ニュース
» 2018年05月07日 20時00分 公開

死神「命を粗末にしてはいけません!!」 心の限界を迎えた社会人を救う死神の漫画に「心に刺さる」「涙が止まらない」

魂を刈る死神による、魂を輝かせるためのお言葉。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「毎日ツラいことを我慢している人に読んで欲しい」と投稿された、死神が社会人の命を救う漫画がTwitterで「心に刺さる」「涙がでた」と話題になっています



 登場するのは、「あ、今死ねば会社行かなくていいじゃん」と考えるほど限界を迎えた社会人2年目の女性。思うまま駅のホームで飛び込み自殺をしようとしますが、そこで「命を粗末にしてはいけません!!」と彼女の腕を引いたのは、“死”そのものともいえる死神でした。セリフと自己紹介だけでここまで矛盾を感じさせる存在も珍しい……。


命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画 死神「命を粗末にしてはいけません!!」

 理由を聞く彼女に死神は、「魂は長く研鑽(けんさん)され熟成されてこそ価値が出ます」とワインに例えて、まだ彼女の魂は若すぎると説明。それに対して「毎日毎日頑張って我慢してきた」とこれまでのつらい日々を吐露して自分は無価値ではないと否定しようとする彼女に、死神は「人間は毎日頑張ってはダメなんですよ」と声を大にして言います。


命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画 頑張って耐える日々を過ごしてきた彼女

命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画 それに対して「5割の力でいい」と死神

 頑張ることも必要だが、毎日続けたら壊れる。人生はマラソンで、日々の生活では5割の力でいいと語る死神は、彼女の頑張り屋なところを認めつつ「その頑張りを耐えることに使ってはいけない」と伝え、自身の魂が輝ける場所を探すために頑張るよう告げて消えるのでした。ある意味で死神だからこその説得力のある言葉がかっこいい……!


命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画 まさかのアフターケア……!

 投稿したのは、これまでにも「魔王がブラック企業の社長になった漫画」(関連記事)や「新人教育マニュアル」を漫画で描いて話題になった(関連記事)、サラリーマン漫画家のベニガシラ(@poppoyakiya)さん。

 Twitterでは同漫画で死神が語った言葉に「すごい」「大事」と共感する声から、「涙が止まらない」「毎日頑張らなくていいんだ…」と心に染みるという声が上がり、9万近いリツイートと18万を超えるいいねが集まるなど人気を集めています。

 ちなみに漫画のオチでは転職サイトまで紹介するなど、“アフターケア”もバッチリしてくれる死神さんですが、後日には会社を辞めることにした女性を描く第2話も公開。一度決めたものの怖くなった彼女に対し、「理不尽に慣れることを安心とは言わないんです」と未知へと踏み込む勇気を持つよう伝え、決意して退職願を出すまでが描かれます。死神さんが隣にいることの心強さがハンパなかった……。

「命を救った死神」第2話


命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

 さらに退職して焦る彼女を「夏だ! 海だ! 死神だ!」と海に誘って、「心が不安定だと安心したくて安易な道を選びたがる」人間に待っている“罠”を教えてくれる第3話に、だらだら過ごす彼女を注意して朝ご飯まで作ってくれる死神さんが描かれる第4話と、不定期で続編が投稿されています。イケメンだと思ったらオカンでもあった死神の良い人感すごい。

 まだ続きも予定されているとのことで、心を病むほど追い詰められていた彼女が死神の言葉を胸に“輝ける場所”にたどり着けるのか、またそのアフターケアはどこまでなのか、なども気になるところです。なお作品はモーメントでもまとめて読むことができますよ!

「命を救った死神」第3話


命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

命を救った 死神 社会人 ツラい 我慢 自殺 漫画

画像提供:ベニガシラ(@poppoyakiya)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた