /nl/articles/2206/24/news048.jpg 溝にはまり鳴いていた子猫を保護→たった一晩で…… 先住猫より前でゴハンを待つ姿に「堂々としてる」「ちっちゃい!」
  10. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」