常識を覆す「投げ」の排除、徹底再現されたドラゴンボールの世界観―― 「ドラゴンボール ファイターズ」はいかにして最高の格闘ゲームになったのか(4/4 ページ)

» 2018年03月15日 12時00分 公開
[イッコウねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

「ドラゴンボール ファイターズ」に改善を望むなら

 ここまで絶賛を続けてきたが、欠点が全くない完璧なゲームではない。既にアップデートが予告されている通信面の不安定さは解決しつつあるようだが、個人的には同実力帯のプレイヤーと対戦しやすくする機能が乏しいことも問題だと思う。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ 検索機能、欲しいです

 「ドラゴンボール ファイターズ」は従来の格闘ゲームよりも簡単に操作できるようになっておりライト層の参入を目指したゲームデザインとなっている。しかし、現在では強烈な戦術も固まっており、上級者は高威力かつ高難度のコンボや、脱出困難な連携をバンバン実践投入してくるため、初心者は上級者に対しほぼ一方的にやられるはずだ。上級者と初心者の住み分けが完璧にできていればそういう問題は起きないはずだが、ランクマッチ以外は幅広い実力帯の人と当たる仕様になってしまっているようだ。レビューサイトなどを見る限り、「息巻いてネット対戦に乗り込んだのに上級者にボコボコにされ、意気消沈し辞めてしまった」という初心者プレイヤーも、残念ながら多いらしい。

 それなりに格闘ゲームを続けてきた筆者も31戦1勝30敗の初心者と当たった事がある。その時は“舐めプレイと言われない範囲でさり気なく負けること”が不可能な実力差だったので、泣く泣く普段のプレイを徹底し完勝した。向こうもそうだったろうが、こちらも胸が苦しかった。“舐めプするクソ野郎”とかSNSに書き込まれるリスクもあるが、わざと負けた方が良かったのかもしれないとすら思う。

 とにかく、本当に誰も得をしないので、「初心者限定部屋」とか「上級者お断り部屋」のようなものを設けるなどして上級者との垣根を作り、初心者同士でワイワイ対戦できるようになってほしいと心から思う。レベル差の問題は格闘ゲーム全般の課題だが、ドラゴンボールのゲームだからこそエンジョイ勢は大切にされてほしい


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ あと、細かい話だがDLCの「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は影山ヒロノブ版にしてほしかった。FLOW版も悪くないが、思い出補正が乗るのは断然影山ヒロノブ版だろう


自分なりの楽しみ方を見つければ良い

 とはいえ、対人戦をしなければ楽しめないというものでもない。格闘ゲームである以上妙味は対戦にあるが、これまで説明してきたようにドラゴンボールが好きなら演出を見ているだけでも楽しめるはずだし、ストーリーモードのボリュームは豊富だ(正直言って対戦パートが邪魔なくらいだ)。最初から対人戦で勝とうと息巻くのではなく、CPU戦に飽きて「まだ見ぬ強敵と戦いたい」と悟空のようなことを思ったら、そのときに対人戦をやるぐらいで良い。最初は悔しい思いをするかもしれないが、試行錯誤すればいつの間にか勝てるようになる。そこはどんな競技も同じだ。

 このゲームは格闘ゲームとしての完成度が高いだけでなく、ドラゴンボールの世界をほぼ完璧に表現している。格闘ゲームが苦手とかそんなことは関係ない。このゲームを楽しむために重要なのは「ドラゴンボールが好きだったことがあるか否か」、この1点だけだ。

 ドラゴンボールになんの感情も持ったことがない人にこのゲームを勧めることはできない。しかし、もしこれを読んでいる人が、かつて当然のようにドラゴンボールのアニメを見て、当然のようにドラゴンボールのゲームをプレイし、部屋にこもってかめはめ波を撃とうと練習したことがあるのなら、絶対にプレイするべきゲームであると断言できる。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ

 「あなたにとって過去最高の格闘ゲームは?」と聞かれたら答えに窮するが、現時点では“もしかしたら「ドラゴンボール ファイターズ」なのかもしれない”と思っている。これは、筆者が格闘ゲーマーだから下した評価ではない。少年時代にドラゴンボールを大好きだったから、そしてこのゲームをプレイして20年ぶりにドラゴンボールを大好きになったからこそ、このゲームを評価したいのだ。


イッコウ


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  3. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  4. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  5. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news122.jpg 声優・古谷徹さん、「ファンと不倫し妊娠中絶」報道受け謝罪 「キャラクターを汚してしまった」「残りの人生をかけて償う」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評