これさえ守れば「ダメ文」が書ける! 人に伝わらない「ダメな文章の書き方」講座

ダメ文は、ダメポイントでできている。

» 2018年02月17日 12時00分 公開
[植田麦ねとらぼ]

 大学教員という仕事柄、普段から学生が書いた文章に触れる機会が多くあります。わたしは、自分の担当授業を受講してくれた学生については、「知識」ではなく「理解」を問いたいので、なるべく論述形式の課題を出すことにしています。要はレポートです。

 そうしたレポートを読んでいると、理解の度合いの高さもさることながら、文章も整っている、というものに出会うことがあります。わたしが教えられたことはほとんどなかったかもしれない、と思わされます。

 その一方で、理解うんぬん以前に、何を言いたいのか読み取りづらい、そもそも何を言っているのか理解しがたいレポートに出くわすのも事実です。時には「ひょっとして、このレポートを書いてるひとは、わざとダメな文章を書く修行をしてきたのではないのか?」とすら思われされます。

 そういう「ダメな日本語の表現」を多くみているうちに、どうしたらダメな文章を書けるだろうか、と思いたちました。以下は、いくつかのパターンで学ぶ「ダメな文章(略してダメ文)の書き方」です。

植田麦

明治大学政治経済学部専任講師。研究の専門は古代を中心とした日本文学と日本語学。



読点を使わない、変なところに打つ

最もわかりやすいダメ文のパターンはひたすら長い文であるにもかかわらず読点を全く使用しないタイプのものです。


 上の文は50字ほどですが、これだけでも「、」がないと読みづらいです。下の文と比べてみてください。

最もわかりやすいダメ文のパターンは、ひたすら長い文であるにもかかわらず、読点を全く使用しないタイプのものです。


 50字くらいならまだ読めますが、恐ろしいことに、200字以上の長文でも「、」を全く使用しない、というレポートに出くわしたことがあります。そして、長い文の場合、主語と述語が一致しない「文のねじれ」を生じていたり、並列関係が整っていなかったりといった、他のダメ文成分を含んでいることも多々あります。

 とはいえ、この手のダメ文にお目にかかる機会はあまりありません。それよりは、変なところに読点を打って、わかりづらい文章にしてしまうパターンをよく見ます。

 以下は、某ウェブメディアの記事を少し改編したものです。

かつてプロ野球などで活躍した山田太郎氏が破産宣告し、J3へと降格した渋谷サッカークラブの買収に乗り出していることが分かった。


 最初、「山田太郎氏」が「破産宣告」したのかと思いきや、「破産宣告」は「渋谷サッカークラブ」だった、というパターンです。「活躍した山田太郎氏」と「破産宣告しJ3へと降格した渋谷サッカークラブ」がそれぞれ意味のまとまりですから、

かつてプロ野球などで活躍した山田太郎氏が、破産宣告しJ3へと降格した渋谷サッカークラブの買収に乗り出していることが分かった。


 とすれば、意味が理解しやすくなります。

ダメ文のポイント

  • 長文で「、」を全く打たない。
  • 意味のまとまりの間で「、」を打ち、修飾関係を混乱させる。


文をねじれさせる

 以下は、わたしが某所でみつけた「ヤマモモ」の説明です。

ヤマモモ 直径1〜2センチの球形で真っ赤に熟す実がなって食べられます。


 なかなかに味わい深い文です。意味はすぐ理解できるのに、読んだときの違和感はなかなか説明しづらいですね。まず、述語である「食べられます」に対応する主語が何か、よくわかりません。「実」だと思うのですが、その「実」の述語は「(が)なって」とあります。では、この「(が)なって」を省いたらいいのかとも思われますが、

ヤマモモ 直径1〜2センチの球形で真っ赤に熟す実が食べられます。


 今度は「実」の修飾部分である「直径1〜2センチの球形で真っ赤に熟す(実)」が、なんだか違和感をもたらします。全体を書き換えるなら、

ヤマモモ 実は直径1〜2センチの球形で、熟すと真っ赤になる。食べることができる。


 といったところでしょうか。ここまでのものではないにせよ、レポートなどでは、

ではなぜ実施すべきなのかを、施策のメリット、デメリットについて考え、明らかにしていくことを目的とした論文である。


 といった文にお目にかかることはしょっちゅうです。

ダメ文のポイント

  • 主語と述語を一致させない。なお、長い文だとさらにポイントが高い。


並列関係を混乱させる

 以下は、大阪の某所にあるビルの注意書きです。

セールスマン・犬等の愛玩動物を連れての外来者の出入は絶対禁ず


 書き手の意図としては、「セールスマン」「犬等の愛玩動物」が並列されているのでしょうが、「・」のせいで、「セールスマン」と「犬」が並列されていて、その両方が「等の愛玩動物」を修飾しているようにみえます。

 さらにこの文章の場合、「外来者の出入りは絶対禁ず」と続いてしまっています。そうすると、愛玩動物を連れていない場合の外来者は出入りが許されてしまうのでしょうか? たぶんダメでしょう。

 つまり、「犬等の愛玩動物」と「セールスマン等の外来者」が並列されていて、それらの出入りを禁じているはずなのですが、中身が混乱しているので、別の文脈になってしまっているのです。

 レポートでは、

業務の効率化にあわせ、機密情報の保持やシステムを新たにするようになった。


 のような例を多くみます。ここでは、「機密情報の保持」と「システムを新たにする」が並列関係にありますが、述語が「(新たに)するようになった」となっていて、「機密情報の保持」が浮いてしまっています。そのため、

業務の効率化にあわせ、機密情報の保持やシステムの更新をするようになった。


 のように、「保持」と「更新」を並列関係にして「するようになった」につなぐと、整った文章になります。

ダメ文のポイント

  • 並列関係にある要素をバラバラにする。
  • 並列関係にあるものは、片方だけを述語につなげる。




 ほかにも、いろいろなダメ文のパターンがあるのですが、すぐに使えそうなものをご紹介しました。これで読者のみなさんも、明日からダメ文がすぐ書けるはずです。がんばって単位を落としてください!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評