コラム
» 2018年07月01日 11時00分 公開

中二病を卒業しよう! 「†漆黒の堕天使†」の「†」の正しい使い方

ただのかっこいいマークじゃないんだぜ!

[ねとらぼ]

 一部ネットユーザーのあいだで、“中二病なハンドルネームで使われがちな記号”として知られている「†」。「†漆黒の堕天使†」のような使い方に心当たり……どころか、黒歴史を抱えている人も少なくないのでは?

 当たり前ではありますが、この記号がPCなどで使えるのは「かっこいいから」ではありません。実はちゃんと用途があるのです。


本当は、背筋がゾクゾクしそうな単語を挟むための記号ではありません

「†堕天使†」の「†」

 「†」は「短剣符」「ダガー」などと呼ばれる記号で、「*(アスタリスク)」と同じように参照や脚注などを表す際に使われます。

 また、欧米では十字架に見立てて、死亡年を示す(例:†2018)などの使い方もあるとか。ダガーはフォントによってデザインが大きく異なり、単に縦横の線を組み合わせただけの場合、確かに十字架そっくりに見えます。

 日本では、このダガーをなぜか“中二病ハンドルネーム”に利用する例がよく知られていますが、筆者が調べた限り、「†堕天使†」「†ルシファー†」などキリスト教を連想させるフレーズと組み合わせることが多いもよう。もしかしたら、ここにも十字架風の見た目が影響しているのかもしれません。


ダガーといいつつ、十字架風にデザインしているフォントもあるもよう


フォントによって印象が変わる「†漆黒の堕天使†」

 ダガーには、ちょっとだけ書き方を変えた別の記号が存在。例えば、横線が1本多い「‡(二重短剣符、ダブルダガー)」の場合は、ダガー同様、参照や脚注に使われます。

 その他にも上下反転させた「turnd dagger」、刀剣のつばに見える横線の一部を省略した「dagger with left guard」「dagger with right guard」といったバリエーションが。Unicodeの資料によると、これらを使うのは「言語学者、中世研究家」などとのことで、一般人がお目にかかるチャンスはなさそうです。


UnicodeのWebサイト上で公開されている資料。変わったダガーなど各種記号の追加を提案したもの


turned daggerが使われている18世紀初頭の文献

主要参考文献


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響