コラム
» 2018年05月25日 10時00分 公開

競泳の自由形で「ほとんどの選手が平泳ぎ」だった時代があった

クロールが一番速そうなのに、なぜ他の泳ぎ方が生まれたのか。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 みなさんは水泳は得意ですか?

 筆者は中学生活が終わっても、平泳ぎの「あおり足」が直らずじまいでした。背泳ぎは普通ですが、バタフライはやろうとしたこともない……。「一番速いクロールで泳いでいればよいものを」と何度思ったことやら。

 そもそも、どうして競泳の泳ぎ方は、今の4種目が主流になっているのでしょうか?


クロールと平泳ぎ

 世界で最も古い泳ぎ方は、クロールだといわれています。「クロール」とは英語で「這う」という意味ですが、赤ちゃんが自然と「はいはい」をするように、人間が水中を泳ごうとしたときの動作としては自然なものですね。



 ところが、競泳が盛んになった当初はクロールはまだ発展途上で、19世紀の大会の自由形の主流は平泳ぎのようなスタイルだったようです。

 平泳ぎも、古代・中世の頃から漁などに用いられてきました。カエルのような動きがまねしやすく、ゆっくりでも長い距離を泳ぐのに適していたのです。当初の競泳で平泳ぎが主流だったのには、こうした背景があります。

 ところが、そこから数十年で、クロールのストロークに改良が次々と重ねられ、平泳ぎと競り、やがて追い抜いて、クロールは現在のような「最速の泳法」になっていきました。



オリンピックのはじまりと背泳ぎ

 1896年の第1回アテネ五輪では自由形のみが行われました。「泳げればなんでもよい」というルールで、当時はまだほとんどの選手が平泳ぎでした。



 次第にクロールに改良が施されて普及が進むと、自由形でクロールを使用する人が増えました。自由形が事実上クロールによる競泳になったのを受け、1908年のロンドン五輪で、初めて「平泳ぎ」が自由形から分離して設けられます。

 ところで、オリンピックで「背泳ぎ」が始まったのは、実は平泳ぎよりも前の1900年のパリ五輪でした。

 ただし、このころの背泳ぎはまだ、現在の背泳ぎとは全然違います。背泳ぎはもともと水難救助などの際に人を抱えて泳ぐための方法で、あおむけになって平泳ぎのカエル足の動きをするものでした。何しろクロールがまだ普及していないのに、それをあおむけにする発想はありませんから、当初の背泳ぎはバタ足ではないのです。

 20世紀に入ってクロールが広まるなか、米国のハリー・ヘブナーという人物が、クロールの仰向き版で泳いでみると、意外と速いことに気付きます。彼は1912年のストックホルム五輪の100m背泳ぎでこれを試し、見事優勝。もはや背泳ぎの大会は方法バトルです。

 以降、背泳ぎは現在のようなスタイルに染まっていきました。


バタフライの誕生

 4種目のなかでまだ歴史をご紹介していないバタフライは、最も新しい泳法です。

 1930年代ごろから、平泳ぎのリカバリー(後ろにかいた手を前に戻す)動作を、より抵抗を減らすために水の上に出すようにする「バタフライ平泳ぎ」が行われるようになりました。これは現在の「バタフライ」とは違い、キックはまだカエル足しか認められていませんでした。

 カエル足だったため、この「バタフライ平泳ぎ」は通常の平泳ぎを淘汰するような成果を出していません。

 しかし、それ以降、日本の長沢二郎選手など多くの人の改良を経て、水上に手を出す動きに合わせた「ドルフィンキック」が考案・改良されていきます。

 1956年のメルボルン五輪でついに平泳ぎから分離され、初めて「バタフライ」が独立した種目となりました。


おわりに

 以上のような流れを経て、現在の4種目が主流となりました。早く泳げる方法が広まるたびに、遅い泳法を別種目として残した、という具合でしょうか。

 図解すると、おおよそ以下のようになります。



 ちなみに、五輪でメドレーリレーが初めて行われたのは1960年のローマ五輪、個人メドレーは1964年の東京五輪です。それまでも米国の一部の大会で3種類のみのメドレーが行われたことはあったようですが、日本選手権や主要な国際大会でメドレーが始まったのは五輪よりも後のことでした。

参考文献

高木英樹『人はどこまで速く泳げるのか』岩波書店、2002

吉村豊・小菅達男『泳ぐことの科学』日本放送出版協会、2008

日本水泳連盟『背泳ぎに関する調査研究報告書』日本財団図書館、1996

日本水泳連盟『バタフライに関する調査研究報告書』日本財団図書館、1998


制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」