コラム
» 2018年03月03日 11時00分 公開

地雷を探して15年 マインスイーパ日本最速プレイヤーが挑む“思考のスピードを超越した戦い”(1/4 ページ)

マインスイーパ「上級」世界第2位のよわぽんさんに取材しました。

[マッハ・キショ松ねとらぼ]

 周囲の地雷数を示すマスの数字をヒントに、安全なマスを開いていく「マインスイーパ」。近年までWindowsに標準で付属しており、PCユーザーの間では有名なパズルゲームです。暇つぶしにプレイしていたら、ついハマってしまったという経験のある人も多いのでは?

 ですが、マインスイーパファンの中には何千何万回とプレイして腕を磨き、TA(タイムアタック)に挑戦しているプレイヤーも存在します。世界トップレベルともなると、「初級」「中級」「上級」の合計スコアは1分以下。何をしているのか全く理解できないほどの早業に、プレイ映像を見たほとんどの人が「考えている時間がまるでなく、マウスを適当に動かしているようにしか見えない。それでもクリアできてしまうのが不思議」という印象を抱くはず。

 今回は、上級の日本最速記録を持つ世界ランカー・よわぽん(@sweeper_yowapon)さんに取材。“思考を超越した速度でパズルを解くマインスイーパTA”の世界について伺ってきました。


2015年に惜しくも逃した「幻の日本最速記録」(Twitterより)

思考を越える速度でパズルを解くマインスイーパTA

―― 上級の日本最速記録を持っているとのことですが、何秒ですか?

 マインスイーパにはいろいろな楽しみ方がありますが、私はTAを専門的にやっていて、上級のハイスコアは32.59秒。これは世界第2位の記録です。

―― 上級は30×16の盤面に地雷が99個配置されていますから、「毎秒、地雷を3個発見しながら、安全なマスを12カ所開いている」ような感じですね。ちなみに、中級のタイムは?

 中級はそこまで得意ではないのですが、9.09秒です。序盤のミスが無ければ、8秒台に手が届いたと思うんですが……。


左:0.2秒時点、右:2.24秒。すでにかなりのマスがオープンに(プレイ動画より)


左:6.24秒、右:8.24秒。大きく残っていた左下部分も2秒間で攻略(プレイ動画より)


9.09秒でクリア(プレイ動画より)

―― すいません、早過ぎてどこがミスしているのかよく分かりませんでした……。どう頭を使ったら、こんなに高速で解けるんですか?

 プレイ中は考えているというか、考えていないというか。どちらかと言うと、地雷の位置が“反射的に”分かるような感じです。

 一般的には「このマスに地雷があると仮定すると周囲の数字に矛盾する。だから、ここには地雷がなくて……」のように考えながら、時間をかけて解くものだと思います。ですが、TAの場合は思考する時間を削りたいので、盤面をパターン的に認識して地雷の位置を見極めます

 だから、右クリックで出る旗の使い方なんかもけっこう違いますね。

―― 普通は、地雷の目印として使う機能ですよね。推測した場所を忘れないようにしたり、誤クリック防止に使ったり。

 でも、それなりに実力のあるTAプレイヤーなら、盤面をパッと見た瞬間に地雷の位置が分かってしまうので、わざわざ目印を付ける意味がないんです。実際、NF(No Flag/旗を使わずにプレイすること)でやっている人もいますし。

―― 「見えない地雷を回避するゲームなのに、もはや見えているも同然」というわけですか。じゃあ、旗は何のために使っているんです?

 マインスイーパでは、数字マスの上で左右同時クリックをすると、周囲8マスがまとめて開けます。うまく使うとマスを1つ1つ開くよりもクリック数が少なくなるので、その分タイム短縮になります。

 ですが、左右同時クリックには「その数字分の旗が設置されていなければならない」という条件があって。要するに、旗は「解くための機能」ではなく「手数を減らして、作業の無駄を省くための機能」として使うものなんです。


左右同時クリックを使うと、こんな感じでマスがまとめて開きます。なお、このケースでは「全て左クリック」「旗+左右同時クリック」でもクリック数は同じ3回。TAではほめられない使い方かも

―― 極め過ぎてて、なんか俺の知ってるマインスイーパと違う……!

 いえいえ。世界には、私でも頭が追いつかないようなTAプレイヤーがいますから。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/22/news147.jpg つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  2. /nl/articles/2402/23/news013.jpg 生後3カ月赤ちゃん、人生初の証明写真撮影で“キメ顔”を披露! 撮影風景と仕上がりに「たまらん」「かわいすぎるー!」
  3. /nl/articles/2402/21/news158.jpg 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  4. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  5. /nl/articles/2402/10/news023.jpg 焼肉きんぐの会員ランク、「なんで警察なんですか」 SNSで注目の疑問、運営元に聞いてみた
  6. /nl/articles/2402/23/news045.jpg チョコザップなのにジムがない!? まさかの“ジムなし”店舗に驚きの声 なぜなのかライザップに聞いた
  7. /nl/articles/2402/22/news035.jpg 歩けないカエルが3年間溜め込んだ“大”の量に爆笑!! 想像絶する規格外サイズに「思っていた10倍」「言葉を失った」
  8. /nl/articles/2402/23/news008.jpg 7歳娘に将来の夢を聞いてみたら…… まさかの回答が爆笑必至「真面目に言ってるのが最高」「どんな夢でも応援します!」
  9. /nl/articles/2402/23/news080.jpg 武尊、キックボクシング世界王者との激闘でヒザを2カ所骨折 対戦直後には強烈ローキック受けた脚が腫れ上がる
  10. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」