ニュース
» 2018年03月26日 09時55分 公開

レトロな特撮映画風の横スクロールSTG「Squadron 51」ゲームプレイ映像が公開 1950年代のSF映画から影響を受ける

国内発売は未定。

[Taijiro Yamanaka,AUTOMATON]
AUTOMATON


シューティング

【原文 2018/3/25 13:56】

 ブラジルのインディースタジオLoomiartsは3月19日、現在開発中の『Squadron 51』のゲームプレイを収めたティーザートレイラーを公開した。本作は、1950年代のSF映画から影響を受けたという横スクロール・シューティングゲームだ。ソロもしくはローカルでの2人協力プレイに対応する。

 本作の舞台となる時代からさかのぼること数十年、地球の存在を確認した宇宙人は人類と初めて接触。それから宇宙人は地球のあらゆる場所に現れ、さまざまな分野における目覚ましい発展を人類にもたらす。しかし両者の友好関係は長く続かず、迫害と暴力によりあっけなく破綻。そして地球は宇宙人による抑圧にさらされることとなる。そんな中、宇宙人に抵抗する組織「Squadron 51」が発足し、世界中の空で戦いを繰り広げる。

 プレイヤーは主人公のLieutenant Kayaとなり、海上から冬の雪山、洞窟など、世界中のさまざまな環境での空戦に挑む。ステージ数は全部で6つ。自機である戦闘機には4つの異なるタイプが用意され、映像でも小型の戦闘機以外に、後方と上方に銃座を備えた大型の飛行艇が確認できる。攻撃手段にはメインの機銃のほか、サブウェポンにミサイルと火炎放射器があり、画面左下のゲージで使用可能かどうかを表しているようだ。ゲームの難易度は複数用意され、もっとも易しいレベルでは1時間ほどでクリアできるボリュームだという。カットシーンでは、パイロット同士の交信によりストーリーが語られる。

 本作は、前述した通り1950年代のSF映画から影響を受けており、それはシナリオだけではなく、全編ザラついた白黒画面でゲームが進む所からもうかがえる。自機の戦闘機や敵のUFOなどは模型のような質感で、そのフィールドに馴染んでいないライティングの当たり方が、いかにも当時の特撮のような雰囲気を感じさせる。また、派手に飛び散る火花や爆発のエフェクトも、別撮りしたものを合成させたような独特のチープ感があり、明らかにリアルさではなく、レトロなSF映画というテーマに即した映像表現を追求していることが分かる。ちなみに、本作はUnreal Engine 4で開発されている。



シューティング Brasil Game Showなどに出展した際に配られたフライヤー。こちらもレトロな雰囲気である

 この『Squadron 51』を手掛けるLoomiartsは2017年に設立された新しいスタジオだが、本作の開発自体は2016年から始まっていたという。PCおよびニンテンドースイッチ向けに2018年末に発売予定となっている。また、ほかのコンソールでの発売についても検討しているとのこと。

【UPDATE 2018/3/25 11:55】

 本作の国内発売および日本語対応について開発元Loomiartsにうかがったところ、現時点では未定とのことだった。ただ、この『Squadron 51』は日本から大きな影響を受けて開発され、またこのようなジャンルのゲームにとって日本はとても重要な市場だという認識を持っているとのこと。

 ちなみに具体的なタイトルとしては、『グラディウス』と『サンダーフォース』の両シリーズが本作のゲームプレイに大きな影響を与えたという。3Dグラフィックの構築に関しては『Sine Mora』を参考にしたとも。また開発中にも、さまざまなシューティングゲームをプレイしなおしているという。ストーリーや世界観に関しては、「宇宙戦争」「ボディ・スナッチャー」「プラン9・フロム・アウタースペース」「遊星よりの物体X」などの1950年代の映画を参考にしたそうだ。

関連リンク

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」