ニュース
» 2018年06月07日 18時48分 公開

Valve、Steamにおける“すべてのゲーム”を容認していく方針を明言 「荒らしと違法行為」以外はポルノや暴力コンテンツも制限せず

全て(一部例外)を容認という姿勢。

[Minoru Umise,AUTOMATON]
AUTOMATON

Steam

 Valveの幹部であるErik Johnson氏は、Steamコミュニティーにて、Steamにおける同社の今後の運営方針を発表した。Steamでは最近、Valveによるポルノコンテンツへの急進的な規制と撤回(関連記事)、銃乱射事件パロディータイトルを代表とした暴力ゲームの登場および削除(関連記事)、そして依然として生まれ続ける低品質ゲーム問題(関連記事)などが発生しており、運営方針に対する懐疑的な視点が集まっていた。そして一方で、ユーザー側でも何がSteamストアで販売されるにふさわしいか(もしくはふさわしくないか)という議論も続けられてきた。今回のValveの声明は、そうした議論に対する1つの答えである。


Steam

全て(一部例外)を容認

 Valveはまず、これらの諸問題が開発者・コミュニティーの間で混乱を招いていることを認める。そしてValve自身も、ポルノコンテンツや暴力だけでなく、政治、セクシュアリティ、人種差別、ジェンダー、暴力、アイデンティティー、そしてそれがゲームと呼べるか。そうしたコンテンツをどこまでコントロールするかについて、ライン決めの取り組みに苦労していることを告白。そして、世界それぞれの文化や法律が異なる中で、1つのガイドラインを制定することの難しさを語る。こうしたことを踏まえて、Valveは結論を導き出した。その結論とは、Steamストアにおいて、全てを容認することであった(we’ve decided that the right approach is to allow everything onto the Steam Store)。

 つまり、Valveは今後Steam上でリリースされるゲームを、原則的に全て容認することになる。それは前述した暴力ゲームやポルノコンテンツについても例外ではない。あらゆるゲームの存在が許可されることになる。Valveはあくまで自身をシステムの提供者であり、ユーザーや開発者の選択を支える身であるという立場を明確にしている。ただし、あくまで最低限のルールは存在しているようで、例えば違法行為についてはTroll(荒らし)行為を禁じるほか、ケース・バイ・ケースでそれぞれの問題に対処していくと明言。リリース前に不適切なコンテンツなどを含んだゲームがあればフィルタリングなどをするとし、完全な無法地帯にはしないという意思を明確にしている。


Steam

 またあらゆるコンテンツを許容する一方で、特定のコンテンツを不快に感じる人々への対処は務めていくとし、それぞれのユーザーが嫌いなコンテンツを見えないようにするオプションをさらに充実させ、Valveのシステム側もユーザーを不快にさせないシステムを提供していくとしている。コンテンツを許容するからといって、そのコンテンツに賛同するわけではないという姿勢も明らかにしており、あくまで第三者の立場として運営していくことも強調している。

 これまでさまざまな方向からSteamの“健全化”ともいえるアプローチをはかってきたValveであるが、一転して使用者の自由に委ねることを明言した。もともと誰でもゲームをリリースすることができるシステムであるSteam Directを用意した時から、Valveがゲームを選定する、もしくは取り締まることよりも、門戸を開放することを優先してきた。今回の決断はあくまでその延長線で、自由化の方針を強めていくという決意表明である。

Steamの行く末は

 この決断に関しては、海外メディアからは手厳しい批判が目立つ。PolygonはValveの決断は責任放棄であるとし、コンテンツを厳しく管理していくことには労力や費用がかかるゆえに、そうしたコストを嫌って全てを容認することにしたのだろうと批難。GameIndustry.bizはそもそも「荒らし行為」「違法行為」という言葉自体がグローバル視点で見ても主観的で曖昧とであるコメントした上で、プラットフォーマーとして責任を放棄していると同じく批判している。一方で、redditでは検閲がなくなることや、自由化が進むことを喜ぶユーザーも存在する。今回の宣言によって、表現の幅が広がるのは確かだろう。SteamSpyがTwitter上で集計しているアンケートでの途中経過も、7日の11時時点で賛成と反対はほぼ五分五分。まさしく賛否両論といったところ。

 Valveは以前よりコンテンツの制限や介入については個々のスタッフの裁量に委ねる姿勢を見せており、それによりValveの社としての一貫性を欠く事例がしばし存在していた(関連記事)。今回の姿勢表明によりルールは一元化され自由化が進むことになるが、メディアの指摘通り無法化が進む一面もあるだろう。世界最大級のPCプラットフォームSteamは、どこへ向かうのだろうか。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  3. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  7. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  8. /nl/articles/2201/23/news013.jpg 【漫画】「パニック発作でバスに乗れない」とタクシードライバーに打ち明けたら…… 優しく愛あふれる言葉に涙した話
  9. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」
  10. /nl/articles/2001/14/news135.jpg つるの剛士ショック! 保育士免許取得に向けて勉強を始めるも受験資格満たせず 「受験資格をみて愕然…」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」