ニュース
» 2018年07月26日 14時00分 公開

社員のまぶたを監視して眠気を察知→室温を下げて起こす 居眠り防止システムをダイキンとNECが共同開発

社員の覚醒度を適度に保ち、生産性を高める狙い。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 仕事中に社員が眠そうにしていたら、自動的に空調の温度を下げて目覚めさせる――そんな居眠り防止システムの開発をダイキンとNECが進めています。


概略図 システムの概略図。社員の状態をカメラやセンサーでモニタリングし、眠気を察知したら空調などの制御を行う

 オフィスなど執務空間での知的生産性を高めるには、眠気を抑えて覚醒度を適切に保つことが重要だとする「Yerkes-Dodsonの法則」をもとに、両社が実証実験を行いました。覚醒度を維持する適切な方法を確かめるために、空調温度と照明の照度の変化、芳香といった刺激を被験者に与えつつ、覚醒度の変化を測定するというものです。


Yerkes-Dodsonの法則 心理学者のロバート・ヤーキーズとJ.D.ドットソンが1908年に発見した、「Yerkes-Dodsonの法則」を示す図。覚醒度が眠い状態でも興奮するほどでも知的生産性は上がらず、ほどほどの状態で一番パフォーマンスが向上するとしている

 検証において、被験者には眠くなりがちなタスク(加算暗算)を与えました。5分おきに眠気を5段階で申告してもらうとともに、カメラでも眠気を見て推定。これを「室温を24度〜27度へ上下させる」「一時的にアロマを噴霧」など、4パターンの環境で行いました。


実験概要 60分の実験中、一時的に室温を下げるなど環境に変化を与えた

 結果、温度による刺激が最も覚醒度に影響を与えることが判明。既に眠くなってからではなく、眠気の兆しが検出されたときに刺激を与えると、覚醒効果が大きくなることも分かりました。また、その効果は温度・照度・芳香など、刺激の与え方と組み合わせで高められるとしています。


覚醒度の変化 環境変化を与えなかったパターンと比較した、各刺激による覚醒度の変化量。上昇度も効果の持続時間も、温度刺激によるものが突出している

 検証をもとに、両社は社員のまぶたの開き具合から眠気の兆候を検知して、空調や照明による刺激を与えるプロトタイプのシステムを構築。既に検証用オフィスにてフィールド実験を開始しているとのことです。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐