ニュース
» 2018年02月16日 11時00分 公開

ディズニーファンのための祭典「D23 Expo Japan 2018」をマニアックに眺めてきたオールディズニーが舞浜にやってきた3日間(3/3 ページ)

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

ディズニーの名曲が目の前で、生歌で

 1日目夜には、伝説ともいえる作曲家、アラン・メンケンによる日本初のソロコンサートが行われました。皆さんがよく知っている「パート・オブ・ユア・ワールド」や「ビー・アワ・ゲスト」「フレンド・ライク・ミー」だけでなく、「魔法にかけられて」「ホーム・オン・ザ・レンジ」などの作品からも楽曲がピックアップされました。そしてアンコールでは、東京ディズニーシーのアトラクションで大変印象的な「コンパス・オブ・ユア・ハート」を日本で初披露。会場は大変な熱気に包まれました。

アラン・メンケン アラン・メンケンのソロコンサート「A Whole New World of Alan Menken」
アラン・メンケン ステージにはピアノ一台しかありませんが、彼の世界が余すところなく堪能できた時間です
コンパス・オブ・ユア・ハート アンコールでは「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」の曲、コンパス・オブ・ユア・ハートも披露されました

 そして最終日には、「ディズニー吹き替えの魔法」において、実写版美女と野獣でベルを演じた昆夏美さんが“生吹き替え”を披露。さらには「モアナと伝説の海」で吹き替え版モアナ役を演じた屋比久知奈さん、そしてオリジナルのモアナ役、ハワイ出身のアウリィ・クラバーリョさんが登場。劇中大変印象的だった曲「How Far I'll Go」をデュエットで歌うという、ここでしか聴けない貴重なステージが披露されました。

昆夏美 ベル役、昆夏美さん。実はディズニー社は世界でキャラクターの声を“統一”すべく、専門の会社「ディズニー・キャラクター・ボイセズ」という組織まで作っています
モアナ 日米モアナが集うとは思いませんでした。D23 Expo Japanならではの絵!

東京ディズニーリゾート35周年のグッズをチラ見せ

 D23 Expo Japanでは、プレゼンテーションの他にも、米ウォルト・ディズニーが歴史的価値のあるアイテムを保管、管理する組織「ウォルト・ディズニー・アーカイブス」による貴重な展示が行われていました。こちらは先にレポート記事を公開しておりますので、合わせてご参照ください(関連記事:「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」全国巡回が大阪からスタート)。この展示は4月より大阪を皮切りに全国巡回をする予定ですので、もしかしたらあなたの街にも、この貴重な展示がやってくるかもしれません。

 そして東京ディズニーリゾートも、過去の貴重なアイテムを展示していました。その中には2020年をめどにオープンする予定の東京ディズニーランド新エリア(関連記事)の巨大模型も。

東京ディズニーランド 新エリア 2020年にオープン予定、東京ディズニーランドの新たなエリアには「美女と野獣」のお城も登場(写真は起工式で展示されたもの)

 さらに、4月からスタートする35周年のイベントを前に、発売される予定のアニバーサリーグッズがたくさん展示されていました。このエリアは特別に撮影が許可されていたこともあり、熱心なファンがじっくりと観察していたのが大変印象的でした。

ダッフィー 東京ディズニーリゾート35周年 東京ディズニーリゾート35周年に登場するダッフィーたちのグッズはマーチングバンドをイメージしたものになるようです
東京ディズニーリゾート 35周年 東京ディズニーリゾートは1983年にオープンし、多くの歴史を作ってきました
チョコクランチ ディズニー 個人的に一番ビビッと来た展示。皆さんのお部屋にもひとつくらいはチョコクランチの缶があるのでは? 35周年ではなんとチョコクランチ専門店も登場する予定です
ファイアボール・チャーミング もう1つビビッと来たのは「ファイアボール・チャーミング」のドロッセルお嬢様。実はこれ、オークションに出品されるのです
キングダムハーツ キングダムハーツのイベントでは激レアな「王様ミッキー」も登場(関連記事:「キングダムハーツ3」が2018年発売決定 新ワールドに「トイ・ストーリー」も

「オールディズニー」を体感できるイベント

 D23 Expo Japan 2018はたった3日間のイベントでしたが、内容は盛りだくさんでした。東京ディズニーリゾートの敷地内で開催されていることもあり、日本における「ディズニー」というとどうしてもテーマパークだったり、ミッキーマウスをはじめとするキャラクターのイメージが大きいと思います。でも、そのテーマパークのアトラクションももともとは「映画」があり、その世界を再現するがごとく、エリアが作られています。

 かつてウォルト・ディズニーはアニメーション制作をするうちに、映画は「完成したらもうなにも手を加えられない」と考えたそうです。しかし「ディズニーランド」ならば、気になったところを改良したり、新たにやりたいことができたらすぐに実行ができます。これがかの有名な「ディズニーランドは永遠に完成しない」という言葉につながるのです。

ウォルト・ディズニー・アーカイブス展 ウォルトの思いは「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」でも伝わってきます

 ディズニーは映画を起点として、1つのコンテンツをグッズ販売、テレビ展開、そしてテーマパークへとつなげています。しかも最近では、映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」に登場した惑星クレイトを、映画公開前にスター・ツアーズに追加する(関連記事)だけでなく、2019年に登場する新エリアの“惑星”もちゃっかり入れ込んでいます。D23 Expoは、ディズニーのさまざまなビジネスが、大きくつながっていることが分かるイベントなのです。

ミッキー フィナーレではミッキーたちも登場

 もちろん、そんな小難しいことを考えなくても、ディズニーの世界は間口が広く、心の底から楽しめるもの。でも、この会社が行っていることを注意深くのぞき込むと、最新技術を使って魔法を作り出そうとしている、とても面白い面も見えてきます。

 ディズニーの「映画好き」も、「キャラクター好き」も、「グッズ好き」も「パーク好き」も満足させる、大変興味深いイベントでした。日本における次回開催は未定ながら、「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」は3月より大阪を皮切りに全国巡回が決まっています。まずはこちらに注目するとともに、マーベル、スター・ウォーズ、ピクサーを含む「オールディズニー」を体感してみてください。きっと新しい発見があるはずですよ!

D23メンバーカード 筆者のD23メンバーカード。初年度に入会した「Charter Member」にはほんの少しだけ特典があります
(C)Disney


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響