ニュース
» 2018年06月10日 09時00分 公開

準備期間1年の大作 母が粘土で作った結婚式の花の見事さに驚きと感動

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 ブーケやテーブルフラワーなど、きれいな花は結婚式を飾るのに欠かせないもの。生花ではなく、手作りの粘土フラワーで式を飾ったというSNS投稿が、本物と遜色がないクオリティーで話題となっています。しかも作ったのは新婦の母親ということで、さらに感動を呼んでいます。

パンフラワー 造花 結婚式 粘土でできた造花とは思えないほどのクオリティー! きれい!

 「いつ思い出しても胸が熱くなるし、全世界に自慢したい」とSNSに投稿したのは結婚式の新婦本人。その母親が作ったのは、小麦粉粘土から作られるパンフラワーと呼ばれる造花です。結婚式で使われたのは小麦粉粘土と樹脂粘土で作られたパンフラワー。造花ということもあり枯れることがないので、見るたびにいろいろな思いがよみがえってきそうです。

パンフラワー 造花 結婚式 花びらのシワもヒラヒラしてる感じも本物そっくり

 母親はパンフラワー歴15年ほどで、資格も持っており少し教えてもいるとのこと。花びら一枚一枚を組み合わせて作られたパンフラワーは、生き生きとしていて、本物の花の持つみずみずしい繊細さまで感じられます。ブーケになったバラの花は、見頃のものから今にも咲きそうなものもツボミのものもあって、きれいなアレンジメントが施されています。

パンフラワー 造花 結婚式 新郎のブートニアもパンフラワー
パンフラワー 造花 結婚式 新郎新婦の席には特にたくさんの花が。豪華!

 テーブルを豪華に飾った花も、参加者を出迎えた花瓶の花も、華やかな色彩で作られています。花のクオリティーに加えて、大振りなアレンジメントも素晴らしいです。

パンフラワー 造花 結婚式 枝が太い梅の花もパンフラワーなら細い枝にしてテーブルに飾れます
パンフラワー 造花 結婚式 会場に飾られた大きなアレンジメントも、もちろんパンフラワー
パンフラワー 造花 結婚式 アレンジメントのセンスも素晴らしい!

 参列者の反応を投稿者さんに聞いたところ「驚いてくれました。席札にして1人ひとつずつお持ち帰り用も用意したので、喜んでもいただけました」とのこと。参列者へのプレゼントとして用意したパンフラワーの中には、イチゴの実をつけたアレンジメントもあり、造花ならではの楽しみといえます。

パンフラワー 造花 結婚式 参列者へのお持ち帰り用には通常ではできないイチゴのアレンジメントも
パンフラワー 造花 結婚式 部屋のインテリア小物として飾ったらおしゃれな空間になりそうです

 これほどの花の多さだと、準備にかなりの時間がかかったはず。結婚式の装花の準備は約1年、ブーケは2カ月ほどかかったそうです。以前に作った花も使ったものの、半分以上は装花のために新たに作ったものだと投稿者さんは話しています。

 「母がずっとパンフラワーを作っていたので、相談してお願いしました。母からの提案でしたが、私も大喜びで、ぜひやってほしいという感じでした」という投稿者さん。時間も手間もかかったパンフラワーには、母から娘への思いが込められているのですね。

パンフラワー 造花 結婚式 間近で見ても、やっぱり本物と間違えてしまいそうです

 この美しいパンフラワーの投稿には「これが全部粘土なんてすごい!」「小麦粘土使ったことあるけど、この量と完成度すごい」というパンフラワーのクオリティーに驚く声と、「お母様の真心で飾られた結婚式素晴らしい!」「暖かい気持ちになりました」など、新郎新婦へ贈られた母親の気持ちを含めて式を称賛する声が上がっています。

パンフラワー 造花 結婚式 お色直し後の大きくて綺麗なブーケも美しいです。末永くお幸せに!

画像提供:匿名希望の投稿者



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」