ニュース
» 2018年05月17日 19時00分 公開

夜食のポテトで火事になりかけた思い出 「まさに、火」との死闘を描いた漫画が話題に

決して他人事ではない怖い話。

[エンジン,ねとらぼ]

 あわやポテトで火事に! そんなヒヤっとする体験談を元にした漫画がネット上で話題になっています。



 ことの発端は、大型チェーン店などで格安販売されている業務用フライドポテト。当時作者のをぎくぼ虫(@wogikubomushi )さんはこのポテトにハマっており、深夜にお腹が空いた際、揚げて食べるのが日課になっていました。

 そんなある日の草木も眠る丑三つ時、いつものようにポテトを揚げようと思い立ち、コンロと油の入ったナベを用意して、ポテトを調理しはじめました。


ポテト火災 ふとした気の迷いが惨事を招く

 その日はいつも以上にお腹が空いていたをぎくぼ虫さん。「お湯を沸かすときはフタをした方が早い」と考え、うっかり油の入ったナベにフタをしてしまったのです(※危険なのでまねしてはいけません)。そして数分後、パカッとフタを開けてみると、ナベからいきおいよく火柱が上がりました! さあ大変だ!


ポテト火災 火災発生!

 をぎくぼ虫さん曰く、その火はふだん調理に使っている火とは明らかに異なっており、「本来持つ能力をフルに出した、まさに火」であったとのことです。あまりの迫力に呆然としていると、「メキュメキュパキパキ」と異様な音を出して周りのいろいろなものが溶けはじめてしまいました。


ポテト火災 火が人間に牙を剥く

 はやく消火しなければと気が動転したをぎくぼ虫さんは、あろうことか付近にあった雑誌で火を仰ぐ暴挙に出てしまいます。酸素が送り込まれ火の勢いが増したばかりか、雑誌がナベの取っ手にぶつかり、鍋が燃えたぎる油ごとキッチンマットに落下してしまいました。このままではニュースや新聞の一面を飾ってしまう!

 必死になったをぎくぼ虫さんは、そばにあった洗濯物を火の上に被せ、自らも覆いかぶさって必死の抵抗。すんでのところで大惨事を回避することに成功しました。


ポテト火災 あやうく大惨事になるところでした

 まさに危機一髪な体験にTwitterでは「ひえっ……」「無事でなにより」「不謹慎ですが絵がかわいい」と、火事のこわさを感じつつ漫画の面白さを評価するコメントが多数投稿されています。

 なお、漫画で行われた洗濯物による消火はどうしても火に近づく必要があり、やけどの可能性も高くなります。東京消防庁では消火器による消火を推奨しており、「離れた位置から、油面を覆うようにして使用しましょう」「消火後も、油温が下がらない限り何度でも発火する恐れがありますので、鍋に蓋をしてガスの元栓を閉め、温度が下がるのを待ちましょう」としています。

 ちなみに、くれぐれも、水をかけないように! 油が飛び散りかえって火が大きくなってしまいます。

水をかけるのは絶対にやめましょう(動画4分過ぎから)

 難を逃れたをぎくぼ虫さんはその後、日頃の備えのために消火器の場所を確認。さらに、夜食にこっそりポテトを食べることもなくなり、増加気味だった体重を元に戻すことに成功したそうです。

画像提供:をぎくぼ虫(@wogikubomushi )さん


エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ