コラム
» 2018年03月29日 11時00分 公開

【食べ物雑学】「がんもどき」のあまりにも多過ぎる謎

どうしてこうなった。

[ねとらぼ]

 つぶした豆腐にごぼう、にんじんなどを混ぜて油で揚げた「がんもどき」。身近な食べ物ではありますが、昔は材料が違ったり、なぜか海外のお菓子に由来した別の呼び名があったりと、謎が多いことをご存じでしょうか。

 今回は、食べ物に関係した雑学ネタをいくつかご紹介します。

実は謎過ぎる料理「がんもどき」

 がんもどきはもともと、こんにゃくを使った料理。しかし、どういうわけか材料が豆腐に入れ替わってしまったのが、現在のわれわれが口にしているがんもどきです。

 また、関西には「ひろうす\ひりょうず」などの呼び名もあるのですが、これはポルトガル語の「フィロウス」に由来します(※)。フィロウスは、小麦粉をこねて焼いたり油で揚げたりしたお菓子。材料どころか、食べ物としてのジャンルまで異なります。

※ 「飛龍頭」などの漢字表記もあるが、当て字といわれている。

 さらに言えば、がんもどきという名前の由来にも「鳥の雁(がん\かり)の肉の味に似ているから、がん“もどき”」「こんにゃくを使った精進料理『糟鶏』の俗称」と諸説あり、はっきりしたことは分かっていないとか。



「夜のお菓子」こと「うなぎパイ」はエッチなの? エッチじゃないの?

 静岡県浜松市のお菓子「うなぎパイ」のキャッチコピーは「夜のお菓子」。エッチな商品と勘違いしてしまう人も多いものの、「夜」には忙しい家族が顔を合わせる一時、一家団らんという意味が込められているそうです。

 なお、製造元・春華堂はこのキャッチコピーの誤解に気付いた際、「あえて間違った解釈に合わせる」という奇策に。パッケージを赤、黄色などを配色した精力剤風のデザインにリメークすることで、売上をアップさせたそうです。

日本のカレーと、インドカレーが全く似ていない歴史的な理由

 イギリスでは、昔からシチューが定番料理の1つ。しかし、牛乳は日持ちしないため、船乗りには食べられないこともありました。そこで保存の効く香辛料で代用するようになり、イギリス式カレーが生まれました。

 同国の兵式を採用した創設期の日本海軍は、このカレーを軍隊食として導入。役目を終えた兵隊たちが故郷に戻ることで、全国的に広まったといわれています。このような経緯を考えると、日本のカレーと発祥の地・インドのそれが、違う料理に見えてしまうのも納得できるはず。

「絹ごし豆腐は絹でこして作った豆腐」ではない

 木綿豆腐はつくるときに、木綿の布を使うから“木綿”豆腐。表面の凹凸は、固めるときに布地の模様がついたものです。

 一方、絹ごし豆腐は実際に絹でこしているわけではありません。製法ではなく、舌触りの良さ、見た目の美しさなどに由来した名称だといわれています。

ビー玉栓の瓶で売っているラムネはあるのに、サイダーはない理由

 ビー玉栓の瓶に入ったラムネは、夏の風物詩。しかし、他の容器に入ったラムネを飲んだことはないのでは? 



 実は、ラムネとサイダーは容器の違いから区別されており、ビー玉栓の瓶を使ったものがラムネ、そうでないものはサイダーとされています。

 明治時代には「ラムネ=レモン風味」「サイダー=リンゴ風味」という違いもあったものの、時代をへて境界が曖昧になってしまったとか。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」