常識を覆す「投げ」の排除、徹底再現されたドラゴンボールの世界観―― 「ドラゴンボール ファイターズ」はいかにして最高の格闘ゲームになったのか(2/4 ページ)

» 2018年03月15日 12時00分 公開
[イッコウねとらぼ]

待ち望まれる日米のヒーロー決戦

 あらゆる格闘ゲームの猛者が集まる中、最強の筆頭候補とされているのが、CYCLOPS athlete gamingに所属し関西を拠点に活動する「GO1」(ゴーイチ)と、ECHO FOXに所属しアメリカで活動する「SONIC FOX」(ソニックフォックス)だ。GO1は並み居る競合をはねのけて闘会議2018の「ドラゴンボール ファイターズ」部門で優勝し、現在国内最強と目されるプレイヤー。対するSONIC FOXも海外の複数の大会で優勝し、最強プレイヤー候補として存在感を放っている。これまで特段の因縁はなかったはずの2人だが、今では「最強のドラゴンボール ファイターズプレイヤー」の肩書を巡ってお互いを強く意識しているようだ。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ GO1(画像はCYCLOPS athlete gamingのサイトより)

DBFZ ドラゴンボール ファイターズ ソニックフォックス(画像はECHO FOXのサイトより)

 GO1は2月末に行われたMixUpNightというイベントで優勝し、直後のインタビューで「次はSONIC FOX、お前だ」と挑発的なコメントを残した。それを見たSONIC FOXも「来いよGO1、お前に誰がパーフェクトなのか見せてやる」とツイート。SONIC FOXはその後もネット配信で「GO1、お前はもう死んでいる」と発言するなど、2人の対立構造は国内外を問わず話題になっている。もともとGO1は「MELTY BLOOD」や「電撃文庫 FIGHTING CLIMAX」などの国産格闘ゲームで腕を磨いてきたのに対し、SONIC FOXは「Mortal Kombat」や「Injustice」といったアメリカ産の格闘ゲームで活躍しており、「日本産格闘ゲーム勢VSアメリカ産格闘ゲーム勢」の構図が色濃く出ているのも、注目を集める一因だろう。

 猛者たちが切磋琢磨し研究が進む中、どのキャラクターが強くどういった戦術が有効なのかといったセオリーは世界的に見ても固まりつつあるが、この2人のプレイスタイルで明確に異なるポイントがある。「ベジータ」の評価だ


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ ベジータ(画像はドラゴンボール ファイターズのサイトより)

「ベジータ」を酷評するSONIC FOX

 ベジータは、控えのキャラクターを呼び出して攻撃させるシステム「Zアシスト」で真価を発揮するキャラクターだ。ベジータのZアシストは両手から連続でエネルギー弾を発射するというもの(いわゆる「グミ撃ち」)で、他のキャラクターと比較して広い攻撃範囲と非常に長い拘束時間を持ち、ベジータが起こす爆風によって視認性を極端に下げることもできるため、全キャラの中でも最高の性能を持っているといえる。恐らく格闘ゲームに精通しているプレイヤーなら「ベジータのZアシストが強力すぎる」と発売後数日以内には気付いただろう。


DBFZ ドラゴンボール ファイターズ ベジータのZアシストを使用した例。爆風でキャラクターが隠れてしまい、相手の動きが判別しづらい状態になる

 さらに、「Zアシスト」だけでなく、本体キャラクターとしてベジータを使用したとしても攻めの面でも守りの面でも特段欠点がない。そのため、国内では最強キャラの一角とみられており、GO1も発売当初から今に至るまでベジータを使用し続けている。その評価は、闘会議2018で上位入賞者全員がベジータを使っていたほど確固たるものだが、SONIC FOXによるベジータの評価はそんな常識を真っ向から否定するものだった

 SONIC FOXはTwitterで、自身の考えるキャラクターの強さランキングを公開している。「人造人間16号」「セル」「魔人ブウ(純粋)」「悟飯(青年期)」など、上位キャラクターの評価は日本国内のものとほぼ同列だが、「ベジータ」は平均以下という評価だ。SONICFOXは早い段階でベジータの能力に見切りを付けており、「ベジータはチーム枠の無駄」とすら発言している。もちろん、勝負を分けるのはキャラクター性能だけではないが、1人のキャラクターがここまで評価を分ける例は極めてまれだ。

 3月16日(現地時間)から開催される世界大会「Final Round」で、2人の10本先取マッチが行われる予定だ。10本先取マッチで負ければもう言い逃れはできない。日本のゲームコミュニティーで育ったGO1が強いのか、海外産の格闘ゲームで鍛えられたSONIC FOXが強いのか――その答えはここで明確になるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評