「任天堂から内定もらってた」「小学校で洋ゲーにハマった」 eスポーツ実況へ転身した元テレビ局アナウンサーに話を聞いた(3/3 ページ)

» 2018年08月04日 11時00分 公開
[イッコウねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

―― ああ、映画のゲームを見る度に「これ、どういう人がプレイしてるんだろう」と思ってましたが……。

平岩: 僕です。

―― (笑)

平岩: 僕は映画もゲームも両方好きなので、そういうのやるんですよ。でも、内容は大体ダメですね(笑)。言ったら悪いですけど、ほぼクソゲーで「よくこんなの発売したな」みたいな。例えばPS3で出てた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」とか、未来と過去を行ったり来たりするんですが「何をゲームにしてるんだ」と(笑)。

 ただ、たまにすごい面白いのがあるんですよ。「バットマン」とかはストーリーも含めてすごく良くできてます。あと「スパイダーマン」の糸を飛ばして街中を飛んでいく感覚は他のゲームでは味わえないですね。


実況eスポーツ 「バットマン:アーカム・シティ」 アメコミヒーローの「バットマン」を題材にしたゲーム。ゲームファンからの評価も高く、続編も発売されている(バットマン:アーカム・シティ公式サイトより)

 だからアメリカに留学したときは、そういう自分の感覚が一般的な状態なので最高でしたね。話が止まらなかったです。向こうの人って本当にゲーム好きなんですよ。

―― そのころの影響が今にもつながっていそうですね。

平岩: ありますね。10年くらい前は「ゲームやってる人」の地位が今よりも低かったですけど、向こうに行けばみんなXbox持ってて「お前『HALO』やってないのかよ」って言われるくらいなので。


実況eスポーツ 「HALO」 Xboxで発売されたマイクロソフトの代表的なFPS(HALO公式サイトより)

子どもがゲームの箱を持ってレジに向かう姿が好き

―― かなりゲーム好きっぽいエピソードが出てますけど、ゲームの腕前にも自信があるんですか? eスポーツはまさにそういう分野なわけですが。

平岩: ジャンルにもよりますけど、「普通の人よりはうまいかな?」くらいですね。僕の場合、ゲームの腕を磨くことに重点を置いてなくて、プレイだけでなく「ゲームそのものが好き」という変わったタイプなんです。

 例えば、家電量販店で自分が持ってるゲームハードの箱とか見るの好きなんです。もうここまでいくと頭おかしい領域ですけど……子どもが自分の持ってるゲームの箱を抱えてレジに向かう姿とか大好きです(笑)。

 最近はローカライズも進んでるのであんまり驚きはなくなったんですが、海外のゲーム屋さんに行ったときは2〜3時間平気でいましたからね。全部見たことないし、全部面白そうだし。「こっから3本なんて選べないな」って。

―― じゃあ、ゲーム機とかもほぼそろえてるんですね。

平岩: 最新ので言うと「Xbox One」だけ買えてないんですが、少なくともスーファミ以降ぐらいの世代からは「Xbox One」以外全部あります。「プレイステーション」も「Nintendo64」も……あ、「セガサターン」だけ持ってないな


実況eスポーツ セガの代表的なハードです(セガ製品情報サイトより)

―― え、なぜセガサターンだけ無かったんですか?(笑)

平岩: なんか無かったんですよね……。「ドリームキャスト」は持ってたんですけど、当時小学生でお金が無かったからかな。「ネオジオポケット」とか「ワンダースワン」とかも買ったんですけどね。「ネオジオポケット」なんて全然やってないですけど。

―― でも、そんなにゲームばっかりやってて親から怒られたりしませんでした?

平岩: うち、中学受験を受けてるんですけど、それまでゲーム禁止だったんですよ。小学校の6年間は実家にゲームが無くて、祖父母の家にだけゲームを置くのが許されてたんです。だから祖父母の家には足しげく通って……。

―― (笑)

平岩: 行ったらもう朝から晩までゲームしてるみたいな。だから今十数年たって祖父母の家で会社やっていて、なんか自分のルーツに戻った気分です。

 でも、そこのフラストレーションが今につながってる気がするんですよね……。当時はポケモンも全盛期だけど、できなかったんですよ。ゲームやりたすぎてゲームの絵とか描いたり、『ファミ通』を穴が空くほど読んだり。

―― そんな子ども時代からすると今は天国みたいな感じでしょうね(笑)。でも、ゲームを仕事にしていて嫌になることは無いですか?

平岩: 無いですね。仕事を生きがいにするのは良くない気がするんですけど、生きがいを仕事にするのは良いもんですよ。ライフワークバランス崩れてきてますけど、それでいいんです(笑)。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」