「アレルギーがあります」 誤食防ぐ“アレルギー表示テープ”、子どもや災害の備えに便利と話題 開発の経緯聞いた

テープの他、バッジ、キーホルダーなど用途によってアレルギーを周知。

» 2018年05月02日 09時00分 公開
[Kikkaねとらぼ]

 アレルギーを持つ人にとって命とりとなるアレルゲン(アレルギーの原因物質)の誤食。それを防ぐための「アレルギー表示テープ」が「これは流行ってほしい」と話題になっています。発売元に開発のきっかけを聞きました。

 「アレルギー表示テープ」は、黄色をベースに黒い文字で「アレルギーがあります」と書かれたテープ。コップや食器、カバンなどに貼ることにより、アレルギーがあることを分かりやすく伝えることができるほか、マジックなどでメッセージを書き足すこともできるので、「そば、エビ、カニ」「卵、乳製品」などのアレルゲン情報やエピペン(アナフィラキシーに対する緊急補助的な医薬品)の所持の有無なども知らせることができます。


アレルギー アレルギー表示テープ アレルギー表示テープ

 子どもなど自分でアレルギーを把握できない人に助かるという意見の他、アレルギーを好き嫌いだと言われるというケースもあるとして好意的な意見が相次いでいます。


アレルギー アレルギー表示テープ アレルギーの細かい種類を書き込むことが可能

なぜ「アレルギー表示テープ」が生まれたのか

 ねとらぼ編集部では開発元のアスモスマイル代表、吉野夕子さんに開発のきっかけや、なぜテープにしたのかなどを聞きました。

――なぜアレルギー表示テープを開発したのでしょうか。

吉野私自身、子どものころから「アレルギーがある」と伝える際に、自分だけ食べられないものがあるために、配慮が必要になることに対して申し訳ない気持ちになったり、みんなの楽しい雰囲気を壊すのが嫌だったり、好き嫌いだと決めつけられたり、ちょっとぐらいならと我慢して食べてしまおうかを思ったりということがありました。

 学校などの集団の中でアレルギーと伝えることは、小さな子にとっては勇気が必要だったり、気持ちの負担が大きかったりすることがあるんです。そのため、一目でアレルギーと知らせられるテープやバッジがあれば、それもお母さんに付けてもらったアレルギー表示であれば、子どもたちも心強くなってアレルギーだと伝える勇気が湧いてくるのではと思い、製作をはじめました。


アレルギー アレルギー表示テープ 用途に応じて2種類の大きさを取りそろえている

――テープ以外にもバッチなどがあるのですね。

吉野はじめはキーホルダータイプを作り、その後バッジタイプ、テープタイプと展開しました。


アレルギー アレルギー表示テープ アレルギー表示バッチ

――テープ状にした狙いを教えてください。

吉野テープだと保育園児くらいの小さな子でも付けていて負担がないだろうと思いました。またコップやお箸箱など身近な持ち物に何でも貼れるので使い勝手が良いこと、アレルゲンは人それぞれなので、個々に書き込めること、震災の際にアレルギーを理解してもらうのに苦労したという話を聞いたことなどを考慮し、テープタイプを考案しました。

――テープだと必要に応じて貼ったりはがしたりできる点も良いなと思いました。またテープに描かれているキャラクターも可愛らしいですよね。

吉野あのマーク(キャラクター)は、幼稚園から小学生のお子さんたちとお母さんたち、アレルギー内科の医師に意見を聞いて選んだものです。黄色と黒で目を引くことにより、注意喚起を促し、集団の中や災害時の混乱する状況でも目立つようにと考えました。


アレルギー アレルギー表示テープ キャラクターもかわいい

 アレルギー表示テープやバッジ、キーホルダーなどが、アレルギーがあることで不安だったり、心細い思いをしている子どもたちや保護者の方たちの安心のお供になってくれればといつも願っています。


 各アレルギー表示グッズはアスモスマイルの公式サイトで購入可能。バッチ(370円)、アレルギー表示テープ(Lサイズ 580円/Sサイズ 460円)、エピペン表示キーホルダー(560円)などの他、中には英語対応している商品もあります。


アレルギー アレルギー表示テープ

 近年理解が深まってきたとはいえ、アレルギーに対する認識が周知されているとまでは言いにくい現在の日本。アレルギーを持っている人だけでなく、アレルギーの無い人にもこうした商品が広く知られることにより、より理解が深まるのではないでしょうか。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」