コラム
» 2018年05月07日 11時00分 公開

ハンバーグは、もともと生肉のまま食べる料理だった

「ユッケの兄弟」のような食べ物だったもよう。

[ねとらぼ]

 ハンバーグといえば、パン粉などを混ぜたひき肉に火を通した肉料理。しかし、「もともとはひき肉を生のまま食べていた」といわれています。今回は、10秒で分かる「ハンバーグの意外な雑学」をご紹介します。

ハンバーグは、もともと生肉のまま食べる料理だった

 ハンバーグの起源といわれているのは、タルタル人(タタール人/韃靼)の料理。ユーラシア大陸の騎馬民族で、硬い馬肉を食べやすくするためにひき肉にして、生のまま食べていたそうです。

 これが、モンゴル帝国が大きく領土を拡大した13世紀ごろヨーロッパへと伝わり、タルタル人の名から「タルタルステーキ」という生肉料理に。さらに、焼いて火を通すアレンジレシピがドイツ・ハンブルクで生まれ、今度はそれが米国へ。その結果、「ハンバーグ」と呼ばれるようになった、といわれています。新しい料理に発展して別の土地に伝わるたびに、名前が変化していったというわけです。


タルタル人から伝わった料理だから「タルタルステーキ」(Google画像検索より)


ドイツ・ハンブルクでタルタルステーキを焼くレシピが誕生。それが米国に伝わって「ハンバーグ」(Google画像検索より)


説に従うと、「生→焼く」「ヨーロッパ→米国」という2つの契機が重なって、名前が変わったことになります

 ちなみに、タルタルステーキには生の牛肉、馬肉に卵黄などが添えられ、その見た目は韓国料理のユッケにそっくり。実はユッケのルーツになったのも、タルタル人の同じ料理だとか。この説に従うと、ユッケとハンバーグはいわば「ユーラシア大陸の東西で生まれ、別の道を歩んだ兄弟」ということになり、騎馬民族の影響力の大きさが伺えます。


ユッケとタルタルステーキを見比べると、よく似ているはず(Google画像検索より)

参考


これまでの「雑学」記事

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」