ニュース
» 2018年07月03日 11時00分 公開

レトロすぎる見た目に最新機能、こりゃ渋い「スーパーカブ C125」 もう「60歳」初代モチーフの新型車(1/2 ページ)

この「青白ツートン」がいい! うずうずと乗りたくなってくるカッコよさです。2018年9月14日発売。

[agar,ねとらぼ]

 本田技研工業(ホンダ)は6月28日、スーパーカブ(関連記事)をベースに各種装備の充実を図った上級車種「スーパーカブ C125」を発表しました。2018年9月14日に発売します。価格は39万9600円(税込)です。

スーパーカブ C125 スーパーカブ C125(パールニルタバブルー)

 スーパーカブ C125は、「現代の都市交通環境やライフスタイルとの調和を図ったパーソナルコミューター」として開発されたスーパーカブシリーズの上級車種。1958年に発売されたスーパーカブシリーズの初代モデル「スーパーカブ C100」の発売60年(2018年8月)と、世界生産台数1億台の達成を記念したコンセプトモデルとして東京モーターショー2017(関連記事)などに参考展示していましたが、待望の市販化が決まったことになります。

(参考)スーパーカブ C100 (参考)1958年に登場したスーパーカブ C100
photo (参考)東京モーターショー2017で参考展示されたスーパーカブ C125(2017年10月)

 車体は2017年にモデルチェンジした「スーパーカブ 110」(関連記事)をベースに、運転しやすく工夫した「鳥が翼を広げたような形状」のハンドルとフロントフォークまでを一体とした「ユニットステア」備え、オールドタイプの「ホンダウイングエンブレム」を装着します。初代モデルの渋いデザイントーンをそのままに、現代ふうにもアレンジされた絶妙なデザインに仕上げました。

 搭載エンジンは9.7馬力の4ストロークの124cc空冷単気筒。車両区分は第二種原動機付自転車(原付二種)で、運転には小型限定以上の自動二輪免許が必要です。歴代のスーパーカブと同様にクラッチ操作を省いた「自動遠心式クラッチ」と呼ぶ変速機構を備え、AT限定の自動二輪免許でも運転できます。燃費はリッター66.1キロ(WMTCモード値)です。

「Honda SMART Keyシステム」を採用 スマートキーシステム「Honda SMART Key」を採用

 単なる復刻モデルではなく上質感を追求したモデルとして、各種装備も充実しています。動力性能の向上に合わせてヘッドパイプ回りの構成部品やエンジンハンガーの剛性を高めたほか、前輪にはディスクブレーキを採用。二輪車用のスマートキーシステム「Honda SMART Keyシステム」、LEDヘッドライト、クロームメッキパーツを配した専用メーター、切削加工仕上げのアルミキャストホイールなどを標準装備します。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」